キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202001/07/19-when-to-choose-industrial-media-converter-5.jpg

どんな時に産業用メディアコンバーターを選択すべきですか。

Migelle

翻訳者 ともや
2020年1月7日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

過酷な環境におけるイーサネットネットワークの増大する要件を満たすために、ますます多くの産業用メディアコンバータが危険で過酷な地域に使用され、長距離にわたってデータを効率的に伝送します。それでは、産業用と商用のメディアコンバーターの違いは何ですか?どんな時にネットワークで産業用メディアコンバーターを選択すべきですか。この記事では、主に産業用メディアコンバーターの機能とアプリケーションに焦点を当てて紹介します。

産業用と商用のメディアコンバーター:その違いは何ですか?

産業用および商用メディアコンバーターは同じ機能を備えていますが、産業用メディアコンバーターは、-40℃〜85℃のより広い動作温度と12-48 VDCのより高い電圧範囲をサポートします。さらに、産業用メディアコンバーターには、4KV以上の雷保護、サージ保護とIP40保護を備えた電源が装備されており、石油/ガス掘削、採掘、気象追跡などの危険な屋外エリアでも安定した信頼性の高い変換を保証できます。産業用と商用のメディアコンバーターの違いを次の表に示します。


産業用メディアコンバーター 商用メディアコンバーター
動作温度 -40℃~85℃ 0℃~40℃
電源 冗長デュアル電源 シングルパワー
設置 DINレールの取り付けとシャーシ デスクトップとシャーシ
冷却 ファンレス&シェル冷却 自由対流
ケースの材質 合金
防塵 あり なし
リンク障害の回復 <300ms もっと長く

ネットワークで産業用メディアコンバーターを選択する場合

産業用メディアコンバーターは、電磁干渉(EMI)と無線周波数干渉(RFI)を排除し、製造、廃水処理、屋外交通管制、セキュリティ&監視、建物などの多くの産業環境で有害な放射から保護し、極端な温度とほこりを防ぐので、オートメーション、軍事用途、ファクトリオートメーションなどに広く使用されます。次では、産業用メディアコンバーターの4つの典型的なアプリケーションシナリオについて説明します。

EMIとRFIを排除:製造におけるポイントツーポイントアーキテクチャ

一部の工場または製造エリアでは、いくつかの機器を相互接続する必要があります。これにより、銅ベースのケーブルを介したデータ伝送に悪影響を及ぼすEMIおよびRFIが生成されます。この場合、データ伝送に対するEMIおよびRFIの影響を排除するために、光ファイバケーブルが必要です。次の図は、製造中の産業用メディアコンバーターをポイントツーポイント構造を示しています。メディアコンバーターを使用して、銅線インターフェースを備えたレガシーデバイスを、距離延長のために光インターフェースに接続できるようにします。ポイントツーポイントアーキテクチャは、ポイントシステムシャーシから工場フロアの要素への直接リンクを備えています。

Industrial Media Converter Application in Manufacturing.jpg

図1:製造業における産業用メディアコンバーターアプリケーション

有害排出物からの保護:廃水処理アプリケーション

有害物質の放出を防ぎ環境保護のため、排水処理は必要です。このような廃水環境では、産業用メディアコンバーターはリモートサイトをより強力に制御できます。次の図には、処理棟、保守棟、および主要工場にあるレガシーPLC(Programmable Logic Controller)ステーションがあります。PLCにはシリアルインターフェイスがあり、各建物内のメインコントローラーに接続されています。また、産業用メディアコンバーターはPLCに接続され、廃水処理プロジェクトを集中管理します。この実装により、廃水処理プラントは既存の機器を組み込みながら、コストを削減し、将来の成長を可能にします。

Industrial Media Converter Application in Wastewater Treatment.jpg

図2:廃水処理における産業用メディアコンバーターアプリケーション

極端な温度とほこりを防ぐ:屋外交通制御アプリケーション

湿気、ほこり、破片などの要素は機器のエンクロージャを使用することで最小限に抑えられるため、屋外用途は主に温度に関係します。産業用メディアコンバーターは、幅広い動作温度をサポートし、屋外ネットワークに適した合金シェルが付属しているので、交通管制、気象追跡などに広く使用されています。下の図からわかるように、交通制御システムは、屋外交通データデバイスとコントロールセンターの相互接続に同軸またはシリアルインターフェイスを使用しています。このアプリケーションのビデオコーデックは、アナログビデオ信号をイーサネット信号に変換します。次に、産業用メディアコンバーターが銅線からファイバへの変換を実現し、コントロールセンターのデータクローゼットにある管理された産業用メディアコンバーターシャーシがファイバ信号を受け入れて変換し、メインサイトの銅線スイッチに接続します。

Industrial Media Converter Application in Traffic Control.jpg

図3:交通制御における産業用メディアコンバーターアプリケーション

雷およびサージ保護:セキュリティおよび監視アプリケーション

産業用メディアコンバーターは、腐食や露出に耐えることができるサージおよび雷保護をサポートするため、悪い状態の監視に適用できます。セキュリティおよび監視アプリケーションを次の図のように示します。各オフィスにワイヤレスネットワークを提供するために、WiFiアクセスポイントが建物に設置されています。また、ポイントツーポイントファイバは、便利なACまたはDC電源の近くに配置されたPoE産業用メディアコンバーターで終端されます。次に、PoE産業用メディアコンバーターは光信号を電気信号に変換し、同時にデュアルRJ45ポートを備えたパワーオーバーイーサネットを注入して、2つのWiFiアクセスポイントに電力を供給します。続いて、IP監視カメラにファイバ接続とPoE電源を提供して、リモートサイトの状態を監視できます。PoE産業用メディアコンバーターのデュアルファイバインターフェイスにより、複数のIP監視カメラを接続するファイバデイジーチェーンアーキテクチャが可能になります。

Industrial Media Converter Application in Surveillance.jpg

図4:監視における産業用メディアコンバーターアプリケーション

結論

産業用メディアコンバーターは、より広い範囲の動作温度、雷およびサージ保護を備えており、しかも伝送距離を拡大するため、悪条件に適しています。それに、危険な環境でのファイバメディアコンバーターの実装の継続的な増加は、産業用メディアコンバーター市場の需要をさらに加速すると予想されます。

878

おすすめのコンテンツ