キャンセル
https://media.fs.com/images/community/wp-content/uploads/2018/08/voice-vlan-configuration-example.jpg

音声VLANの説明:基本、設定およびFAQ

Howard

翻訳者 ともや
2018年8月21日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

IPベースのイーサネットネットワークでは、音声VLANは音声データ伝送の品質を確保するために不可欠です。それは何ですか?音声VLANはどのように機能しますか?音声VLANの利点は何ですか?この記事から、これらの質問に対するすべての回答と音声VLANに関するその他のFAQを受けられます。

音声VLANは何ですか?

音声VLANは、ユーザーの音声データストリーム専用に割り当てられたVLAN(仮想ローカルエリアネットワーク)です。他のトラフィックと一緒に送信する場合の送信優先度を改善することにより、音声トラフィックの品質を保証することができます。つまり、他のサービス(データ、ビデオなど)が同時に送信される場合、音声サービスが優先され、より高い転送優先度で送信されます。

音声VLANはどのように機能しますか?

音声データストリームの優先度を上げるには、最初にそれらを識別する必要があります。音声VLANは2つの方法で音声データストリームを識別することができます。1つは、受信したパケットの送信元MACアドレスを識別すること(MACアドレスベースのモード)です。そして、もう1つは、受信したパケットのVLANタグを識別すること(VLANベースのモード)です。

MACアドレスベースのモードでは、ネットワークスイッチは、インターフェイスに入るデータパケットの送信元MACアドレスフィールドに従って、データストリームが音声データストリームであるかどうかを判別することができます。次の図に示すように、PCとIP電話から送信されたパケットを受信した後、スイッチは次の処理を実行します。送信元MACアドレスがスイッチに設定されたOUI(組織固有識別子)と一致する場合、音声VLANのタグがパケットに追加され、パケットの優先度が上がります。送信元MACアドレスがOUIと一致しない場合、PVIDのVLANタグがパケットに追加され、パケットは優先的に送信されません。

VLANベースのモードでは、ネットワークスイッチは、インターフェイスに入るパケットのVLAN IDに基づいて、データパケットが音声パケットであるかどうかを判別します。次の図に示すように、IP電話は最初にネットワークスイッチにパケットを送信します。次に、スイッチはパケットを受信し、関連するフィールドに音声VLAN情報を追加してから送り返します。音声VLAN情報を付くパケットを受信した後、IP電話はタグ付きの音声パケットを再度送信します。タグがスイッチで設定された音声VLANと一致する場合、スイッチはパケット優先度を転送します。このようにして、ネットワークが混雑している場合、スイッチは音声パケットの優先送信を保証することができます。

音声VLANの利点は何ですか?

音声VLANを使うことには三つの主要な利点があります。

第一に、VoIP(ボイスオーバーインターネット電話)デバイスがデータVLANのすべての放送およびその他のトラフィックと直接競合する必要がないことを保証します。ネットワークスイッチで802.1Qを使用してアップリンクで複数のVLANが構成およびトランキングされている場合、IPネットワークでのQoS保証に使用することができます。

第二に、音声VLANは、状況によってはネットワーク構成を簡素化できます。TCPおよびUDPポートのさまざまな範囲を指定するより、QoSのパケットをマークする方が簡単です。同様に、すべてのVoIP電話が同じサブネットにある場合、TFTPおよびVoIP電話用の特別なDHCPサービスの設定は簡単です。

第三に、音声VLANは802.1pサービスクラス(CoS)優先度またはDSCP(差別化されたサービスコードポイント)優先度をサポートするため、さまざまな音声サービスに優先順位を付けるために使用できます。

音声VLANに関する紛らわしい質問

1.音声VLANの構成方法

上記の音声VLANの原則によれば、音声VLAN設定には2つのモードがあります。

MACアドレスベースモードでは、音声VLANは3つの主要な手順で設定されます。

1. スイッチでVLANを作成し、VLANにインターフェースを追加して、レイヤ2インターワーキングを実現します。

2. 受信したパケットの送信元MACアドレスと一致するようにOUIを構成します。

3. インターフェイスで音声VLAN機能を設定します。

MACアドレスベースモードでは、音声VLANを設定するための2つの主要な手順があります。

1. スイッチでVLANを作成し、VLANにインターフェイスを追加して、レイヤ2インターワーキングを実現します。

2. VLANを音声VLANとして設定し、VLANベースの音声VLANを使用します。

詳細については、FS S3900シリーズスイッチの音声VLAN設定を参照してください。

2. 音声VLAN適用されるシナリオは何ですか?

音声VLANは通常、大企業や金融業界など、IP電話があるシナリオで使用されます。これらの場所では、オフィスが広く分散し、スタッフが散在しているため、IP電話の頻繁なマルチパーティ通信の必要性が高まっています。データサービスのためにPCを接続する必要がない場合、通常、音声VLANは会議室で使用されます。

3. 3.音声VLANをサポートするネットワークスイッチ

すべてのネットワークスイッチが音声VLAN技術をサポートしているわけではありません。通常、PoEスイッチは音声VLANをサポートし、FS S1150-8T2F, S3260-8T2FP, S1400-24T4FなどのIP電話に電力を供給できます。他のスイッチ(FS S3900/S5800/S5850シリーズスイッチなど)は音声VLANをサポートする場合がありますが、それらに接続されたIP電話に電力を供給することができません。

1.8k

おすすめのコンテンツ