https://img-en.fs.com/images/solution/use-10gbase-t-switch-to-upgrade-network.jpg

10Gbase-tスイッチを使用してネットワークをアップグレードする方法

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-20-10.jpg

Sheldon

翻訳者 ともや
2018年7月2日 に投稿された
2020-10-26 22:21:14
829
48 ポート 10gbase-t スイッチ

10Gbase-tスイッチを使用してネットワークをアップグレードする方法

10ギガビットイーサネットの必要性は、すべての市場とビジネスタイプに及んでいます。また、10G銅スイッチは、優れた設計の柔軟性、インフラストラクチャの簡素化などの利点により、幅広い導入が可能です。10Gbase-tサポート、10G銅スイッチ、または10Gbase-Tスイッチにより、標準のRJ45イーサネットジャックを使用できます。また、既存の銅線イーサネットケーブルを使用して、ネットワークのパフォーマンスを10GbEまで向上させながら、ネットワークの変更を最小限に抑えることができます(cat6から45mまで、cat6a/cat7から100mまで)。この記事では、10G銅スイッチについて紹介します。なぜ、10G銅スイッチを使用するのですか?

10Gbase-tスイッチを使用する理由

まず、SFP+ファイバやSFP+ DAC、10G銅線スイッチ、10Gbase-tスイッチなどの他の10G接続と比較して、IT管理者はデータセンター内のデバイスを接続し、最上部のラックの中間に柔軟に対応できます 行および終端のネットワークトポロジを管理します。さらに、既存の構造化されたケーブルシステムと連携する10Gbase-tスイッチは、IT管理者にサーバー配置の柔軟性を提供します。

表1:10Gbase-tスイッチは、他の10G代替品に比べて設計の柔軟性が高くなっています。

  ネットワークアーキテクチャ 接続性
SFP+フェーズ フレームのトップ(ToR) ToRスイッチから集約レイヤスイッチへのアップリンク
中段(MoR) サーバとMoRスイッチとのキャビネット間接続
シリーズの終わり(EoR) サーバとEoRスイッチとのキャビネット間接続
コアネットワーク バックボーン
IDA/HDA/MDA TIA 942-Aによる中間、水平および主要な流通地域
MD/ZD/EO 主な流通業者、ゾーンディストリビューター、およびISO 24764
SFP + DACケーブル ラックの上部 サーバからToRスイッチへの機内ネットワーク接続
10GBASE-T フレームのトップ(ToR) ToRアップリンクが集約レイヤスイッチに切り替わります。 サーバからToRスイッチへの機内ネットワーク接続
中段(MoR) MoRスイッチへのサーバーのイントラキャビネット接続
シリーズの終わり(EoR) サーバとEoRスイッチとのキャビネット間接続
IDA/HDA/MDA TIA 942-Aによる中間、水平および主要な流通地域
MD/ZD/EO 主な流通業者、ゾーンディストリビューター、およびISO 24764

次に、10Gbase-tは1000base-tと下位互換性があるため、10Gbase-tスイッチは、cat6およびcat6aケーブルでケーブル接続された従来のGbit/sおよび100Mbit/sサーバ接続との自動ネゴシエーション/選択および通信が可能です。低速をサポートできないファイバベースのシステムでは、10GbEスイッチのアップグレードに加えて、卸売りのリッピングおよび交換用サーバのアップグレードが必要になることがあります。したがって、10G銅スイッチは、10GbEへの容易な移行を提供する一方、ITのコスト削減を支援します。

10gbase-t-スイッチ言い換えれば、10Gbase-tスイッチは、最も柔軟性があり、最も低コストのメディアを提供し、既存のギガビットイーサネットネットワークと下位互換性があります。

