キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/dwdm-mux-port.jpg

DWDM MUX/DEMUXのポートについて

Worton

翻訳者 ともや
2018年9月10日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

DWDM MUX/DEMUXのポートについて

ファイバを追加することなく既存の光ファイバネットワークを増やすためにWDMシステムを使用することは非常に一般的です。DMDM(波長分割多重)Mux/DeMux(マルチプレクサ/デマルチプレクサ)はWDMシステムの最も重要なコンポーネントの1つです。1UハウジングのMux/Demuxには多くのポートがあることが簡単に分かります。ですから、どれくらい彼らについて知っていますか?そして、なぜそれらを機器に必要としているのですか?

DWDM MUX/DEMUXの必須ポート

DWDM MUX/DEMUXの基本機能は、同じファイバケーブル上の異なる波長のデータレートを組み合わせてネットワーク容量を増やすことです。したがって、WDM MUX/DEMUXを接続するために使用される異なる波長およびラインポートをサポートするチャネルポートは、これらのデバイスの必須ポートです。

18チャンネルCWDM

チャネルポート

DWDMは、1470nmから1625nmまでの波長を使用し、通常0.8nm(100GHz)または0.4nm(50GHz)のチャネル空間を使用します。DWDM MUX DEMUXは、CWDM MUX DEMUXよりもはるかに多くの波長をサポートできます。DWDM MUX DEMUXのチャネルポートは、通常4から96までの範囲です。

ラインポート

DWDM MUX DEMUXには2種類のラインポートがあります。1つはデュアルファイバラインポートで、もう1つはシングルファイバラインポートです。回線ポートの選択はアプリケーションによって異なります。単一のファイバラインポートを有するWDM MUX DEMUXは、波長を使用する際にデュアルファイバラインポートを有するWDM MUX DEMUXとは非常に異なります。

デュアルファイバMUX DEMUXは、同じ波長をサポートするすべてのデュプレックスチャネルポートのTXポートとRXポートを意味するデュアルウェイ伝送に同じ波長を使用します。デュアルファイバラインポートがネットワークの両端に設置されているWDM MUX/DEMUXは、同じでもかまいません。

シングルファイバDWDM

シングルファイバWDM MUX DEMUXでは、すべての波長が一方向に流れるだけです。また、2つの異なる波長をサポートするすべてのデュプレックスチャネルポートのTXポートとRXポート。上の写真は、シングルファイバラインポートを備えた8チャネルDWDM MUX DEMUXのフロントパネルを示しています。明らかにマークされているように、TXポートとRXポートは異なる波長を使用します。ネットワークの一方の側でシングルファイバWDM MUX DEMUXを選択する場合は、同じ波長をサポートしますが、すべてのデュプレックスチャネルポートのTXポートとRXポートで逆の順序を持つシングルファイバWDM MUX DEMUXが必要です。

DWDM MUX/DEMUXの機能ポート

DWDM MUX DEMUXには、上記の必須のチャネルポートとラインポート以外に、既存のWDMネットワークに多くの利益をもたらす他のポートを追加することもできます。次に、DWDM MUX DEMUXでよく追加される特殊ポートについて紹介します。

拡張ポート

WDM MUX DEMUXに追加された拡張ポートは本当に便利です。DWDM製品の場合、アップグレードポートの目的は、使用されていないCバンドDWDMチャネル、つまり1530?1565 nmの帯域に存在するチャネルだけを追加、削除、または通過させることです。DWDM製品にも高速ポートがある場合、そのポートは通常、CWDMチャネルのほとんどのように、C帯域外に存在する追加チャネルに使用されます。

1310nmポートと1550nmポート

1310nmと1550nmは実際にはWDM波長です。どのようにしてこれら2つの波長が特別になりますか?多くの光ファイバ信号は、1310nmおよび1550nmにわたって伝送されることが認識され得るのです。多くの光ファイバトランシーバは、これらの2つの波長を使用して長距離をサポートします。ただし、WDM MUX / DEMUXの標準チャネルポートは、DWDM SFP / SFP +のようなカラーコード化光ファイバトランシーバにのみ接続できます。これらの特殊な設計の1310nmポートと1550nmポートを使用すると、通常の光ファイバトランシーバを通過する信号を他のCWDM波長と組み合わせることができます。

DWDM MUX DEMUXは特殊な1310nmポートのみを追加できます。

モニターポート

多くの技術者がDWDM MUX DEMUXにモニターポートを追加して、ネットワークの監視と管理を強化します。シングルファイバWDM MUX/DEMUXを選択する場合、モニターポートはシンプレックスファイバポートにする必要があります。デュアルファイバWDM MUX/DEMUXの場合は、ネットワークモニタリング全体にデュプレックスモニタポートを追加するか、MUXまたはDEMUXモニタリング用のシンプレックスポートを追加するだけです。

FS.COM WDM DWDMソリューション

WDM Mux/DeMuxの一般的に使用されるポートは、さまざまなアプリケーションに対応しています。各デバイスには共通のポートがありますが、拡張またはアップグレードポート、1310nmポート、1550nmポート、またはモニタポートがない可能性があります。これらのポートは特別なサービスに属し、要件に応じてデバイスを装備するカスタムにすることができます。ご興味のある方は、sales@fs.comまでご連絡ください。


1.1k

おすすめのコンテンツ