https://img-en.fs.com/images/solution/mpo-system.jpg

MPOシステムの極性について

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-15-0.jpg

John

翻訳者 ともや
2019年7月13日 に投稿された
2020-09-25 23:51:05
2014

MPOシステムの極性について

MPO/MTP技術は、スケーラブルでアップグレード可能な特性を備えた高密度、柔軟性、および信頼性があり、40/100GbEへの移行を推進しています。しかし、ネットワーク設計者は、マルチファイバMPO/MTPコンポーネントを使用してエンドツーエンドでこれらのアレイ接続の適切な極性を保証する方法という別の課題に直面しています。ファイバネットワーク全体で正しい極性を維持することで、あらゆるタイプのアクティブ機器からの送信信号が2番目のアクティブ機器の受信ポートに送信されるようになります–逆もそうです。MPO/MTPシステムが正しい極性で動作することを保証するために、TIA 568規格は3つの方法を提供しました。それをこの記事で紹介します。また、当社の製品の完全な極性ガイドについては、当社のホワイトペーパー「ファイバの極性について」を参照してください。

MPO/MTPコネクタとMPO/MTP極性

MPO/MTPコネクタは、光学的および機械的特性が強化された革新的な高性能光ファイバコネクタです。MTP/ MPOコネクタの特殊設計(次の図の通り)は、MTP/MPOネットワークシステムの極性の正確さを保証します。

しかし、極性は何ですか?一般的な光リンクは、伝送プロセス全体を完了するために2本のファイバを必要とします。例えば、光モジュールは受信端(Rx)と送信端(TX)があります。使用時には、受信端と送信端が相互接続状態にあることを確実にしなければならず、光リンクの両端における送信端と受信端の間のそのような一致は極性と呼ばれます。一般的なケーブルシステムでは、LCやSCなどのコネクタを簡単に合わせることができるので、極性の問題はありません。ただし、終端処理済みの高密度MTP/MPOケーブルシステムでは、極性の問題に対処する必要があります。

3つの極性方式用の3本のケーブル

TIA 568規格で定義されている適切な極性の3つの方法は、方法A、方法B、および方法Cと名付けられています。これらの規格を満たすために、タイプA、タイプB、およびタイプCという名前の異なる構造を持つ3種類のMPOファイバが、それぞれ3種類の接続方法に使用されています。この部分では、3つの異なるケーブルを最初に紹介し、次に3つの接続方法を紹介します。

MPOトランクケーブルタイプA:タイプAケーブルはストレートケーブルとも呼ばれ、一方の端にキーアップMPOコネクタ、もう一方の端にキーダウンMPOコネクタが付いたストレートスルーケーブルです。これにより、ケーブルの両端のファイバは同じファイバ位置になります。たとえば、一方のコネクタの位置1(P1)にあるファイバは、もう一方のコネクタのP1に到達します。12芯MPOタイプAケーブルのファイバシーケンスは、次のように示されています:

MPOトランクケーブルタイプB: タイプBケーブル(リバースケーブル)は、ケーブルの両端にあるキーボードコネクタを使用します。この種のアレイ嵌合は逆転をもたらし、これはファイバ位置が各端部で逆転することを意味します。一端p1のファイバは他端p12のファイバと噛み合っています。次の図は、12芯タイプBケーブルのファイバシーケンスを示しています。

MPOトランクケーブルタイプC:C型ケーブル(ペアフリップケーブル)は、両側にプッシュボタンコネクタとプッシュボタンコネクタを備えたA型ケーブルのように見えます。しかしながら、Cタイプでは、一方の端部における隣接するファイバの各対は他方の端部で裏返されています。たとえば、一方の端の位置1にある光ファイバは、ケーブルのもう一方の端の位置2に移動します。一方の端の2の位置のファイバがもう一方の端の位置に移動しますC型ケーブルのファイバシーケンスを下図に示します。

3つの接続方法

極性方式が異なれば、MTPトランクケーブルの種類も異なります。ただし、すべての方法で光ファイバ回路を実装するにはデュプレックスジャンパを使用する必要があります。TIA規格では、LCコネクタまたはSCコネクタで終端された2種類のデュプレックス光パッチケーブルも定義されており、エンドツーエンドのファイバデュプレックス接続が完了しています: A-to-Aタイプのパッチケーブル-クロスバージョンとA-to-Bタイプのパッチケーブル-ストレートバージョン

