キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

シングル光ケーブルの比較:G.652 vs G.655

Worton

翻訳者 ともや
2020年9月25日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

 G. 652、G.653、G.654、G.655、G.656、G. 657に分類される シングルモードファイバー ITU-TG.65xシリーズはシングルモード光ケーブル規格のクラスことが知られています。このうちG.652とG.655はよく使われる2つの選択肢です。それで、G.652とG.655のファイバ、彼らの間にどんな違いがあって、どのように彼らの間で賢明な選択をしますか?

sigle mode fiber connection.jpg

G.652とG.655の光ファイバーの基礎知識と差異

 第1のバージョンのG.652ファイバーは1984年に標準化され、現在、この標準にはG.652.A,、G.652.B、G.652.CおよびG.652.D4つのサブクラスがあります。これら4つの変種は全部同じ8−10ミクロンのG.652コアサイズを持ちます。そのうち、G.652.CおよびG.652.DファイバはG.652.AおよびG.652.Bファイバよりも高い性能を持っています。

 G.652の差異について、G.652.AおよびG.652.Bファイバーは、1310nm付近でのゼロ分散波長を持つように設計されており、これは1310nm帯域での動作に最適です。この両者は、水ピークの特性のせいで、波長分割多重(WDM)の適用には適さないです。より高レベルの変種G.652.CおよびG.652.Dファイバは、全スペクトル動作の水ピークを除去し、1310nmから1625nmまでの波長領域に適用して、粗い波長分割多重(CWDM)伝送をサポートします。以下は4つのG.652のバリエーションの仕様表です。


G.652.A G.652.B G.652.C G.652.D
波長範囲 1310nm-1550nm 1310nm-1625nm 1310nm-1625nm 1310nm-1625nm
最大減衰係数 1310nm: 0.5dB/km 1550nm:0.4dB/km 1310nm: 0.4dB/km 1550nm: 0.35dB/km 1625nm: 0.4dB/km 1310nm ~ 1625nm: 0.4dB/km 1383 nm ± 3 nm: 0.4dB/km 1550nm: 0.3dB/km 1310nm ~ 1625nm: 0.4dB/km 1383nm± 3nm:0.4dB/km 1530-1565nm: 0.3dB/km
アプリケーション 10G、40G、10Gなど最大40kmのアプリケーションをサポートします。 10Gなどのより高いビットレートのアプリケーションです。 G.652.Aと同じですが、伝送帯域はE、Sおよびlに拡張され、CWDMシステムに適しています。 G.652.Bと同じですが、伝送帯域はE、Sに拡張され、CWDMシステムに適しています。

Eバンドは波長範囲が1360nm ~ 1460nmです。

Sバンドは波長範囲が1460nm ~ 1530nmです。

Cバンドは従来の周波数帯域で、波長範囲は1530nm−1565nmです。Lバンドは波長範囲が1565nm ~ 1625nmです。

G.655標準はG.655.A、G.655.B、G.655.C、G.655.DおよびG.655.E5変種に分類できます。そのうちG.655 G.655.C/D/Eはよく使われるタイプです。波長1550nmにおける分散−がゼロに近いがまだゼロではないから、G.655シングルモード光ファイバは非ゼロ分散シフト光ファイバ(NZDSF)と呼ばれます。NZDSFには(−D) NZDSFおよび(+D) NZDSFの2種類があり、それぞれ波長に対する負勾配および正勾配を表しています。

 G.655ファイバはcバンド(1530−1565nm)に少量の制御可能な分散があり、これはアンプの最も良い動作場所であり、G.652ファイバよりも大きなコア領域があります。改良された分散型変位光ファイバとして、G.655は4波混合および他の非線形効果を抑制できます。したがって、より大容量、より長距離の伝送をサポートすることができるG.655シングルモード光ファイバーは、密集波長分割多重(DWDM)伝送の要求を満たせます。

Disperison Difference Between G.652 and G.655.jpg

 以下は三つの通常のG.652のバリエーションの仕様表です。

テンプレート G.655.C G.655.D G.655.E
波長範囲 1550-1625nm 1550-1625nm 1550-1625nm
最大減衰係数 1550nm: 0.35dB/km 1625nm: 0.4dB/km 1550nm: 0.35dB/km 1625nm: 0.4dB/km 1550nm: 0.35dB/km 1625nm: 0.4dB/km
アプリケーション

(1) 例えば、G. 691、G.959.1およびG. 693が提案されています。

(2)  DWDMシステムでは、選択された最小分散に依存して、G.694.1で定義されたチャネル間隔がサポートされます。

(1) 波長が1530nmより大きい場合、G.655.Cで述べられている応用がサポートされます。

(2) 波長が1530nmより小さい場合、ファイバは1471nm以上のチャネル上でCWDMアプリケーションがサポートされます。

(1) デザインは G.655.Dと同じ、特に小さいチャネル間隔の方が価値が高くなります。

(2) G.655.Cで述べられているアプリケーションがサポートされます。

どのように正しくG.652とG.655 SMFケーブルを選びますか?

 G.652規格は、ローカル・エリア・ネットワーク、シティ・メンション、アクセス・ネットワーク、およびCWDM伝送のために設計されています。CWDMは経済的で合理的な選択であり、信号増幅は不要だから、一般的にG.652光ケーブルの短距離アプリケーションのために使用されます。G.655は地上ネットワークの中で2番目によく見られる光ファイバータイプであり、長距離ネットワークとDWDM伝送に広く応用されています。この光ファイバの重要な価値定位は低分散であり、分散と偏光モード分散(PMD)を含みます。

 シングルモード光ファイバーケーブルの選択は皆様の必要に応じます。G.652光ファイバおよびその後の進化版G.657は、10Gbpsより高速であることが要求されない短距離伝送に適した、低コストかつ標準的な光ファイバです。この場合はG.652を用いることを提案します。10Gbpsより高い帯域幅、またはより高性能を有する長距離伝送をサポートする必要がある場合、G.655はより高いコストを考慮することなく、より良い解決策を提供することができます。G.652とG.655のCWDM/DWDMの適用状況を以下の表に示して、マークのついているものは,その標準が適用に適していることを示します。


10G CWDM 40G CWDM 10G DWDM 40G DWDM 100G DWDM
G.652 N/A N/A N/A N/A
G.655

まとめ

 さまざまなタイプのシングルモードファイバーケーブルには、独自のアプリケーション領域があります。 これらの光ファイバー仕様の進化は、長年にわたる伝送システム技術の進化を反映しています。 ケーブルに適したSMFを選択することは、パフォーマンス、コスト、信頼性、安全性を考慮に入れることが重要です。 規格が異なるさまざまなファイバーケーブルを使用すると、顧客が混乱することがありますが、 G.652シングルモードファイバは正しい選択ですかは、選択する前にインスピレーションを与えることがあります。

707

おすすめのコンテンツ