https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201910/14/post_1571035091_86PwWR8Nzi.jpg

PoEスイッチとは何ですか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-2-9.jpg

Migelle

2019年10月14日 に投稿された
2020-12-01 22:18:03
7436

PoE技術の主要なアプリケーションとしてのPoEスイッチは、PoE市場とネットワークスイッチ市場の主な原動力となっています。その背後にある理由を理解したい場合、PoEスイッチとは何か、その成長と発展の勢いをリードするものの概要を把握する必要があります。

PoEスイッチとは何ですか?どのように機能しますか?

PoEスイッチとは何ですか? PoEスイッチまたはPower over Ethernetスイッチは、Power over Ethernetテクノロジーを適用するネットワークスイッチです。PoEネットワークスイッチを使用すると、ネットワークを効率的に接続し、イーサネットケーブルを介してPD(受電装置)の電力を供給することも実行できます。現在、あらゆる種類のPoEネットワークスイッチが市場に出回っていますが、 ポート番号によると、普段では市場で8/12/24/48 port PoE switches48ポートPoEスイッチが見られます。ネットワーク経由で制御レベルに切り替えると、非管理型および管理型PoEスイッチが利用可能になります。

How Does PoE Switch Works.jpg

なぜPoEスイッチが必要ですか?

PoEスイッチと非PoEスイッチを比較するときに、なぜPower over Ethernetスイッチが必要なのかは明らかになります。最も基本的なスイッチとして、非PoEスイッチとは、PoEがイーサネット経由でエンドユーザーに電力を供給することができなく、ネットワークデバイスにのみデータを送信できるスイッチのことです。PoEを使用するには、スイッチとPDの間にPoEインジェクターのようなミッドスパン電源供給機器(PSE)を配備する必要があります。このインジェクタまたは他のミッドスパンPSEは、非PoEスイッチに接続されたケーブルからデータ信号を受信しながら電源を増やし、PDにデータと電力を同時に提供できます。 (PoEインジェクターについての詳しい内容は、PoEインジェクターとは何ですか&どうやってPoEインジェクターを利用できますか?をご覧ください)。このアプリケーションでは、インジェクターまたは他のミッドスパンPSEにも電力用のワイヤが必要です。しかしながら、 非PoEスイッチと比較すると, ギガビットPoEスイッチは状況をより簡単にします。PoEスイッチの場合、スイッチ用の1本の電源ケーブルとPDに接続するための1本のネットワークケーブルのみが必要です。その後、データ伝送と電源供給のために、PDはPoEギガビットスイッチポートに直接接続できます。

PoE Switch vs Non-PoE Switch.jpg

PoE vs. 非PoE スイッチの作業モードに基づいて、PoEスイッチは次のような面で利点があります。

柔軟性:追加のPSEおよび延長ケーブルを必要とする非PoEスイッチの制限から解放されたPoEスイッチは、ユーザーのネットワークケーブルに大きな柔軟性を提供します。IP監視カメラのようなPDを必要な場所に応じてインストールすることができます。さらに、PoEスイッチとワイヤレステクノロジーとの組み合わせにより、ケーブルのない環境を実現することもできます。

簡単性:PoE非PoEスイッチのような追加のPSE及びインストール場所を考慮する必要なしのPoEスイッチは、ネットワーク全体の展開を簡素化できます。さらに、優れたPoEスイッチはシンプルなネットワーク管理プロトコル(SNMP)も可能です。これにより、スイッチを監視と管理するためのより簡単な方法を提供します。

費用対効果:PoEネットワークスイッチを利用すると、ユーザーが追加の電線やアウトレットを購入してインストールする必要がないため、設置及びメンテナンスのコストと時間を大幅に節約できます。

PoEスイッチに関するよくある質問

1. PoEスイッチには特別なケーブルが必要ですか?

いいえ、必要はありません。通常、PoEスイッチに使用される イーサネットケーブルは、PoEポートのデータレートのみに依存します。例えば、10/100MではCat3またはそれ以上のケーブルを利用できます。1000M にはCat5/Cat5e/Cat6 ケーブルが必要です。将来2.5G/5G/10G PoEデバイスを展開できる場合、Cat6aまたはそれ以上のケーブルが必要になる可能性があります。しかし、無酸素銅で作られた高品質のイーサネットケーブルを購入するのは間違いありません。

2. コンピューターまたは他の非PoEデバイスをPoEスイッチに接続できますか?また、PoEスイッチは非PoEデバイスにダメージを与えますか?

その答えはPoEネットワークスイッチのタイプによって異なります。パッシブPoeスイッチではなく、アクティブPoEスイッチを使用していることを確認してください。それはアクティブなPoEスイッチにのみ自動検出PoEポートがあり、接続されたデバイスがPoEデバイスであるかどうかを検出できるためです。PoEポートがコンピューターやラップトップなどの非PoEデバイスに接続されている場合、PoEスイッチはPoE機能を持たないものとして検出し、通常のスイッチであるように通信します。そして、電力を供給する代わりに、ポートのデータ通信機能のみを使用します。しかしながら、パッシブPoEスイッチは、端末デバイスがPoEをサポートしているかどうかに関係なく、常に特定の電圧でイーサネットケーブルを介して電流を送信します。そのため、コンピューターやその他の非PoEデバイスが焼損する可能性があります。幸いに、市販のPoEスイッチは基本的にアクティブなタイプです。しかし、一部のベンダーが依然としてパッシブPoEスイッチを提供しています。アクティブPoEスイッチ及びパッシブPoEスイッチについての詳しい内容は、アクティブvs. パッシブPoEスイッチ:どちらを選ぶべきでしょうか?をご覧ください。

3. PoEスイッチを別のPoEスイッチに接続できますか?

はい、できます。デバイスが電力を処理できることを検出した場合にのみ、PSEはPDに電力を供給します。それは2つのPoEスイッチはPSEに属しているためで、データのみを通信します。

4. PoEスイッチ vs. PoE+ スイッチ: 違いは何ですか?

PoEネットワークスイッチとPoE+スイッチとの主な違いは、それぞれが接続されたPoE PDに電力を伝送または供給できることです。Cat5ケーブルで提供される最大のPoE消費電力は、PoE PSEで15.4ワット、PoE + PSEで30ワットです。それに対して、PDが受信した最大の電力はPoE PDで12.95ワット、PoE + PDで25.5ワットです。PoE vs. PoE+ vs. PoE++ スイッチについての詳しい内容は、PoEスイッチ vs. PoE+ スイッチ vs. PoE++ スイッチをご覧ください。

5. PoE管理型スイッチvs.非管理型スイッチ:違いは何ですか?

管理型PoEスイッチスはパニングツリープロトコル(STP)、ポート速度、VLANなどの構成または管理を目的として1つまたはそれ以上のインターフェイスへのアクセスを許可するスイッチです。LANトラフィックの制御を強化でき、 そのトラフィックを制御する高度な機能を提供できます。 逆に、PoE非管理型スイッチは、PCやネットワークプリンターなどのイーサネットデバイス同士の通信のみが許可されます。固定構成が装備済みなので、この構成を変更することはできません。

関連記事

PoE vs PoE+ vs PoE++ スイッチ: 選択方法