日本語

オープンネットワーク:オープンネットワークへの移行の注意点は?

Updated on 6月 30, 2022
90

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト

 技術の発展に伴い、ネットワークアーキテクチャはビジネスニーズに合わせて常に変化し続けます。サービスプロバイダをはじめとする大規模な組織では、コスト削減や柔軟性の向上、顧客サービスの向上を目指し、従来のネットワークからオープンネットワークに移行する計画があります。

 

オープンネットワークとは?

 オープンネットワークとは 、ネットワークハードウェアとソフトウェアコードを分離し、処理機能、構造などの仕様が公開されているネットワークを指します。そのため、オープンネットワークは、柔軟で迅速かつプログラマブルなネットワークを提供することを目的としています。さらに、オープンネットワークは、ソフトウェアとハードウェアの分離を効果的に活用し、コンピュータシステムを部品の互換性、相互運用性、拡張性の面でオープンにすることで、企業にさらなる柔軟性を提供し、開発を容易にします。

 

従来のネットワークによりオープンネットワークの利点

 従来のネットワークと比べて、オープンネットワークは柔軟性の向上、コストの削減、機能の向上、ROIの向上を可能にします。

Open Networking vs Traditional Network

柔軟性の向上

 従来のネットワークより、オープンネットワーのほうが柔軟性が高く、企業のネットワーク展開に多様な選択肢を提供することができます。オープンネットワークでは、ニーズに合わせて適切なトポロジーやプロトコルを自由にアーキテクチャに組み込むことができます。また、機器、ソフトウェア、アーキテクチャ設計を異なるベンダーから調達できるため、最も費用対効果の高いネットワーク構成が可能になります。さらに、従来のネットワークでは、ネットワークをプログラミングする際に、特定の標準プロトコルに従う必要がありました。一方、オープンネットワークでは、開発者が直接ネットワークをプログラムすることができます。

 

俊敏性と生産性の向上

 オープンネットワークは、共通のオープンインターフェースとプロトコルで管理されているため、ネットワークのテスト、検証、導入が迅速にできます。また、ネットワーク輻輳を防ぎやすく、既存のリソースを最大限に活用することができます。したがって、オープンネットワークは実行速度を高め、生産性を向上させることができます。

 

コストの削減

 オープンネットワークは、開発者が自由にIT機器を選択できるため、従来のネットワークに比べ、構築コストが大幅に削減されます。オープンネットワークのハードウェアやネットワークOSは、低価格で提供される傾向が強く、ニーズにちょうど良いものがあります。さらに、業界の統計によりますと、オープンネットワークは従来のネットワークと比較して、スペース、エネルギー、総コストの面で大きな節約になることが分かっています。また、オープンネットワークでは、ラック使用率と電力使用率は50%を超えています。

 

オープンネットワークへの移行の注意点

接続される設備

  オープンネットワークを導入する前に、必須な設備を慎重に選択する必要があります。例えば、オープンスタンダードのユーザインタフェースなどを持つ適切なスイッチを選ぶ必要があります。オープンスタンダードであれば、スイッチは使いやすく、少ない人数で効果的に運用できるため、OPEXを削減することができるためです。つまり、適切なオープンネットワークソリューションは、組織のニーズ、要件、予算によって異なるはずです。

 

バッゲージ

 オープンネットワークの導入は、従来のネットワークよりも費用対効果が高いのですが、予算も考慮する必要があります。オープンネットワークへの移行をサポートするために十分な予算があることを確認してから、さらに設定を進めてください。

 

ネットワークの導入およびメンテナンスためのスキル

 オープンネットワークに移行すると、アーキテクチャ全体が変化するようになります。そのため、展開や保守・運用までトータルに対応し、オープンネットワークの運用や技術サポートをフォローアップする専門チームが必要になります。

 

 結論として、オープンネットワークの導導入を成功させるためには、戦略的な設計アーキテクチャの上に構築され、長期的な運用と保守を念頭に置いて、実施される必要があります。

0

あなたにおすすめの記事