https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

SFP-10G-SRとSFP-10G-LRMとSFP-10G-LRのどちらを選択しますか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2020年3月6日 に投稿された
2020-08-04 09:55:22
340

SFP-10G-LRMモジュールは、MMFとSMFの両方の伝送をサポートするため、特別なSFP+モジュールです。SFP-10G-LRやSFP-10G-SRなど、10ギガビットMMFおよびSMF伝送を提供する他のSFP+モジュールもあります。次に、SFP-10G-LRMとSFP-10G-SR、SFP-10G-LRMとSFP-10G-LRの違いは何ですか?この投稿を読み、違いと選択ガイドの詳細を確認してください。

次の表に、SFP-10G-SRとSFP-10G-LRMとSFP-10G-LRの主な類似点と相違点をいくつか示します。

モデル 波長 ファイバモード 距離 コネクタ 標準
SFP-10G-SR 850 nm マルチモード 300 m デュプレックスLC 10GBASE-SR
SFP-10G-LR 1310 nm シングルモード 10 km デュプレックスLC 10GBASE-LR
SFP-10G-LRM 1310 nm マルチモード 220 m デュプレックスLC 10GBASE-LRM
SFP-10G-LRM 1310 nm シングルモード 300 m デュプレックスLC 10GBASE-LRM
SFP-10G-LRM2 1310 nm シングルモード 2 km デュプレックスLC 10GBASE-LRM

注:SFP-10G-LRM2光モジュールは、SFP-10G-LRM光モジュールのアップグレードバージョンです。

上のグラフから、3つのタイプの10G SFP+モジュールは多くの点で共通していますが、一般的に波長、ファイバモード、伝送距離が異なります。では、それらの中からどのように選ぶべきでしょうか?そのうちの2つが私たちの要求を同時に満たす場合、どちらを選択するかで大きな違いはありますか?ここでは、SFP-10G-LRMとSFP-10G-SRの比較およびSFP-10G-LRMとSFP-10G-LRの比較に焦点を当てます。

SFP-10G-LRMとSFP-10G-SRの比較

SFP-10G-SRモジュールとSFP-10G-LRMモジュールはどちらもMMF伝送をサポートしています。前者はOM3ケーブルで300m、OM4ケーブルで400mをサポートし、後者はOM3またはOM4ケーブルで200mをサポートします。では、2つの中からどのように選択すればよいのでしょうか。通常、伝送距離が300メートル未満の場合は、SFP-10G-SRをお勧めします。ただし、モーダル帯域幅が500 MHz kmの200m伝送などの他の要件がある場合は、SFP-10G-LRMモジュールが必要です。より微妙な違いについては、次の表を参照してください。

10G SFP+ 波長(nm) ケーブルタイプ コアサイズ(ミクロン) モーダル帯域幅(MHz km) ケーブル距離
SFP-10G-SR/ SFP-10G-SR-X 850 MMF 62.5 160 (FDDI) 26 m
62.5 200 (OM1) 33 m
50.0 400 66 m
50.0 500 (OM2) 82 m
50.0 2000 (OM3) 300 m
50.0 4700 (OM4) 400 m
SFP-10G-LRM 1310 MMF 62.5 500 220 m
50.0 400 100 m
50.0 500 220 m

多くのユーザーがまだOM1とOM2を使用していることを考えると、SFP-10G-SRの伝送距離はOM1/OM2でわずか33mですが、SFP-10G-LRMはOM1/OM2で220mをサポートできるため、 SFP-10G-LRM光モジュールの適用範囲はSFP-10G-SR光モジュールよりも大きいです。SFP-10G-LRMのFDDI、OM1、およびOM2ファイバによる仕様に確実に準拠するには、トランスミッターを モード調整パッチケーブル (MCPケーブル)で結合する必要があることを忘れないでください。OM3ファイバまたはOM4ファイバを使用するアプリケーションの場合、モード調整パッチケーブルは必要ありません。ファイバを隣接するレシーバーに接続する前に、電力レベルを測定することを強くお勧めします。受信電力が0.5dBmを超える場合は、リンクの両側の光モジュールのトランスミッタソースに1300nmの5dB減衰器を接続する必要があります。

SFP-10G-LRMとSFP-10G-LRの比較

SFP-10G-LRモジュールは、大規模キャンパス内の建物間の配線や、メトロエリアネットワーク(MAN)の設定など、最大10 kmの長距離通信用に設計されています。MMF伝送に加えて、SFP-10G-LRMはSMF伝送もサポートできます。SMFの飽和はなく、10GBASE-LRMデバイスは最大300メートルに到達できます。300メートル以内の伝送には、SFP-10G-LRMを選択してください。これは経済的なソリューションです。300m-2kmの伝送では、同じ伝送範囲でLRM2の価格が比較的安いため、SFP-10G-LRよりSFP-10G-LRM2光モジュールも優れた選択肢です。2-10km伝送の場合、SFP-10G-LRが唯一のオプションです。

注:SFP-10G-LRM2光モジュールの最大伝送距離は、SMFで最大2 kmです。

概要

上記すべてから、SFP-10G-SRとSFP-10G-LRMとSFP-10G-LRの違いを理解することは難しくありません。通常、SFP-10G-SRモジュールは、300メートル以内の短距離10Gアプリケーションでは、SFP-10G-LRMよりも推奨されます。ただし、状況によって異なります。MRM over LRMのみがサポートできる特別な要件がある場合は、SFP-10G-LRMが必要です。また、伝送距離が300 mを超え2 km未満の場合は、SFP-10G-LRM2の方が適しています。2-10 kmのリンク長を必要とするネットワークには、SFP-10G-LRモジュールが適しています。

関連記事:

10G SFP+タイプについて
10GBASE-TとSFP+とDAC:10GbEデータセンターのケーブル配線を選択する方法はなんですか?