キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/mtp-cable.jpg

光ファイバケーブルのジャケットと耐火性について

Sheldon

翻訳者 ともや
2019年6月19日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

光ファイバケーブルのジャケットと耐火性について

光ファイバケーブルは、内側のコア、クラッディング、コーティング、補強用の部材から外側のケーブルの外被までで構成されています。裸ファイバは容易に破断されるので、ケーブル内のシールドと導体を保護するために光ファイバケーブルジャケットが必要です。ケーブル外被は、ファイバケーブルの湿気、機械、炎、化学物質に対する防御の第一線です。

光ファイバケーブルのジャケット素材

ファイバケーブルジャケットは様々な種類の材料でできています。アプリケーションのコネクタや環境との互換性を選択する際には、ジャケットの種類を考慮することが重要です。以下の表は、屋内ケーブルと屋外ケーブルの両方で使用される最も一般的なファイバケーブル外被材料の種類をいくつか示しています。

ジャケット素材 ジャケット素材の利点
PE(ポリエチレン) PEは、優れた耐湿性および耐候性を有し、広い温度範囲にわたって良好な電気的特性を有します。耐摩耗性もあります。そのため、PEは屋外の光ファイバケーブルの標準的なジャケット材料です。
PVC(ポリ塩化ビニル) PVCは通常、低コストで柔軟性があり、かなり頑丈であり、そして難燃性/耐油性材料であるので、様々な環境および用途で機能するように配合することができます。つまり、屋内と屋外の両方のケーブルの外装材として使用できます。
PVDF(ポリ二フッ化ビニル) PVDFは、プレナムケーブルに使用されます。これは、PEよりも優れた難燃性を持ち、発煙がほとんどないためです。
LSZH(低スモークゼロハロゲン) LSZHジャケットには、燃焼中に有毒で腐食性の艶消しになることがあるハロゲン化物質がありません。LSZH材料はLSZHケーブルと呼ばれる特別なケーブルを作るために使用されます。これは内部設置に適しています。しかし、それは最も高価なジャケット素材です。

光ファイバケーブルジャケットカラーコード

EIA/TIA-598によると、光ファイバケーブルのカラーコードは、さまざまなファイバタイプ(SMFまたはMMF)のジャケットカラーコードを定義します。シングルモードファイバの場合、ジャケットの色は通常黄色です。マルチモードケーブルの場合、ジャケットの色はオレンジ色(OM1とOM2ケーブル)、水色(OM3ケーブル)と紫色(OM4ケーブル)です。屋外プラントケーブルの場合、標準のジャケット色は黒です。光ファイバケーブルのカラーコードの詳細については、光ファイバケーブルのカラーコードを識別する方法を参照してください。

光ファイバケーブルの耐火性

通常、NEC(National Electrical Code)で指定されている非導電性ケーブルと導電性ケーブルの両方に8レベルの耐火性があります。すべての屋内光ファイバケーブルは、その用途に合わせて適切にマークを付けて設置する必要があります。プレナム、ライザー、および汎用領域。

注意:

(1)プレナムエリアは、エアフローまたはエアディストリビューションシステム(落下天井および高床)に使用される建物スペースです。

(2)ライザーエリアとは、1つまたは複数のフロアを垂直に通過するフロア開口部、シャフトまたはダクトです。

(3)汎用区域とは、プレナムまたはライザーではなく、同じ階にある他のすべての区域のことです。

NECコード 説明 ケーブル用途 可能な代用品
OFNP 光ファイバ非導電性プレナムケーブル プレナム、オーバーヘッド、ファイバのみ /
OFCP 光ファイバ導電性プレナムケーブル プレナム、オーバーヘッド、ハイブリッド(ファイバ/ワイヤ) /
OFNR 光ファイバ非導電性上昇ケーブル ライザー、バックボーン、ファイバのみ OFNP
OFCR 光ファイバ導電性上昇ケーブル ライザー、バックボーン、ハイブリッド OFCP
OFNG 光ファイバ非導電性汎用 汎用、水平 OFNP, OFNR
OFCG 光ファイバ導電性汎用 一般的用途 /
OFN 光ファイバ非導電性 汎用、水平、ファイバのみ OFNP, OFNR
OFC 光ファイバ導電性 汎用、水平、ハイブリッド OFCP, OFCR

OFNPとOFNR

前述のように、OFNPとOFNRは建物で使用される2種類の光ファイバケーブルです。OFNPケーブルは、耐火性と低発煙性を備えています。これは最高の耐火性ファイバケーブルであり、他の種類のケーブルを代替品として使用することはできません。そのため、これらのケーブルは主にプレナムエリアに設置されます。一方、OFNRケーブルの耐ファイバ性と低発煙性は、OFNPほど良くありません。OFNPプレナムケーブルは、OFNRケーブルの代わりとして使用できます。OFNR対OFNPを通して、OFNP光ファイバケーブルをOFNPケーブルに代わるプレナム領域で使用することはできないが、後者はライザ領域で使用することができることは注目に値します。OFNPとOFNRは、どちらも汎用領域で使用できます。

FSプレナム/ライザー光ファイバケーブルソリューション

一言で言えば、プレナム定格およびライザー定格のケーブルは一般に建物内に配置されます。 正しいタイプの定格ケーブルを選択すると、ケーブルが焼けているときの損失を効果的に減らすことができます。ケーブル配線用途に難燃性または厳しい安全基準に準拠した材料が必要な場合は、必ずプレナム定格のケーブルを選択してください。FSは、MTPプレナムトランクケーブル、MTP-LCプレナムハーネスケーブル、タイトバッファードプレナムケーブル、装甲タイトバッファードプレナムケーブル、タイトバッファード分配ブレイクアウトライザーケーブルを含む、フルラインのプレナムおよびライザー光ファイバケーブルを提供します。

3.0k

おすすめのコンテンツ