以下のセクションでは、TIA規格で定義されているように、MPOシステム内のコンポーネントを使用して正しい極性接続を維持する方法について説明します。

方法A:次の図に接続方法Aを示します。タイプAトランクケーブルは、リンクの両側でMPOモジュールを接続します。方法Aでは、2種類のパッチコードを使用して極性を修正します。左側のパッチケーブルは標準のデュプレックスA/Bタイプで、右側のデュプレックスA/Aタイプのパッチケーブルが採用されています。

方法B:接続方法Bでは、タイプBのトラックケーブルを使用して、リンクの両側にある2つのモジュールを接続します。前述のように、タイプBケーブルのファイバ位置は両端で逆になっています。したがって、標準のA/Bタイプデュプレックスパッチケーブルは両面で使用されます。

方法C:ペア反転トランクケーブルは、リンクの両側にMPOモジュールを接続するために方法C接続で使用されます。両端のパッチコードは標準のデュプレックスA対Bタイプです。

24芯MPO/MTP極性ソリューション

発展のペースに遅れないように40/100GbEへの移行がトレンドとなっています。100Gネットワークへのスムーズな移行を容易にするために、24芯MTP/MPOケーブルをお勧めします。ただし、base-24 MTP/MPOケーブルの極性維持は複雑です。現在、24芯MTP/MPOケーブルの種類を定義する業界標準はありません。FSはタイプA(keyup-keyup)のMTP/MPOトランクケーブルをお勧めます。当社のタイプAおよびタイプAFカセットを使えば、もうA-to-Aパッチケーブルは必要ありません。次の図に接続方法を示します。

接続を構築するときにMPO/MTP極性ルールを維持する

光パッチコードの極性スキームと極性が異なる場合は、IT担当者が現場でジャンパーを交換するときに細心の注意を払う必要があります。極性を知らない、またはデバイスを起動して実行することを切望する人は、間違ったジャンパを使用して信号伝送に影響を与える可能性があります。

MPO/MTPケーブルと光パッチケーブルの接続に関する規則

A-Aタイプの光パッチケーブルとA-Bタイプのパッチケーブルがある場合、3つの一般的なタイプのアレイ(マルチファイバ)ケーブルアセンブリがあります。MPO/MTPコネクタのアライメントピンは正しい極性を維持するために重要です。したがって、MPO/MTPファイバを光パッチケーブルで接続する前に、正しいピン位置を確認する必要があります。

A-BタイプLC/SCデュプレックスパッチケーブルは、TxポートとRxポートをマッピングする標準のクロスコードです。フリップでは、A-to-Bタイプのパッチケーブルが正しい極性を維持します。また、MPOトランクケーブルタイプBは各端(1-12および12-1)のファイバ位置を逆にし、コネクタキーは両方とも上向きになっています。この種のケーブル接続は、MPO/MTPの極性を正しく保つために推奨されています。

MPO/MTPケーブルとカセット接続の規則

MPO/MTPカセットの選択もMPO/MTPケーブルの選択を決定します。MPO/MTPカートリッジのMPO/MTPケーブルのMPO/MTPコネクタの近くにアクセスできるように、正しい位置決めピンを持つカートリッジを選択することをお勧めします。また、カセットに取り付けられているアダプターの背面が、TIA規格に準拠するために、方法Aまたは方法Bとして定義されています。

メスのMPOカセットとオス-オスのタイプB MPOトランクケーブルの使用を常にお勧めします。モジュールの損傷を防ぐためにメス-メスのMPOパッチコードが必要なので、MPO-LCカセットはメスにする必要があります。これらは順にオス-オスタイプB MPOトランクケーブルの使用を必要とします。

結論

MPO/MTPコンポーネントを使用して伝送速度の高速化の要求を満たすネットワーク設計者は、極性の問題の1つであるMPOケーブル、MPOコネクタ、MPOカセット、および光ファイバケーブルを適切に選択することで解決できます。3つの異なる極性方法が異なる状況の要求に従って適用されます。MPOシステムの極性と40/100GbE伝送極性ソリューションの詳細については、チュートリアルの「40/100GbE伝送における極性とMPOテクノロジ」を参照してください。