キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/analog-video-networks-1024x664.png

メディアコンバータを用いたビデオセキュリティと監視ネットワークの設計

Sheldon

翻訳者 ともや
2019年7月20日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

メディアコンバータを用いたビデオセキュリティと監視ネットワークの設計

メディアコンバータは、1つのメディアタイプを別のメディアタイプに簡単に変換する方法を提供するためにネットワークの物理層で機能する複数のタイプに分けられるシンプルで柔軟なデバイスです。メディアコンバータの最も一般的な機能は、1つのタイプの信号をシングルモードファイバに伝送することです。そのことによって、または他の変更を加えることなく既存の銅ベースのネットワークに光ファイバケーブルを導入することによって距離拡大を達成することです。ネットワークをアップグレードするには、より多くの費用と人員または時間を節約するための理想的なソリューションです。ネットワーク内のほぼどこでもインストールできるため、メディアコンバータは一般的に使用されています。それだけでなく、市場で入手可能なメディアコンバータはインストールを除き、他の多くの機能を実行するように設計されています。ビデオセキュリティおよび監視システムは、メディアコンバータを広く使用している分野の1つです。 この記事では、CCTVカメラネットワーク用の光ファイバメディアコンバータの使用方法について、詳しいソリューションを提供します。

ビデオセキュリティと監視ネットワークについての紹介

ビデオのセキュリティと監視は必要なことです。今日ではほとんどの産業と日常生活に密接に関係しており、さまざまな環境のアプリケーション用に設計されたため、色々なタイプのビデオセキュリティおよび監視ネットワークが構築され、カメラは私たちが住んでいる町のほぼどこにでもあり、企業や政府に大きな利益をもたらします。その中で、アナログビデオネットワークとIPビデオネットワークは、セキュリティと監視ビデオ送信に最も一般的に使用されている2つのタイプです。前者は後者よりも前に発明されたもので、アナログ閉回路テレビ(CCTV)カメラを使った狭い範囲でのビデオ監視のための費用対効果の高いソリューションです。自宅でのビデオセキュリティにも適しています。

一方、IPビデオはより進歩しており、大規模でより良い画質とネットワークパフォーマンスを提供できます。IPビデオ監視ネットワークの最大の特徴は、各カメラが独自のIPアドレスを持ち、撮影した内容は自分だけでなくビデオネットワーク全体で他のカメラと共有することができます。現在、より高い伝送速度、画像品質およびより長い伝送距離が要求されると共に、光ファイバケーブルがビデオネットワークにおいて広く使用されています。従って、2つの監視ネットワークの両方で、ファイバと銅線の間の変換やビデオからファイバへの変換などのメディア変換が必要になります。次では、cctvに光ファイバメディアコンバータを使用するケーブルソリューションを提供します。

アナログビデオネットワークケーブルインフラストラクチャ

一般的なアナログビデオネットワーク(上の写真)では、アナログCCTVカメラは、同軸ケーブルを介して中央管理室またはデバイス(VCR - ビデオカセットレコーダーまたはDVR -デジタルビデオレコーダー)に接続されています。カメラにPTZ(パン-チルト-ズーム)機能がある場合は、追加のコントローラーが追加されます。

前述のように、性能と伝送距離は銅ケーブルを使用することによって制限されます。より固定されたアナログカメラとPTZアナログカメラを接続するには、光ファイバケーブルをこの一般的なネットワークに導入する必要があります。そうすると、ファイバメディアコンバータが最適なソリューションです。次の図は、このネットワークで光ファイバケーブルを使用している一般的なアナログビデオ構造の基本構造またはアップグレード版を示しています。

固定アナログカメラをサーバールームに接続するには、サーバールームとカメラの間に一対のファイバーメディアコンバーターを追加する必要があります。ビデオ信号は光ファイバ信号に伝送されます。アナログPTZカメラでは、ビデオ用とデータ用の2種類の信号を光ファイバ信号に変換する必要があります。その中で、1つはビデオ用、もう1つはデータ用です。したがって、2つの機能をカバーする2つの異なるメディアコンバータまたはファイバメディアコンバータをインストールする必要があります。

周知の通り、ファイバメディアコンバータはペアで使用される必要があります。一方のメディアコンバータは、カメラ側のファイバエンドに配置されているため、もう一方のメディアコンバータは、サーバルーム側の他のファイバエンドに配置する必要があります。より良い管理を実現するために、サーバールームの近くのファイバー側にあるすべてのファイバーメディアコンバーターは、管理されたファイバーメディアコンバーターラックシャーシに設置することができます。

IPビデオネットワークケーブルインフラストラクチャ

一般的なIPビデオ監視ネットワーク(上の写真)では、IPカメラはローカルエリアネットワークに直接接続されており、UTPケーブルとスイッチを通してIPネットワークを介してビデオを転送します。PoE IPカメラは、時間を節約し、費用対効果の高いソリューションです。ビデオはネットワーク上のどのPCまたはサーバーにも記録できます。この典型的なIPビデオネットワークに光ファイバケーブルを導入するための方法は、上の段落で説明したように、アナログビデオネットワークに光ファイバを導入することに類似しています。

以下の場合(次の写真)、PoE IPカメラが使用されています。ビデオとファイバ間の変換を実現するには、一対のPoEメディアコンバータを1本の光ファイバケーブルの両端に取り付ける必要があります。ビデオが記録されるコンピュータ側では、一対のイーサネットメディアコンバータをインストールする必要があります。ネットワークスイッチの近くにあるcctv用のすべての光ファイバメディアコンバータは、スイッチに接続する前に管理対象メディアコンバータシャーシに配置できます。

ビデオセキュリティと監視ネットワークソリューション

次の表は、アナログビデオおよびIPビデオのセキュリティおよび監視ネットワークに必要なcctv用の関連光ファイバメディアコンバータを示しています。次の表の番号は上の図で強調表示されており、対応するデバイスを表しています。詳しい情報についてはsales@fs.comまでご連絡ください。

ナンバー 製品
1 ファイバビデオコンバータ
2 RS-485/RS-232コンバータ
3 マネージドファイバメディアコンバータシャーシ
4 PoEメディアコンバータ
5 イーサネットメディアコンバータ

1.6k

おすすめのコンテンツ