キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/what-is-a-lan-switch.jpg

LANスイッチとSANスイッチ(FCスイッチ/ファイバーチャンネルスイッチ):違いは何ですか?

Charlene

翻訳者 ともや
2019年5月3日 に投稿された



 今日、多くの組織がローカルエリアネットワーク(LAN)やストレージエリアネットワーク(SAN)などのデータストレージパフォーマンスの永続的な要求を満たすために、独自のストレージシステムネットワークを構築し始めています。LANは、異なる地理的領域内のサーバーへの共通の通信回線またはワイヤレスリンクを共有するコンピューターおよび周辺機器のグループです。SANは専用の高速ネットワークまたはサブネットワークであり、ストレージデバイスの共有プールを相互接続して複数のサーバーに提供します。

LANスイッチとは何ですか?どのように機能しますか?

 LANスイッチングは、パケットスイッチングの1つの形式で、データパケットがLANネットワークを介して1つのコンピューターから別のコンピューターに転送されます。LANスイッチングテクノロジーは、ネットワーク設計の重要な部分であり、LANの全体的な効率を改善し、既存の帯域幅の問題に対処するのに役立ちます。LANスイッチングには、主に4種類のスイッチが含まれます。ハードウェアベースのレイヤ2スイッチング、レイヤ3スイッチング、レイヤ4スイッチング、およびマルチレイヤスイッチング(MLS)です。 これら3つのレイヤスイッチング(2、3、および4)はすべて、MLSで結合されます。

_1568015502_CfMDz1BiSO.jpg

 LANスイッチはIPベースのイーサネットスイッチで、相互接続されたポートとリンクのネットワークを介してトランスミッターとレシーバーを柔軟に接続し、多数のエンドユーザーがネットワークリソースを共有できるようにします。LANスイッチは、複数の同時送信をサポートするパケットスイッチで、各フレームの宛先アドレスを読み取り、ターゲットデバイスに関連付けられたポートに直接転送します。LANスイッチは、ユーザーグループのニーズに対応し、共通のリソースを共有し、頻繁に相互通信できます。LANスイッチを介して、大量のトラフィックを比較的小さなLANセグメントに制限し、LAN全体の輻輳を大幅に削減できます。

SANスイッチとは何ですか?

 まず、SAN(ストレージネットワークSAN:Storage Area Network)はコンピュータシステムに接続されたストレージデバイスとスイッチの特殊な高速ネットワークです。ストレージとホストを物理的に分離して、さまざまなストレージデバイス間でデータを移動し、複数のサーバー間でデータを共有し、データを迅速かつ効率的にバックアップおよび復元できるようにします。

 SANスイッチ(ファイバーチャネルスイッチとも呼ばれます)については、イーサネットプロトコルまたはファイバーチャネルプロトコルに基づくSANの基本コンポーネントです。SANスイッチを使用すると、ホストサーバーからスイッチへ、またはストレージアレイからスイッチへのパスに障害が発生した場合に、管理者はパスの冗長性を設定できます。SANスイッチは、データパケットヘッダーを調べ、コンピューティングデバイスの送信元と宛先を決定し、パケットを目的のストレージシステムに送信します。

LANスイッチとSANスイッチの違い

 LANスイッチおよびSANスイッチは、LANおよびSANの重要な部分です。しかし、これらの2種類のスイッチの違いは何ですか?次の部分では、LANスイッチとSANスイッチの違いを分析します。

パフォーマンス

 一般に、LANスイッチは標準の銅線および光インターフェースを使用し、IPベースのイーサネット上で稼働します。ハードウェアベースのレイヤ2 LANスイッチには、データ転送速度が速く、待ち時間が短いという利点があります。VoIP、QoS、帯域幅レポートなどの一部の機能で優れたパフォーマンスを発揮します。レイヤ3 LANスイッチは、ルーターと同様の機能を提供します。レイヤ4 LANスイッチについては、TelnetやFTPなどの追加アプリケーションを提供するレイヤ3 LANスイッチのアップデートバージョンです。さらに、LANスイッチは、TCP/IP、TCP/UDP、IPX、およびApple Talkを含む複数のプロトコルをサポートできます。つまり、LANスイッチは、ネットワークの導入が簡単で、価格が安価であるという利点を持つエンタープライズ/高度なスイッチです。

