https://img-en.fs.com/images/solution/straight-through-or-crossover-cable.jpg

T568AとT568B:ストレートケーブルとクロスケーブルの違い

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-1-7.jpg

Worton

翻訳者 ともや
2018年11月6日 に投稿された
2020-10-27 01:15:38
12126

T568AとT568B:ストレートケーブルとクロスケーブルの違い

ネットワークケーブルを終端するときは、色の付いたワイヤを正しい順序で並べる必要があります。T568AとT568Bに関しては、2つの配線規格があり、配置を指定するために使用されます。そして、T568AとT568Bの違いは何ですか?このブログでは、ストレートケーブルとクロスケーブルの違いを紹介します。

T568AとT568Bの配線基準とは何ですか?

我々が知っているように、ネットワークケーブルは、それぞれが単色のワイヤと同じ色のストライプからなる4対のワイヤで設計されています。10/100BASE-Tイーサネットネットワークでは、ワイヤの2つのパリンド(オレンジとグリーン)のみが使用されます。その他の2色の(茶色と青色の)ワイヤーのペアは、別のイーサネット・ネットワーク・アプリケーションまたは電話接続に使用されます。接続要件に従って、ストレートケーブルまたはクロスオーバケーブルが必要になる場合があります。ワイヤ配置を正規化するために、2つの規格、すなわちT568AとT568Bを使用して、これらの2種類のケーブルを作成します。T568AとT568Bは、ネットワークケーブルを8つの位置のRJ45ジャックとプラグに終端するための配線方式を提供しています。
T568AとT568Bの配線基準
 

ストレートスルーケーブルとクロスオーバーケーブルは何ですか?

ストレートケーブルは何ですか?

ストレートスルーケーブルは、コンピュータをルータなどのネットワークハブに接続するためにローカルエリアネットワークで使用されるツイストペアケーブルの一種です。このタイプのケーブルは、パッチケーブルと呼ばれることもあり、1台以上のコンピュータが無線信号でルータにアクセスするワイヤレス接続の代替品です。ストレートスルーケーブルでは、有線ピンが一致します。ストレートケーブルは1つの配線規格を使用します。両端でT568A配線規格を使用するか、両端でT568B配線規格を使用します。次の図は、両端がT568B標準として配線されているストレートケーブルを示しています。
ストレートスルーケーブル

クロスオーバーケーブルとは何ですか?

イーサネットクロスオーバーケーブルは、コンピューティングデバイスを直接接続するために使用される一種のイーサネットケーブルです。ストレートケーブルとは異なり、クロスオーバーケーブルは2つの異なる配線規格を使用します。一方の端はT568A配線規格を使用し、もう一方の端はT568B配線規格を使用します。イーサネットクロスオーバケーブルの内部配線は、送受信信号を逆転させます。 これは、同じタイプの2つのデバイスを接続するために最もよく使用されます。2台のコンピュータ(ネットワークインタフェースコントローラ経由)または2台のスイッチをお互いに接続します。
クロスオーバーケーブル

T568AとT568B:どちらを選ぶべきですか?

では、T568AとT568Bの主な違いは何ですか? 下の図に示すように、これらの2つの規格の主な違いは、オレンジとグリーンのワイヤーペアの位置です。もちろん、これは単一の色の変化だけではありません。RJ45配線方式の選択に影響を及ぼす可能性のある2つの互換性要因もあります。
T568AとT568Bの違い

通常、ストレートケーブルは、主に異種のデバイスを接続するために使用されます。また、クロスオーバーケーブルは、他のデバイスと同様のデバイスを接続するために使用されます。

次のケーブル配線にはストレートスルーケーブルを使用してください。

 スイッチとルーターの接続
 スイッチとPCまたはサーバーの接続
 ハブとPCまたはサーバーの接続

次のケーブル配線にはクロスオーバーケーブルを使用してください。

 スイッチとスイッチの接続
 スイッチとハブの接続
 ハブとハブの接続
 ルーターとルーターの接続
 ルーターイーサネットポートとPC NICの接続
 PCとPCの接続
ストレートスルーケーブルとクロスケーブル配線

今日では、T568B標準はユーザにとってより一般的であり、T568Aから徐々に生まれました。特に、既存のパターンがない新しいネットワークの場合はそうです。AT&Tの古い258Aカラーコードと一致するだけでなく、USOCとの下位互換性だけでなく、現在および将来の要件にも対応します。T568AとT568Bは結合されていないか、交換されていないことに注意してください。

結論

ストレートスルーケーブルとクロスケーブルは、配線が異なります。持っているものを区別する簡単な方法の1つは、RJ45コネクター内の色付きワイヤーの順序を調べることです。線の順序が両端で同じ場合、ストレートスルーケーブルがあります。そうでなければ、それはクロスケーブルである可能性が最も高いか、または間違って配線されています。現在、ストレートケーブルはクロスオーバーケーブルよりもはるかに普及しており、人々によって広く使用されています。FS.COMは、Cat5e、Cat6、Cat6a、およびCat7イーサネットケーブルを、幅広い長さと色のオプションが付いた完全な範囲で提供します。イーサネットパッチケーブルを探して、FS.COMに来てください!