https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

RJ45とSFPポート:2つのスイッチを接続するためにどちらを使用すべきですか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2020年1月17日 に投稿された
2020-10-25 15:49:04
487

1000Mbps接続用に、SFPポートのアクセスポートまたはRJ45イーサネットポートを備えたスイッチを選択するかどうかを決定するのは常にそうです。それでは、RJ45ポートとSFPポートのどちらが良いでしょうか?私たちが従うことができるいくつかの原則があります。

RJ45またはSFPポートを使用するための一般的な原則

T最初の原則は、1000Mbps展開のすべてのケースに適しています。つまり、ランの距離が100メートルを超える場合、銅製のRJ45ポートと銅製のケーブルではなく、ファイバSFPモジュールを備えたSFPポートを検討する必要があります。詳細については、SFPポート相互接続方式を備えた1000BASE-Tスイッチを参照してください。

リンク距離が100メートル未満である場合、RJ45ポートまたはSFPポートを使用することを決定するときに従う必要がある他のいくつかの原則があります。


  • セキュリティ:最悪の状況では、ファイバSFPモジュールの使用はCat5e/Cat6 RJ45イーサネットケーブルよりも優れています。RJ45ケーブルは電流を使用するため、ファイバSFPモジュールにそのような問題はありませんが、火災/落雷をキャッチしやすくなります。

  • 信頼性:ファイバは、その特性により、信頼性が高いと考えられています。銅線のRJ45イーサネットケーブルは電気信号を使用するため、干渉のリスクがあります。この問題は通常、電気信号が高電圧のものなどのいくつかの外部要素の影響を受ける場合に、EMI(電磁干渉)と呼ばれます。したがって、ケーブル配線が電気信号が干渉される可能性があるいくつかの場所を通過する場合は、銅のRJ45ケーブルではなくファイバを選択してください。

  • 将来のネットワークアップグレード:より高い帯域幅への移行を計画している場合。10 Gbps、近い将来、光ファイバケーブルは、Cat5e/Cat6 RJ45イーサネットケーブルと比較して、より将来性に優れています。

  • コスト:Rj45イーサネットポートとSFPポートは実際には同じ速度で動作するため、スイッチを接続するためにRJ45ポートを選択すると、Cat5e/6ケーブルはトランシーバーモジュールと対応するケーブルの両方を備えたSFP接続よりも安価であるため、経済的です。

RJ45とSFPポート:1000Mbps接続の実際のケースに移動

上記の1000Mbps配備の原則を除いて、このパートでは、RJ45とSFPポートの間でより良い選択を行うのに役立ついくつかのケースを紹介します。次にいくつかのケースを見てください。

RJ45とSFP:2つの建物間の接続

ケースの説明:約300フィート(91メートル)の2つの異なる建物を接続するには、2つのギガビットスイッチが必要です。RJ45とSFPスイッチ、どちらを選択すればよいですか?

Figure 1 connecting two switches within 100m via RJ45 ports to reduce latency.jpg

ケース分析:コストを節約するには、RJ45スイッチを使用して2つの建物を接続することをお勧めします。実際には、スイッチが2つの異なる建物にあるため、より多くの要素を考慮する必要があります。まず、2つの建物に別々の電力入力がある場合、それらの間に銅を敷設すると、グラウンドループの問題が発生する可能性があるため、ファイバを使用します。次に、建物全体に銅ケーブルを使用する場合、落雷が問題になる可能性があるため、ファイバを使用します。ファイバと銅線のどちらも使用できない場合は、ワイヤレスにしてください。

RJ45 vs SFP:ラック内の接続

ケースの説明:同じラックで接続を構築する場合、SFPポートが通常のRJ45イーサネットポートの代わりに常に使用されるようです。このソリューションはコストが高いのに、なぜそのような状況でSFPポートを使用するのですか?

ケース分析:これは、同じラックに1000Mbpsスイッチを接続することについてです。RJ45ポートの代わりにSFPポートが使用されているため、電気的干渉が発生する可能性があります。もう1つの理由は、電力消費です。100を超えるリンクがある場合、SFPポートを選択すると、イーサネットポートよりも省電力になります。

関連記事:

ギガビットスイッチのSFPポートとは何ですか?