キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/structure-cabling.jpg

構造化ケーブル:バックボーンケーブルと水平ケーブル

Worton

翻訳者 ともや
2019年6月19日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

構造化ケーブル:バックボーンケーブルと水平ケーブル

コンピュータネットワークは、特にビジネスや学術の現場で、複雑で具体的なケーブル接続を必要とします。ネットワークのケーブル接続に使用されるケーブルは特定の材料で作られている必要があります。バックボーンケーブルと水平ケーブルは、今日の構造化ケーブルシステムで使用されている2つの主要なケーブル接続方法であり、どちらも必須ではありません。バックボーンケーブルと水平ケーブルには多くの違いがあるため、これら2つの構造化ケーブルシステムを使用するケーブルも互いに異なります。バックボーンケーブルと水平ケーブル:それらの違いは何ですか?バックボーンケーブルと水平ケーブルにはどのようなケーブルが適していますか。この記事では知識を紹介します。

構造化ケーブルシステムの基本

バックボーンケーブルと水平ケーブルを理解するために、まず構造化ケーブルの5つのサブシステムを理解しましょう。これら5つのサブシステムは、建物全体によく見られ、さまざまな種類のデータを一貫して安全に送信できるように互いに接続されています(下図を参照)。

  • 備品室:建物内のユーザーにサービスを提供する備品のある部屋。
  • 電気通信室:この部屋には、バックボーンと水平ケーブルサブシステムを接続する電気通信機器が含まれています。
  • バックボーンケーブル:機器室と電気通信室を接続するケーブルシステム。
  • 水平ケーブル:電気通信室を個々のコンセントまたは床の作業領域に接続するケーブルシステム。
  • 作業領域コンポーネント:これらは、エンドユーザ機器を水平ケーブルシステムのコンセントに接続します。

バックボーンケーブル

バックボーンケーブルは、垂直ケーブルまたはワイヤリングとも呼ばれます。それは、電気通信室、機器室、および入り口施設間の相互接続を提供します。これらのバックボーンキャブリングは、通常、フロアからフロア、フロア間で行われます。バックボーンケーブルを設定するときは、シールドなしツイストペア(UTP)ケーブル、シールド付きツイストペア(STP)ケーブル、光ファイバケーブル、または同軸ケーブルなど、いくつかの種類のメディアを使用できます。機器は30メートル以下のケーブルで接続する必要があります。

バックボーン配線用ケーブル

ギガビットイーサネットと10ギガビットイーサネットの出現により、光ファイバケーブルは従来のCat5、Cat6、さらにはCat7ツイストペア銅ケーブルよりもはるかに高い帯域幅を提供するため、バックボーンケーブルに最適です。ファイバのもう1つの利点は、ファイバが銅ケーブルよりもはるかに長い距離を走ることができることです。これにより、バックボーンケーブルには特に魅力的です。

水平ケーブル

水平ケーブルシステムは、作業エリアの電気通信情報コンセントから電気通信室(TR)または電気通信エンクロージャー(TE)まで延びています。下の図に示すように、水平ケーブルは通常、各作業領域を電気通信室に接続するスター型トポロジで設置されています。これには、TRまたはTEに配置されている電気通信コンセント、オプションの統合ポイント、水平ケーブル、機械的終端、およびパッチコード(またはジャンパ)が含まれます。

水平配線用ケーブル

水平ケーブルには、イーサネットケーブルと光ファイバケーブルの両方を使用できます。 音声および光ファイバケーブル(2ファイバ62.5/125ミクロンまたは50/125ミクロンマルチモード)には、通常4ペアの100Ωシールドなしツイストペア(UTP)ケーブル(Cat5eケーブル、Cat6ケーブル、またはCat6Aケーブル)をお勧めします。データ伝送には、一般にケーブル、またはより高いファイバー数が使用されます。 EIA/TIA配線規格に準拠するには、作業領域のコンセントと電気通信室のパッチパネルとの間の個々のケーブルの長さを90メートルに制限する必要があります。パッチパネルを電気通信室のハブやスイッチに接続するためのパッチコードは、総距離が6メートルを超えてはいけません。ユーザーのコンピュータをコンセントに接続するケーブルの長さは3メートルに制限されるべきです。

バックボーンケーブルと水平ケーブルの違い

バックボーンケーブルと水平ケーブルの主な違いは、それらが異なる電気通信サービスエリアをカバーすることです。バックボーンケーブルは、入り口施設、備品室、電気通信室を接続するものです。床の間も走っています。水平ケーブルは電気通信室をフロアの個々のコンセントに接続します。

その上、バックボーンケーブルと水平ケーブルの両方が同じタイプのケーブルを使用しますが、バックボーンケーブルはフロアからフロアを通るので、バックボーンケーブルに使用されるケーブルは水平ケーブルとは要件が大きく異なります。バックボーンケーブルは特定の耐火仕様、通常はOFNR(光ファイバ非導電性ライザー)定格を満たす必要があります。バックボーンケーブルがプレナムエリア(空調の空気の戻りに使用される建物内のスペース)を通過する場合、ケーブルはOFNP(光ファイバ非導電性プレナム)定格である必要があります。さらに、バックボーンケーブルは自重を支えるのに十分な強度を必要とするため、バックボーンケーブルのケーブル強度も水平ケーブルとは異なります。水平ケーブルとは異なり、バックボーンケーブルは正しく固定する必要があります。

結論

構造化配線の2つの重要な部分として、バックボーン配線と水平配線の両方がかけがえのない役割を果たします。また、ケーブル接続環境が異なるため、バックボーンケーブルと水平ケーブルの仕様は異なる場合があります。FSは、バックボーンケーブルと水平ケーブル用に、Cat5、Cat6、またはCat7 UTPまたはSTPイーサネットケーブルとOFNRまたはOFNPマルチモードまたはシングルモードファイバーパッチケーブルの両方を提供します。 バックボーンケーブル、水平ケーブルソリューション、またはその他のケーブルソリューションの詳細については、sales @ fs.comからお問い合わせください。


1.5k

おすすめのコンテンツ