日本語

専用サーバーとは?意味・メリット・ほかのサーバーとの違いを紹介

共用サーバー/VPSサーバー/クラウドサーバーとの違いについて

Posted on 7月 12, 2022
68

 デジタル変革による市場の要求の高まりに直面している多くの企業は、現在および将来のデータニーズを満たす信頼性と拡張性の高いインフラを確保するために、ホスティングプランを見直しています。この記事では、広く採用されて専用サーバーについて詳しく説明します。

目次

専用サーバーとは

専用サーバーのメリット

共用サーバー・VPSサーバー・クラウドサーバーとの違い

 

専用サーバーとは

 レンタルサーバーは大きく分けて、「専用サーバー」と「共用サーバー」に分類されます。多くのユーザーが1つのサーバーを多くの企業などで共用・利用できる共用サーバーに対して、専用サーバーは1つのサーバーを1企業などで独占・専用利用できるため、ネットワークや専用ファイルサーバーの実装など、ホスティングやプロビジョニングなどのサービスを提供することが可能です。

 

専用サーバーのメリット

専用サーバーのメリット

パフォーマンスの向上

 専用サーバーは、より多くの計算リソースを利用できるため、他のホスティングオプションよりも優れたパフォーマンスを提供します。例えば、ピーク時に大量のトラフィックを処理する場合は特に、ウェブサイトがクラッシュする可能性が低くなり、大幅に多くの帯域幅を持つことになります。

専用リソース

 共用サーバーは、複数のユーザーでサーバーを共有するため、他のユーザーがサイトにアクセスが集中してWeb サイト運用が停止されるといった影響を受けやすいです。

 上記が述べた通り、専用サーバーは1企業・1などで独占・専用利用できるため、ほかの利用者の影響を受けません。より安定したサイト運用に優れています。

カスタマイズ

 専用サーバーのもう一つの重要なメリットは、サーバーにインストールされているハードウェアを、お客様独自のニーズに合わせてカスタマイズするようプロバイダーに依頼できることです。他のユーザーとサーバーリソースを共有する場合、ホスティングプロバイダーがすべてのクライアントの固有のニーズに対応することは困難であるため、このオプションは不可能です。カスタマイズが難しい場合は、お客様のニーズを満たす既製の専用サーバーを選択することができます。

全てのファイルにアクセスが可能

 専用サーバーには「root権限」(システム管理者用のアカウントに付与されるほぼすべての操作が可能な権限のこと)があるため、サーバーにインストールされる全てのファイルにアクセスが可能です。そのため、大量アクセスに対応したり、大きいストレージやメモリの容量を使用したりできる高スペックサーバーを構築できます。

自由度が高い

 「root 権限」を持つ専用サーバーは、OSやソフトウェアコードやミドルウェアなども自由に選択することができます。例えば、独自のセキュリティポリシーを設定している場合、専用サーバのほうがカスタマイズでき、不要なサービスを停止することができます。また、「root 権限」も利用者側になるため自由度が高いです。

 

共用サーバー・VPSサーバー・クラウドサーバーとの違い

  専用サーバー 共用サーバー VPSサーバー クラウドサーバー
コスト 高価 安価~普通 安価~普通 普通~高価
特徴 サーバーを独占・専用可能 サーバーを複数人で利用 サーバーを複数人で利用 サーバーを複数人で利用
処理能力 高い 普通 普通 普通~高い
カスタマイズ 可能(OSやミドルウェアなど) 可能(一部のOS) 可能(一部のOS) 可能(一部のOS)
他ユーザーからの影響
大量アクセスに対応 従量課金制のため、利用料による
利用できる期間 長期 短期 短期 非常に短期
0

あなたにおすすめの記事