キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/cwdm-mux-demux.jpg

CWDM Mux/Demuxとは何ですか?それをインストールする方法はなんでしょうか?

Worton

翻訳者 ともや
2018年10月5日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

CWDM Mux/Demuxとは何ですか?それをインストールする方法はなんでしょうか?

ファイバを追加することなく光ファイバネットワークの容量を拡張するために、粗波長分割多重(CWDM)技術が開発されています。CWDMシステムでは、CWDM MUX DEMUX(マルチプレクサ/デマルチプレクサ)が最も重要なコンポーネントであり、1つのファイバで複数の波長(通常は最大18の個別信号)を伝送することにより、現在のファイバ容量を増加させます。この記事では主にCWDM技術、CWDM MUX DEMUXおよびCWDM MUX DEMUXのインストール方法について説明します。

CWDM Mux Demuxモジュールとは何ですか?

CWDM MUX DEMUXモジュールは、通常1270nmから1610nm(20nm間隔)のさまざまな波長の組み合わせで使用できる受動素子です。通常、CWDM MUX DEMUXは、ファイバケーブルスパンの両端でマルチプレクサまたはデマルチプレクサとして使用できるモジュールです。ただし、ペアで使用する必要があります。ネットワークの始めにCWDMマルチプレクサを使用している場合は、反対側の端にあるCWDMデマルチプレクサを使用して、波長を分離または逆多重化して正しいレシーバに向かわせる必要があります。


cwdm-増幅器


異なるアプリケーションに基づいて、CWDMマルチプレクサデマルチプレクサモジュールを異なるチャネルに設計することができます。典型的な4チャネルMUX DEMUXモジュールを使用して、4つの異なる波長を1つのファイバに多重化します(上の図をご参照)。これにより、4つの異なるデータを同じファイバで同時に送信することができます。

CWDM MUX/DEMUXポート

モニタポート—CWDMまたはDWDM MUX DEMUXのモニタポートを追加して、ネットワークのモニタリングと管理を強化します。

拡張ポート—拡張ポートを異なる波長をサポートする別のCWDM MUX DEMUXのラインポートに接続して、この拡張ポートを使用してチャネルを拡張します。CWDM MUX DEMUXポートの詳細については、次のビデオをご覧ください。

1310nmポートと1550nmポート:WDM MUX/DEMUXの標準チャネルポートは、CWDM SFP/SFP+のようなカラーコード光ファイバトランシーバにのみ接続できます。これらの特殊な設計の1310nmおよび1550nmポートでは、通常の光ファイバトランシーバを通過する信号を他のCWDM波長と組み合わせることができます。

ただし、すべての波長をCWDM MUX DEMUXに追加できるわけではありません。CWDM MUX DEMUXに特別なポートおよびその他の標準的なチャネルポートを追加する方法についての簡単なルールがあります。CWDM MUX DEMUXに1310nmまたは1550nmポートを追加する場合は、0〜40nm以上または1310nm未満または1550nmの波長をMUXに追加することはできません。上記の表は特定の詳細を示しています。

CWDM MUX DEMUXシステムのインストールコンポーネント

基本的なCWDM MUX DEMUXシステムにはローカルユニットと、CWDM MUX DEMUXモジュールおよびリモートユニットとが含まれています。ローカルまたはリモートユニットは、通常、ネットワークスイッチを指します。一般に、CWDM MUX DEMUXモジュールを取り付けるには、モジュールを保持するシャーシを最初に取り付ける必要があります。その後、CWDM SFP/SFP +トランシーバをスイッチに挿入し、シングルモードケーブルを使用して光ファイバトランシーバとCWDM MUX DEMUXモジュール間の接続を実現します。次の表は、CWDM MUX DEMUXシステムのインストールコンポーネントを示しています。

部品名 製品写真 説明
ラックマウントシャーシ 2-Slot Chassis カスタマイズされた空ラックシャーシ(2/3/4/12ピースを収納可能)カスタム小型LGXカセット
CWDM MUX DEMUX CWDM Mux & Demux 2/4/5/8/9/16/18チャネルモニタポート付きCWDM MUX DEMUX 1270nm―1610nm
CWDM SFPモジョール CWDM SFP 1.25Gbps CWDM SFP 1270nm―1610nm 20/40/80/100/120kmトランシーバ
シングルモードファイバケーブル singlemode patch cable LC/LC 9/125 シンプレックス/デュプレックス シングルモードファイバパッチケーブル

CWDM MUX DEMUXシステムのインストール手順

CWDM MUX DEMUXシステムをインストールするには、次の4つの基本ステップがあります。

ラックマウントシャーシの取り付け

CWDMラックマウントシャーシは、標準の19インチキャビネットまたはラックに取り付けることができます。シャーシを標準の19インチラックに取り付けるときは、ラックマウントシャーシをシステムと同じラックまたは隣接ラックに設置して、CWDM MUX DEMUXモジュールとCWDM SFPトランシーバ間ですべてのケーブルを接続できるようにしてください 。

インストールスロットシャーシ

CWDM MUX DEMUXモジュールのインストール

モジュールを挿入するには、まずシャーシシェルフ(下図を参照)にモジュールを合わせてから、ゆっくりとモジュールをシェルフキャビティに押し込む必要があります。最後に、非脱落型ネジを締めます。

CWDMインストール

CWDM MUX DEMUXをスイッチに接続する

CWDM SFPトランシーバをネットワークスイッチに挿入した後、シングルモードケーブルを使用してトランシーバをCWDM MUX DEMUXに接続する必要があります。

シングルモードケーブル

CWDM MUX DEMUXペアには同じ波長の光ファイバトランシーバが必要です。各トランシーバは適切なポートでのみ動作し、データは常に同じ波長のデバイス間を流れます。波長の異なるCWDM SFPトランシーバのカラーコードが異なる場合があります。CWDM MUX DEMUXをシステムに接続するには、下の図に示すCWDM SFPトランシーバのカラーコードを使用してください。

CWDM MUX DEMUXペアを接続する

ネットワークの一端でCWDMマルチプレクサを使用したら、ネットワークのもう一方の端でデマルチプレクサを使用する必要があります。したがって、CWDM MUX DEMUXシステムを完成させる最後のステップは、MUX DEMUXペア(またはマルチプレクサとデマルチプレクサ)を接続することです。デュプレックスMUX DEMUXでは、シングルモードパッチケーブルのペアを使用する必要があります。シンプレックスMUX DEMUXの場合、シングルモードパッチケーブルは1つで十分です。結局、CWDM MUX DEMUXシステムが正常にインストールされます。

FS.COM CWDM MUX DEMUXソリューション

CWDM MUX DEMUX、CWDMマルチプレクサのみ、CWDMデマルチプレクサのみが、既存のファイバ容量の拡張を可能にする柔軟で低コストのソリューションであり、オペレータはローカルループおよびエンタープライズアーキテクチャで利用可能なファイバ帯域幅をフルに活用できます。これらのCWDM MUX/DEMUXポートはすべてFS.COMでカスタマイズできます。CWDM、DWDM、およびCWDMネットワーク用DWDMための手頃な価格の完全なソリューションが用意されています。詳細はsales@fs.comにお問い合わせください。


1.4k

おすすめのコンテンツ