 SANスイッチは、iSCSIストレージネットワークに基づいており、ファイバチャネルとiSCSIテクノロジーを組み合わせています。SANスイッチがLANスイッチよりも優れたストレージ機能を備えていることです。SANスイッチは、イーサネットスイッチにすることもできます。理想的な状況では、イーサネットベースのSANスイッチは、パフォーマンスの予測可能性を維持するために、インターネットプロトコル(IP)SANのストレージトラフィックに使用されます。その間、SANスイッチを組み合わせて、何千ものサーバーとストレージポートを相互接続する大きなSAN構造を構築できます。

アプリケーション

 LANスイッチは、イーサネットに代わるトークンリングおよびFDDIネットワークで使用できます。LANスイッチは、ローカルエリアネットワークの全体的な効率を向上させ、既存の帯域幅の問題に上手く使用して対処します。

LAN Switch Application.jpg

 SANスイッチは、低レイテンシとロスレスデータ伝送を備えた高性能ネットワーク用に設計されています。また、高パフォーマンスのファイバチャネルネットワーク上で重いトランザクション負荷を処理するように特別に設計されています。

San Switch Application.jpg

LANまたはSANスイッチの選択方法は何ですか?

 スイッチを選択する場合は、要件とニーズをよく理解する必要があります。LANスイッチは、主にトークンリングおよびFDDIネットワークに使用され、低コストで高性能のメリットを備えています。SANスイッチは、低遅延でロスレスのデータ転送が可能な高性能ネットワークで利用できます。 IPX、Apple Talkなどのファイル共有プロトコルを使用するスイッチを探している場合は、IPベースのLANスイッチストレージ機器が最適です。ファイバチャネルベースのストレージをサポートするスイッチを探している場合は、SANスイッチを配備できます。

FS S3900シリーズスイッチは、高度で高性能なイーサネットLANスイッチです。 LACP、STP/RSTP/MSTP、802.1Q VLAN、ポートミラー、RSPAN、ERPS、DHCPスヌーピングなど、豊富なL2/L2+機能をサポートしています。さらに、FS S3900シリーズスイッチは、IP SAN(IP SANおよびFC SANを含む)を介してストレージネットワーク上で実行できます。堅牢なハードウェアと強化されたスタッカブル機能を備えているため、キャンパス、エンタープライズネットワーク、データセンターに最適です。

Item S3900-24T4S S3900-24F4S S3900-48T4S
1GbEポート 24 24 48
スイッチング容量 128 Gbps 128 Gbps 128 Gbps
物理スタッキング 最大6台(同じモデル) 最大6台(同じモデル) 最大6台(同じモデル)
フラッシュメモリー 64MB 64MB 64MB
パケット 1.5MB 1.5MB 1.5MB
DDRIII容量 512MB 512MB 512MB
スイッチチップ BCM56150 BCM56151 BCM56150
MACアドレステーブル 16K 16K 16K
ジャンボフレーム 9KB 9KB 9KB
気流 ファンレス 前から後ろへ 左から右へ
最大騒音レベル 0 dB 52 dB 54 dB
電源 デュアルパワー デュアルパワー デュアルパワー
入力電圧 100-240 V AC、50-60 Hz、0.8 A 100-240 V AC、50-60 Hz、1.5 A 100-240 V AC、50-60 Hz、1.5 A
最大システム消費電力 21w 43w 45w

結論

 つまり、LANスイッチとSANスイッチの両方が、データとストレージの移動のための通信パスを提供できます。ただし、LANスイッチはIPに基づいており、SANスイッチはファイバチャネルに基づいています。LANまたはSANスイッチを評価するときは、パフォーマンス要件、サポートプロトコル、およびインターフェイス速度を考慮する必要があります。それでも適切なLANスイッチまたはSANスイッチの選択に困惑している場合は、FSにアクセスしてください。 弊社はいつでも異なるレートでスイッチにさまざまなソリューションを提供しております。

7.5k

おすすめのコンテンツ