キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/201910/14/post_1571046984_f43jnHqfJj.jpg

パワーオーバーイーサネット(POE)メディアコンバーターについて

Charlene

翻訳者 ともや
2019年10月14日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

 一般的に、メディアコンバーターの配置は銅線がファイバに接続し、ネットワーク管理者が従来の銅線ケーブルの伝送距離の制限を克服できます。ファイバメディアコンバーターの1つのタイプとして、PoEメディアコンバーターもこれらの状況で機能します。PoEメディアコンバーターについてどれだけ知っていますか?それを使用する方法は何ですか?この記事の目的は、PoEメディアコンバーターの基礎を説明し、より多くの情報をご理解できることです。

PoEメディアコンバーターとは何ですか?

 従来、ファイバメディアコンバーターはデータのみを送信できます。 PoEメディアコンバーター は、ユーザーがイーサネットファイバリンクを作成するのに役立つだけでなく、UTPネットワークケーブルを介して1つまたは2つの受電装置(PD)に電力を供給する電源装置(PSE)デバイスとしても機能します。

 以下に示す10/100/1000M PoEメディアコンバーターのようなPoEメディアコンバーターを使用することにより、ファイバリンクを実装および最適化するための柔軟で費用対効果の高いソリューションを提供します。また、PoEメディアコンバーターは、他のすべての イーサネットメディアコンバーターと同様に、イーサネットケーブルの距離制限を破り、光ファイバを通じてネットワーク距離を遠隔PDに拡張します。例えば、元のVoIP電話、無線アクセスポイント、防犯カメラ、温度制御システムにおける販売時点(POS)端末、さらには機内エンターテインメントシステムなどです。

poe-media-converter.jpg

PoEメディアコンバーターはどのようにして動作するのか?

 PoEメディアコンバーターは、2つのアプリケーションで動作します。PoEメディアコンバーターは、データのみを送信するか、データと電力を送信します。次の図は、PoEメディアコンバーターがアクセスポイントに電力を供給しながら、ファブリックスイッチと無線アクセスポイント間のファイバと銅線の接続を提供する方法を示しています。

 ファイバは、ファイバから銅への変換を行う便利なACまたはDC電源の近くにあるPoEメディアコンバーターまで長距離にわたって実行されます。UTPケーブルのもう一方の端は、PoEメディアコンバーターから最大100メートル離れた無線アクセスポイントです。

PoE media converter applications.jpg

PoEメディアコンバーターの使用方法

 PoEメディアコンバーターの3つの主なアプリケーションは、ファイバ~IPカメラ、ファイバ~無線アクセスポイント、ファイバ~デスクトップです。ここでは、PoEメディアコンバーターのアプリケーションを説明するために、ファイバからIPへのカメラを例として取り上げます。

 展開プロセスを開始する前に、次のデバイスへのアクセスを確認してください: 一つのギガビット ファイバスイッチ、一つの10/100/1000M PoEメディアコンバーター、一つのIPカメラ、一つのネットワークケーブル(Cat5e/Cat6など)、一つのファイバパッチケーブル(OS2/OM4など)、および2つのSFP光モジュール。

  ステップ1:SFPモジュールをPoEメディアコンバーターのファイバポートに挿入し、SFPモジュールをスイッチのSFPポートに挿入します。

  ステップ2:光ファイバケーブルをPoEメディアコンバーターのSFPモジュールに接続し、ケーブルのもう一方の端をスイッチに接続します。

  ステップ3:UTPイーサネットケーブルを使用して、PoEメディアコンバーターのRJ45ポートとIPカメラを接続します。

 以下のビデオは、PoEメディアコンバーターの理解を深めるのに役立ちます。


PoEメディアコンバーターの購入ガイド

 ネットワークのニーズに最適なPoEメディアコンバーターはどのように選択しますか?いくつかの点を考える必要があります。

 データレート: PoEメディアコンバーターのデータレートを最初に考慮する必要があります。市場には10M、100M、1000M、10/100M、10/100/1000M PoEメディアコンバーターがあり、必要に応じて選択できます。

 ポート数とポートタイプ: ほとんどの場合、PoEメディアコンバーターは1つのファイバポートと1つのRJ45ポートを備えていますが、1つまたは2つのファイバポートと4つのRJ45ポートなど、複数のポートを備えたPoEメディアコンバーターもいくつかあります。

 シングルモードまたはマルチモード: 伝送メディアに応じて、PoEメディアコンバーターはシングルモードコンバーターとマルチモードコンバーターに分けられ、伝送距離と使用可能な光モジュールに影響します。

 シングルモードまたはマルチモード: 伝送メディアに応じて、PoEメディアコンバーターはシングルモードコンバーターとマルチモードコンバーターに分けられ、伝送距離と使用可能な光モジュールに影響します。

 動作温度:特に産業用PoEメディアコンバーターが必要な場合、 メディアコンバーターの動作温度を確認して、拡張温度(-40°C〜125°C)で動作できるかどうかを確認してください。

 標準: 一般的に、PoEメディアコンバーターはIEEE802.3af、IEEE802.3at、またはIEEE802.3btに準拠しています。PoEメディアコンバーターはこれらの標準をサポートするかどうかを確認してください。そうでないと互換性の問題を起こす可能性があります。

1.0k

おすすめのコンテンツ