キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202001/07/10-blog-cover-4.jpg

スイッチ vs モデム vs スプリッター vs ブリッジ

Charlene

翻訳者 ともや
2020年1月7日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

インストールで使用されるネットワークデバイス、スイッチ、モデム、スプリッター、ブリッジなどがいくつかあります。それらのいくつかに了解するかもしれません。しかし、どのように異なりますか、本当に知っていますか?この記事では、それらが何であるかと、それらの違いを明確にします。

スイッチ vs モデム vs スプリッター vs ブリッジ:それらは何ですか?

ネットワークスイッチ

ネットワークスイッチは、ネットワークデバイスが相互に効率的に通信できるようにするハードウェアネットワークデバイスです。スイッチはデータのパケットを受信すると、パケットの送信先を決定し、データが目的のコンピューターまたはデバイスにのみ送信されるようにします。ネットワークスイッチガイドおよび選択の詳細については、 ネットワークスイッチWiKiおよび選択ガイドを参照してください。

figure 1 Ethernet switch.jpg

図1:イーサネットスイッチ

モデム

モデムは、「変調器、復調器」の略です。これは、コンピューターが電話回線または外部ケーブルを介して信号を送受信できるようにする小さなネットワークデバイスです。

figure 2 Ethernet modem.jpg

 図2:イーサネットモデム

通常、モデムはISPに接続するだけなので、インターネットに接続できます。単一の有線デバイスへの接続を提供しますが、モデムのインターネット接続を共有するデバイスがさらにあり、WiFiを使用する場合は、ルーターが必要です。ISPのサービスにサインアップすると、モデムが提供されます。必要なモデムの種類は、ISPから受け取るインターネットサービスの種類によって異なります。独自のモデムを購入する場合は、モデルがISPによって推奨または承認されていることを確認してください。

イーサネットスプリッター

スプリッターは、3つのイーサネットポート(一方は2つ、もう一方は1つ)を備えた小さなギズモです。イーサネットスプリッターの各ペアは、かなり古い100BASE-T標準に依存しているため、2本のケーブルのみを伝送します。名前が示すように、イーサネットスプリッター は単一のインターネット接続を分割して追加の接続を作成し、2つのデバイスが単一のイーサネット信号を共有できるようにして、2つのネットワークを接続するときに必要なCat5ケーブルの数を減らします。詳細については、この記事をご覧ください: PoEスプリッターとは何ですか?

figure 3 Ethernet splitter.jpg

図3:PoEスプリッター

ネットワークブリッジ

ブリッジは、ネットワークブリッジまたはイーサネットブリッジとも呼ばれ、異なるプロトコルを使用して2つのネットワークを接続するネットワークノードです。ローカルエリアネットワーク(LAN)を同じプロトコルを使用する別のローカルエリアネットワークに接続するために適用されます。ネットワークの入り口と出口として機能します。ネットワークブリッジの目的は、ネットワークを管理可能なセッションに分割することです。

通常、イーサネットブリッジは、ルーター、ファイアウォール、サーバー、またはネットワークを出入りするトラフィックの流れを可能にするその他のデバイスです。ルーターは、ホームネットワークで最も一般的なゲートウェイデバイスです。自宅で、家族全員がインターネットにアクセスできるワイヤレスネットワークがある場合、ゲートウェイはモデムまたはモデムルーターのコンボです。職場では、ゲートウェイは、ワークステーションから外部ネットワークにトラフィックをルーティングするコンピューターにすることができます。

スイッチ vs モデム vs スプリッター vs ブリッジ:どう違いますか?

スイッチ vs モデム

スイッチとモデムは、ネットワークでよく見られる2つのデバイスです。どちらにも、前面または背面にいくつかの物理ポートがあり、コンピューターへの接続ポイント、電力への接続、および動作状態を表示するLEDライトを提供します。多くの場合、スイッチとモデムはルーターを介して接続されます。ルーターは、一方の端(ISP)のモデムと、もう一方の端(ローカルネットワーク)のスイッチに接続できます。違いの点では、モデムはホームインターネット接続とISPの間のホームネットワーク環境で使用されます。ネットワークスイッチは、企業、キャンパス、データセンターなどの大規模ネットワークで最もよく使用されます。それらの構成オプションはまったく異なります。

スイッチ vs ブリッジ

データリンクで動作するスイッチと同様に、ブリッジは2つのネットワークセグメントを接続するネットワークスイッチの一種です。どちらも、ネットワークのパフォーマンス、信頼性、およびセキュリティを向上させます。スイッチは同じネットワーク内のデバイスを接続するために使用され、複数のデバイスが同時にデータを送信できます。前述のように、ルーターとコンピューターはブリッジとして機能できます。一般に数十のポートを持つことができるスイッチと比較して、ほとんどのネットワークブリッジには2つまたは4つのポートしかありません。また、ブリッジはより少ないLANに接続でき、スイッチはより多くのネットワークに接続できます。

イーサネットスプリッター vs スイッチ

スイッチとイーサネットスプリッターの両方は、主に異なるコンピューターまたは他のネットワークデバイスの接続に使用されます。ただし、スイッチは、スタッキングまたはクラスタリングを介してスタンドアロンまたはグループで動作できますが、イーサネットスプリッターはペアで使用する必要があります。イーサネットスイッチは、さまざまなデバイスを含むネットワークに使用できます。また、イーサネット信号をさまざまな信号に分割し、信号を同時に動作させるために、電源入力が必要です。しかし、イーサネットスプリッターの場合、電源入力は不要です。

結論

ネットワーキング対モデム対スプリッター対ブリッジのスイッチに関しては、共通点はあるものの、異なる目的で使用されていることがわかります。最適なイーサネットデバイスは、ニーズに最も適したものです。最適なデバイスを見つける前に、この投稿がお役に立てば幸いです。

1.3k

おすすめのコンテンツ