https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201910/25/cxp-module-overviewjpg.jpg

100G CXPモジュールとその使用方法

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-19-6.jpg

Moris

翻訳者 ともや
2019年10月25日 に投稿された
2020-10-31 00:02:38
366

テクノロジーの発展に伴い、100Gモジュールが正式に公開され、データセンターネットワークの帯域幅要件の増大に対応しています。たとえば、100G QSFP28( 100G QSFP28光モジュールの比較を学ぶ)、100G CFPモジュール(CFPモジュールの包括的な理解を参照する)および100G CXP光モジュール。この記事では、定義、動作原理、アプリケーション、FAQを含む100G CXPモジュールの紹介を続けます。

100G CXP光モジュールWiki

100G CXP光モジュールWiki


100G CXP Optical Transceiver.jpg

図1:100G CXP光トランシーバー

100G CXPはどのように機能しますか?

100G CXPには、850nm VCSEL(垂直キャビティ面発光レーザー)テクノロジー、PINアレイテクノロジー、および統合されたレーザードライバーとレシーバーICテクノロジーが組み込まれています。CXPモジュールは、850nmの公称波長を使用してマルチモードファイバーシステムで動作するように設計されています。その電気的インターフェイスは84接点エッジタイプコネクタを使用し、光インターフェイスは24芯MPOコネクタを使用します。通常、CXP光モジュールは、12チャネルの10 Gbps電気信号を12チャネルの850nm光信号に変換し、2x12芯または24芯MPO/MTP MMFを使用してデバイス(ネットワークスイッチ、サーバーなど)を接続します。

100G CXP Module Working Principle.jpg

図2:100G CXPモジュールの動作原理

100G CXPモジュールアプリケーション

CXPオプティクスは、さまざまな高密度120Gbps接続ソリューションを顧客に提供します。2つのネットワークスイッチまたはサーバー間の120Gbps直接接続に使用するか、3x40Gbpsおよび12x 10Gbps接続に分割できます。

120Gbpsから120Gbpsの直接接続

100G CXP 120G-120Gの直接接続は、1本の24芯MTPトランクケーブルで実現できます。図3は、24芯MTPメス-メスOM4トランクケーブル、タイプBによるネットワークスイッチ間のアプリケーションを示しています。

100G CXP 120G to 120G Direct Connection.jpg

図3:100G CXP 120Gから120Gへの直接接続

120Gbpsから3x 40Gbpsへの相互接続

このCXPモジュール120Gbpsから3x 40Gbpsへの相互接続ケーブルソリューションでは、図4に示すように、1つの120G CXPを24芯MTPから3x 8芯MTPマルチモード変換ハーネスケーブルによって3xQSFP+に分割できます。120Gbps伝送は3x 40Gbps伝送に分割され、各QSFP+は12芯MTPハーネスケーブルを介して10Gスイッチに配信できます。

CXP Module 120Gbps to 3x 40Gbps Interconnection.jpg

図4:CXPモジュール120Gbpsから3x 40Gbpsへの相互接続

120 Gbpsから12x 10 Gbpsへの相互接続

CXPモジュールの120 Gbpsから12倍の10 Gbps伝送では、1つの120G CXPが12倍の10 G SFP+モジュールに分割され、24芯のMTPから12倍のLCハーネスケーブルがその役割を果たします。図5は、カスタマイズされた高密度メス24芯MTPから12x LCデュプレックスOM4ブレークアウトケーブルを使用して、伝送を完了します。

CXP Transceiver 120Gbps to 12x 10Gbps Interconnection.jpg

図5:CXPトランシーバー120Gbpsから12x 10Gbpsへの相互接続

ご注意ください:

  • 100G CXPモジュールは、同じ波長850nmであっても、QSFP-SR4-100Gモジュールと接続できません。100G QSFPは4x10Gまたは4x25Gインターフェイスのみをサポートするため、サポートされるデータレートは4x10 Gbit/sまたは4x25 Gbit/sです。ただし、120G CXPは12x10 Gbit/sで配信します。

  • CXPモジュールがMTPハーネスケーブルで接続されている場合、850nm波長のSFP+モジュールでのみ動作しますが、他の波長では動作しません。

結論

上記から、100G CXPモジュールについて明確に理解できました。独自の設計と技術により、短距離伝送に非常に適しています。また、100G CXPは、120Gbps、3x 40Gbps、12x 10Gbps接続など、さまざまな要件に合わせてさまざまな接続で使用できます。