日本語

RAIDレベルの違いを解説(RAID 0/1/10/3/4/5/6)

Updated on 7月 7, 2022
1.2k

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)とは、複数のHDDを組み合わせて1つのディスクとして認識させる技術です。データを複数ディスクに分散して保存することにより、リスクが分散し、障害時の影響・損失を抑えることが可能です。RAIDモードにはRAID0、RAID1、RAID10、RAID5、RAID6などが挙げられます。それぞれは異なる特徴・メリットを持っています。


目次

RAID 0(ストライピング)

RAID 1(ミラーリング)

RAID 10(RAID 1+RAID 0)

RAID 3

RAID 4

RAID 5

RAID 6

 

RAID 0(ストライピング)

RAID 0(ストライピング):データを複数のドライブに分散させて書き込む

データを複数のドライブに分散させて書き込む

  • メリット:ディスク利用率の向上と高速な書き込み・読み取り。

  • デメリット:障害が起きると、システム全体が正常稼働できなくなる恐れ。

 

RAID 1(ミラーリング)

RAID 1(ミラーリング):2本のドライブに同じデータを書き込む

2本のドライブに同じデータを書き込む

  • メリット:1本のドライブに障害が起きても、処理が続く。全体への影響が抑えられる。

  • デメリット:利用効率の低下、2本での冗長化構成は同じデータを保存している。

 

RAID 10(RAID 1+RAID 0)

RAID 10(RAID 1+RAID 0):RAID 1とRAID 0の組み合わせによる耐障害性の強化

RAID 1とRAID 0の組み合わせによる耐障害性の強化

  • メリット:冗長性の強化により、同じデータを保存されているディスクが故障しない限り、処理は継続可能だ。(例えば、ドライブ1とドライブ2の同時障害)

  • デメリット:コスト増加・利用効率削減、2本ずつ2重保存する必要がある。

 

RAIDのパリティデータとは

データを複数のHDDドライブに書き込む際に、データ復元のために誤り訂正補正とも言えるパリティデータも同時に書き込まれ保存されておきます。パリティデータとは、いわゆるデータ修復のために書き込まれた冗長コードで、壊れたデータと同じ機能を持っています。

 

RAID 3

RAID 3:データを分割して並列に書き込む

データを分割して並列に書き込む

  • メリット:パリティディスクの導入による高い耐障害性、高速なデータ転送、ハードディスクの利用効率向上。

  • デメリット:1台だけのパリティドライブの転送速度に制限があり、復旧効率が比較的に低い。

 

RAID 4

RAID 4:データ単位でディスクに書き込む、複数のデータ単位を束ねて保存する

データ単位でディスクに書き込む、複数のデータ単位を束ねて保存する

  • メリット:1台のドライブが故障しても残りで復元できる。

  • デメリット:パリティデータは特定の1台に集中するため、ボトルネックになりやすく、複雑なデータ算出・復元に弱い。

 

RAID 5

RAID 5:RAID 4で収束したパリティデータを分散して書き込む

RAID 4で収束したパリティデータを分散して書き込む

  • メリット:高速な読み込みパフォーマンス、利用効率が高く、強い耐障害性。

  • デメリット:パリティデータの分散により、算出・復元性能は劣る。そして、2本以上の障害が発生する場合にデータ復元は不可能だ。

 

RAID 6

RAID 6:RAID 5と同じ仕組みだが、パリティデータを2本のドライブに分散して書き込む

RAID 5と同じ仕組みだが、パリティデータを2本のドライブに分散して書き込む

  • メリット:2本のディスクに障害が発生しても正常動作は可能だ。

  • デメリット:二重パリティによるデータ算出・復元の性能もディスクの使用効率もRAID 5より劣る。

1

あなたにおすすめの記事