日本語

スイッチングハブのWeb管理画面にログインする方法

設定画面・ログイン方法を紹介

Updated on 6月 28, 2022
8.2k

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト

一般に、ネットワークスイッチは購入後に直接使用できます。でも、ユーザーがVLANを構成するか、ポートなどををシャットダウンしたがる場合は、いくつかの変更を行う必要があります。これには、最初にスイッチにログインする必要があります。次の3つの一般的なログイン方法は、例としてFS 3900-24F4Sスイッチを使用して詳細に説明されています。これらは、広く使用されているローカルコンソールポートログイン、Telnetによるリモートログイン、およびWebブラウザを介したHTTPログインであり、コマンドラインを使用した以前の方法の代替グラフィックとして機能します。

 

 

コンソールポート経由でネットワークスイッチにログインする

スイッチ用のディスプレイデバイスがないため、コンソールポートはコンピューターをギガビットイーサネットスイッチに直接接続し、スイッチを管理するために使用されます。ほとんどの場合、これはネットワークスイッチを構成する最初のステップです。コンソールポート経由でネットワークスイッチにログインする詳細な手順を次に示します。

_1577173533_HSOylgfeLw.png

 

図1.FS 3900-24F4Sスイッチポートの説明

1、RJ45からRS232への変換ケーブル(ベンダーが提供)とRS232からUSBへの変換ケーブル(自分で準備)を組み合わせて、スイッチコンソールポートをコンピューターのシリアルポートに接続します。

_1577173756_iMvNWEAr1X.png

図2. ラップトップのRS232-USB変換ケーブル

2、PCの電源を入れます。端末エミュレーションソフトウェアをPCにインストールします。PCでWindows 2000のビルトインハイパーターミナルを使用できます。組み込みの端末エミュレーションソフトウェアがない場合は、SecureCRTやオープンソースのPuttyなどの端末エミュレーションソフトウェアを準備してください。

3、スイッチの電源を入れ、インストールされているログインソフトウェアを開き(ここではソフトウェアPuttyを例として使用します)、シリアルログインモードを選択します。ポートはデバイスマネージャーによって決定されます。ボー速度:115200、ストップビット:1

putty-configuration-when-logging-in-to-a-network-switch.png

図3. ネットワークスイッチへのログイン時のPuTTY設定

 

ヒント:イーサネットスイッチごとにボースピードが異なる場合があります。たとえば、FS TAPスイッチのボー速度は9600と115200です。

4、「開く」キーを押し、ポップアップ表示されたインターフェースでデフォルトのユーザー名とパスワード(admin/admin)を入力して、スイッチにログインします。その後、構成を実行できます。

_1577173777_sbNpZQf9PR.png

図4. Puttyログインインターフェイス

 

ただし、ユーザーは一般的な権限を使用して、管理ポートを介してスイッチの基本構成にアクセスすることもできます。物事が異常になったり、権限の昇格が必要になったりすると、スーパーユーザー権限を持つコンソールポートが操作の完了に役立ちます。

 

Telnetを介してネットワークスイッチにログインする

Telnetは、管理者または別のユーザーが他のユーザーのコンピューターにリモートでアクセスできるネットワーク管理プロトコルです。この方法は、IPアドレス(デフォルト192.168.1.1)と管理権限を持つユーザーアカウントで構成されたスイッチのリモート管理に適用できます。

  • 1、Cat5eやCat6ケーブルなどのイーサネットケーブルを使用して、スイッチの管理ポートをPCのRJ45ポートに接続します。

  • 2、PCの電源を入れます。画面の左下隅にある「開始」をクリックし、「実行」をクリックします。表示されるウィンドウに「telnet 192.168.1.1」コマンドを入力し、「OK」をクリックします。

  • 3、ログインインターフェイスにユーザー名とパスワード(admin/admin)を入力し、次に示すように構成メニューに進みます。対応するコマンドを入力することにより、スイッチスタッキング、MLAG、LACPなど、スイッチのさまざまな構成を設定できます。

type-command-in-the-window.png

コンソールケーブルを使用せずにTelnet経由でログインすることにより、ネットワークスイッチパラメータを変更すると便利です。

 

Webブラウザ経由でネットワークスイッチにログインする

ネットワークスイッチにIPアドレスが割り当てられ、HTTPサービスがアクティブになっている場合、java対応のWebブラウザーを介してスイッチにアクセス、構成、および管理することができます。実際、Webインターフェースを介して、スイッチの多くのパラメーターを変更および構成することができ、スイッチの実行ステータスが表示されるため、ネットワークスイッチの管理が非常に容易になります。Webブラウザを介したFS S3900-24F4Sスイッチのログイン手順は次のとおりです。

    • 1、スイッチの管理ポートをPCのRJ45ポートにイーサネットケーブルで接続します。

    • 2、Webブラウザーを開きます。スイッチのIPアドレス(デフォルトの192.168.1.1または必要に応じて設定されたものなど)を入力します。「エンター」を押すと、ログインダイアログが表示されます。

_1577174002_WpeNcxDyLY.png
  • 3、管理者権限でユーザー名とパスワードを入力し、「OK」をクリックすると、スイッチの構成ステータスを確認し、スイッチポートを構成または変更できます。

_1577173984_dTrDjxhu6Y.png

 

テキストベースのコマンド設定を直感的なグラフィックインターフェイスに置き換えることにより、Webログインは初心者にとって使いやすくなります。

概要

上記の3つのアプローチは、すべてのFSネットワークスイッチに適用できます。ただし、すべてのスイッチベンダーが同じWebインターフェイスを共有しているわけではありませんが、ログイン方法は基本的に同じです。ログインに成功するには、操作のプロンプトまたは添付の仕様を参照できます。

6

あなたにおすすめの記事