キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/12/post35-lark20210512-114921-f5jhmxuft5.jpeg

サードパーティ製光トランシーバ、光通信の新時代を切り開く

Larry

翻訳者 ともや
2021年2月6日 に投稿された


 ニーズの多様化に伴うネットワーク通信技術の革新・普及に連れて、5Gインフラやデータセンターに欠かせない光モジュールに対する需要も急増しています。近年から、サードパーティ製の光学製品の姿をよく見るような気がしませんか。その原因とは?サードパーティ製光トランシーバは業界、ないしは、社会に何をもたらしてくれるしょう。

サードパーティ・プラティクスが人気を集める理由

「サードパーティ・オプティクス」とは、サードパーティ製光トランシーバの総称で、純正品と同じ規格に準拠しています。サードパーティ・パラティクスが初めて世に出された時、OEM(Original equipment manufacturer、委託者ブランド名製造)より劣ったパフォーマンス・互換性を持っているというイメージが強かったのですが。技術革新に伴う製品の開発・普及によって、サードパーティ・オプティクスはすでに0EMの遅れをとらないぐらい成長しました。

 同時に、OEMの機能的・物理的制限に気づき、コスト・機能を考慮した上でサードパーティ製光トランシーバに買い替えるユーザーも多数存在します。例えば、サードパーティ製光トランシーバはOEM製と下位互換性があるため、OEM製スイッチに対応しできます。逆に、OEM製スイッチが1つでも故障したら、すぐ取り替えることはほぼ不可能です。この場合、サードパーティ製光トランシーバを利用すれば、状況に応じて光トランシーバのリプログラミングを行ったり、新しい光トランシーバを入れ替えたりすることで、システムが簡単に復旧できます。

 もう一つ大事なのは法律上の配慮です。シャーマン法(英:Sherman Antitrust Act)に則り、他社製の光学デバイスとOEM製デバイスとの併用は法律違反に当たらないことが明らかにされました。

 OEMメーカー製のネットワーク関連製品に相当するパフォーマンスを提供すると同時に、安い値段で入手できるサードパーティ製光トランシーバのほうが理想的だと考えられます。


サードパーティ製光トランシーバの現状と未来

サードパーティ製が人気を集めているに伴い、サードパーティ販売業者の活躍も目に見えます。オリジナルメーカーが提供している製品より格段に低い価格で入手し、サードパーティ販売業者あるいはメーカーからサービス・技術サポートを受けることも可能です。それによって、サードパーティ製の光学デバイスは急速な勢いで高い市場シェアを獲得しました。

 戦略的な市場調査やコンサルティングのサービスを提供しているResearch Nester(リサーチネスター)の発行した市場調査資料によると、2027までにサードパーティ製光トランシーバの市場規模が2倍以上拡大する見込みが示され、2017年の6.20億ドルから2027年の13.556億ドルに達するという。

1.jpg

データセンター・5Gネットワークにおけるサードパーティ・プラティクスの活用

5Gといい、次世代データセンターへの移行といい、いずれにせよ高速かつ低損失を備えたネットワークを構築することが時代のトレンドです。急速な技術革新による規格の改訂・変更に追われ、現行規格に準拠した製品が少しづつ新しい規格に対応出来なくなることもあります。従って、現段階に必要な製品・機器を購入するに当たって、互換性を念頭に置き、価格、総費用、コスト、メンテーナンスなどに配慮しなければなりません。サードパーティ製ネットワーク関連機器は理想的な選択となるわけです。

 例えば、10G WDM SFP+、25G DWDM QSFP+、100G QSFP28などといったサードパーティ製光モジュールがよく見られます。また、オリジナル/OEM製品と同じパフォーマンス・機能を提供できる25G/40G/100G光トランシーバはトラフィックの急増によるサービス停止・障害の解決策として広く使用されています。

 サードパーティ・プラティクスに信頼できない方々は多少その互換性・クオリティに疑いを持っているだろう。しかし、定められた規格に準拠し、厳正な製品試験・認証を行ったサードパーティベンダーが存在します。弊社FS.COMは手がけたすべての製品に対して、専門的な試験・認証を実施し、お客様に最高水準の製品・サービスを提供することを目指しています。

671

おすすめのコンテンツ