キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/12/post35-24-powered-fiber-cables-solution-for-extending-poe-6-u3dxwyuems.png

ファイバー・パッチケーブルの使い方・保守(メンテ・掃除)について

Howard

翻訳者 wagtail
2021年2月17日 に投稿された

 光通信において、幅広く使われているファイバー・パッチケーブルですが。高性能かつ高速のネットワークを構築するために、光パッチケーブルの使い方・メンテナンスを正しく理解しなければなりません。これから、光パッチケーブルの接続・抜き差し・保守について紹介します。

ファイバー・パッチケーブルの使い方(挿入・抜出)

 光パッチケーブルは光通信に用いられる伝送路として、光トランシーバ、光ファイバアダプタパネル、光ファイバーカセット、メディアコンバーターなどのネットワーク関連機器を繋ぎ、機器間の通信やり取りを実現するのに欠かせないものです。例えば、光トランシーバとネットワーク・スイッチを繋ぐに当たって、光パッチコードの挿抜は下記のように示されました。

光パッチケーブルを挿入する方法

  • 光コネクタを覆う保護キャップを取り外す

  • 光トランシーバの保護カバーを引き抜く

  • 光コネクタと光トランシーバを接続する

  • 配線固定具でケーブルと機器を固定する

光パッチケーブルを抜出する方法

  • 光トランシーバを引き抜く前に、対応したインターフェースポートの動作を停止させる必要がある

  • 光トランシーバから光コネクタをゆっくり外す

  • 光トランシーバ用と光コネクタ用の保護キャップを用意する

  • 保護キャップをそれぞれの先端に取り付ける

光パッチケーブルを使う際に注意すべき点:

  • 配線に支障をきたさないために、ネットワーク全体の把握が必要です。

  • 作業を行う前に、静電気防止のバンドや手袋、保護メガネ、防塵カバーなどを装着する。

  • ファイバーケーブルの許容曲げ半径に気を配りながら、ケーブルを傷つけないよう配線を行う。

  • 光トランシーバに繋がったパッチケーブルをまとめ、ケーブルを引き切らないように整理しければなりない。

  • 目が傷つくため、放射されたレーザビームを直視してはいけない

  • 光ファイバー端面に傷をつけないために、光ファイバーケーブルを頻繁に挿抜することを避けてください

  • 光コネクタを挿入・抜出した際に、端面の清掃を必ず行う


光ファイバー・パッチケーブルの保守について

ファイバーパッチケーブルを清潔に保つ

 ネットワークのパフォーマンスを高水準に維持するために、ファイバーケーブルの清掃は欠かせないものです。光コネクタ端面やケーブルの外部に取り付く異物と埃はファイバーケーブルの性能に影響を及ぼしかねません。ネットワークのパフォーマンス(通信速度、性能、伝送距離、遅延など)も従って低下するわけです。

 ファイバーケーブルを清潔に保つに当たって、ドライクリーニングとウェットクリーニング、2種類の清掃方式があります。例えば、リールタイプ・ファイバクリーナー、ペン型ファイバクリーナー、ファイバクリーナーワイプ、ファイバクリーニング用綿棒などの光ファイバー清掃用具があります。



ファイバーパッチケーブルを適切な場所に保管する

 ファイバーケーブルを曲げ過ぎたり、締め付け過ぎたりすると、本体に傷つける可能性があります。また、保管する場所の環境(高温、低温など)により、ファイバーケーブルが傷ついてしまうこともあります。問題のあるファイバーケーブルを使用すると、ネットワークのパフォーマンスが低くなる恐れもあります。それを防ぐために、いくつかの注意点が挙げられます。

  • 適切な用具でファイバーケーブルを守り、最適な配線ソリューションを考案しなければならな

  • 許容曲げ半径に配慮した上で、ファイバーケーブルの配線を行う。

  • 光コネクタ端面に異物や埃がないように清掃する。

  • ファイバーのガラス繊維による怪我を未然に防ぐために、光コネクタ保護キャップをちゃんと戻す。

  • ファイバーケーブルの性能・故障を検測するに当たって、OTDRとファイバースコープカメラが使用される。

267

おすすめのコンテンツ