FS S5850-48T4Q 10GBase-Tスイッチのハイライト

FS S5850-48T4Q 10GBase-Tスイッチは、中小企業から企業に至るネットワーク要件を満たすワイヤスピードレイヤ2/3パフォーマンスを提供します。S5850-48T4Q 10Gb銅線スイッチは、標準的なRJ45インターフェイスと40Gbpsで動作する4つのアップリンクポートを備えた48Mオートネゴシエーション100Mb/1000Mb/10GBASE-Tポートを備えています。これらのQSFP +インターフェイスは、40Gbpsポートまたは4つの10Gbpsポートとして動作し、合計64個の10Gbpsポートを提供します。FSは、1ポートあたり400ドルの多くの10GBase-T銅ソリューションと比較して、ポートあたり80ドル未満で、この手頃な価格の10GBase-Tスイッチで業界の価格障壁を打ち破っています。

低消費電力

初期の10GBase-Tデバイスの重要な問題の1つは、ファイバベースの製品に比べて電力消費が大きかったことです。FS 10GBase-TスイッチS5850-48T4Qは、より省電力です。標準消費電力が7ワット/ポート未満の10Gb銅線スイッチは、業界最高の電力効率をデータセンターに提供します。FS 10GBase-T銅スイッチには、システムによってリアルタイムで監視される温度とステータスの2つのプラガブルな冗長電源とファンがあります。ファンは、サーバラック内のToR/EoRスイッチとしての配備をターゲットとし、最適なエアフローを実現するインテリジェントな速度制御機能をサポートしています。

設定可能なL2/L3ネットワーク機能

S5850-48T4Q 10GBase-Tスイッチは、レイヤ2およびレイヤ3でワイヤスピードスイッチングを実現し、データセンターのネットワーク設計を迅速かつ簡単に行うことができます。この10GbE銅線スイッチはMLAG機能を備えているため、すべてのインターコネクトをアクティブ/アクティブモードで使用できるため、システムレベルの冗長性とネットワークレベルの復元力を提供します。MLAG機能により、2つのFSスイッチを相互接続し、STPまたはLACPなどのL2プロトコルの目的で1つの論理スイッチとして使用できます。

高度なセキュリティ機能

S5850-48T4Qの10GBase-Tスイッチには、ストーム制御やIGMPスヌーピングなどの高度なセキュリティ機能が搭載されています。

簡単なトラブルシューティング

S5850-48T4Q 10GBase-Tスイッチは、トラフィック分類、ループバック検出、およびACLフィルタリング(標準ACLおよび拡張ACL)を備えています。

 

S5850-48T4Q 10GBase-Tスイッチ導入シナリオ

前述のように、FS 10GBase-Tスイッチは、データセンター環境でTop of Rack(ToR)およびEnd-of-Row(EoR)またはリーフスイッチとして使用できます。この10Gb銅線スイッチがこれらのケーブル接続環境にどのように適合するかを見てみましょう。

ToR / EoRアーキテクチャ用

ToRアーキテクチャでは、S5850-48T4Q 10GBase-Tスイッチが各サーバーラックの上部にあり、既存の1000Base-Tまたは従来のスイッチとサーバーをcat6aパッチコードを使用して新しい10GbE装置に柔軟に接続できます。EoRは通常、効率的なケーブル構成を提供するために標準構造ケーブルを採用しているため、ユーザーは10GBase-Tスイッチを最大限に活用できます。また、Base-Tケーブルを使用したEoRネットワークが最も一般的なレイアウトになりました。

10gbase-t-スイッチ

スパインリーフアーキテクチャの場合

リーフスイッチとして機能する10GBASE-TスイッチS5850-48T4Qは、10GbEルーター、サーバー、データセンター環境のバックボーンへの接続性をより柔軟にします。ここでは、スパインスイッチとしてFS S8050-20Q4Cスイッチを使用し、リーフスイッチとして10Gbase-TスイッチS5850-48T4Qを使用してトポロジを示します。

10gbase-t-スイッチ

概要

すべてのデータセンターアーキテクチャに使用できる10G銅スイッチまたは10Gbase-tスイッチは、今日のネットワークで広く使用されています。あなたが10GBase-Tの銅線スイッチに切り替えるのを控えていたなら、あまりにも長く待たないでください。FS S8050-20Q4C 10GBase-Tスイッチの詳細については、sales@fs.comまでお問い合わせください。