キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/fs-n-series-open-switches.jpg

FSがNシリーズデータセンタースイッチにCumulusサポートを追加する理由

Worton

翻訳者 ともや
2019年7月16日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

FSがNシリーズデータセンタースイッチにCumulusサポートを追加する理由

オープンソースネットワーキングは、コンピューティングの世界で新しい標準になりつつあります。ハードウェアとソフトウェアの完全な分離に基づいて、変化する要件にすばやく適応でき、アジャイルでスケーラブルでプログラム可能なネットワークを提供できることが評価されています。ネットワーキング業界はオープンスイッチに向けて決定的な一歩を踏み出しています:グーグル、フェイスブック、アマゾンなどのインターネット大手は、オープンネットワークスイッチをデータセンターに統合しています。シスコ、ジュニパーネットワークス、アリスタなどの信頼できるハードウェアベンダーも、プレインストールされたベンダー専用のオペレーティングシステムとサポート/メンテナンスサービスを備えたブライトボックススイッチを提供し始めています。さらに、急増する仮想化およびクラウドコンピューティングサービスでは、ネットワークの可視性、効率性、および運用の簡素化も求められているため、データセンターの自動プロビジョニング機能が不可欠になっています。

オープンネットワークと自動化は、データセンターの展望を変える魅力的で、革命的傾向のようです。この場合では、FSはCumulus Networksと提携し、データセンターやハイエンドキャンパスネットワークを目的としたNシリーズレイヤ3オープンスイッチを提供し、従来の独自システムの限界を打ち破り、ネットワークをより効率的に拡張することを望でいます。その新しいサポートパートナーシップは当社今が取り組んでいることの一つの例で、それはよりも高い柔軟性と低コストで標準ベースのオープンスイッチに基づく独自のネットワークを提供することです。

FSによるデータセンタースイッチへの取り組み

オープンスイッチとオープンソースソフトウェアはここ数年で主流のアプリケーションになりつつあります。 FSは長年にわたりオープンネットワークスイッチの投資と開発を行ってきました。そして、ハードウェアプラットフォームの品質、安定性、そしてパフォーマンスを向上させるために努力してきました:彼らは最先端のチップセット、より多くのCPU、そしてより高速なプロセッサを搭載しています。EVPN、MLAGなどの高度な機能は、10GbE、25GbE、40GbE、および100GbE NシリーズのSpine-Leaf/ToRスイッチの完全な製品ラインに統合されています。その上、FSは常にLinuxベースのスイッチングソリューションを提供することに専念しているので、Cumulus Networksとの戦略的パートナーシップは論理的な動きです。

FSがNシリーズデータセンタースイッチにCumulus Linuxを追加する理由

Cumulus Networksはネットワークを自動化するリーダーであり、そのネットワークオペレーティングシステムであるCumulus Linuxは他のオープンソースソフトウェアの中で最も評判の良いNOSだと評価されています。また、スイッチをLinuxサーバーとまったく同じように動作させるために、サーバー自動化ツールとネイティブのLinuxインターフェースもサポートしています。さらに、Cumulus Linuxベースのデータセンタースイッチは、スイッチごとに必要な固有の設定パラメータの数を減らしスイッチのプロビジョニングを簡素化しようとしているため、ほぼ同じ設定になります。FSとCumulusの間の提携は、以下の有益点があります。

費用対効果の高いスケーラビリティ レイテンシ、総合的コストと消費電力を削減しながら、よりスケーラブルで効率的で簡素化された構造を手に入れましょう。またNシリーズスイッチは、スパイン、ブレード、トップオブラック(ToR)、およびさまざまなデータセンター環境のストレージスイッチング用に最適化されたハードウェアをお客様に提供します。Cumulusの標準化されたLinuxスタックにより、お客様は生産時間を短縮し、CapExとOpExを削減することで運用効率を高めることができます。

優れたネットワーク自動化 強力なネットワーキング中心を持つCumulus LinuxがFSのハイパフォーマンスハードウェア上の動作することで、Nシリーズデータセンタースイッチは完全にオープンなアーキテクチャを提供し、既存のアプリケーションを使用して自動化を容易にするように設計されています。ユーザーは、多くのサーバーツールを利用し、ネットワーク規模のオーケストレーションを自動化し、アクティビティを監視し、ウェブ規模のIT効率を達成することができます。

比類のないネットワーク俊敏性 特定のビジネスニーズと予算に基づいてネットワークをカスタマイズしてプロビジョニングし、ネットワーク全体であらゆるアプリケーションを活用して完全なウェブ規模のソリューションを実現できます。Cumulus Linuxを搭載したFSのNシリーズデータセンタースイッチは、より速いイノベーションサイクルを可能にし、変化するネットワーキング環境によく適応し、従来の適切なブラックボックススイッチに存在するベンダーロックインを回避するのに役立ちます。その結果、増大する容量とパフォーマンスのニーズを満たすために、ユーザーはより高い柔軟性、スケーラビリティ、および操作の容易さがあるソリューションを楽しめます。

CumulusサポートのNシリーズから何を期待するか?

FSのNシリーズ規格によるスイッチに基づいて実行されるCumulus Linuxはお客様に、主要なLinux NOSの価値と、高性能で信頼性の高いスイッチングプラットフォームを提供することで、安定した信頼性の高い安全なレイヤ、2/3サービスとウェブスケールのIT効率を実現できます。さらに、このNシリーズスイッチとCumulus Linuxの組み合わせにより、ネットワークを管理するためのオープンなネットワーキングプラットフォームを作成するので、お客様の特定のニーズを満たし、ネットワークインフラストラクチャの革新と自動化を加速することができます。EVN、MLAG、VxLAN、SFLOW、SNMPなどの他の高度な機能とともに、FSのNシリーズは、レイヤ2の複雑さからユーザを解放し、レイヤ2ネットワーク上で動作するようにレイヤ2アプリケーションを拡張します。NシリーズスイッチのEVPN機能は、レイヤ2とレイヤ3の統合サービスが提供され、レイヤ3ネットワークを介したサービス配信の柔軟性を高めます。

結論

ネットワークの未来はオープンソースのスイッチとソフトウェアにあり、そして今は急速に近づいてきます。Cumulus Linuxを搭載したFSのNシリーズスイッチは、これまでにないウェブ規模のIT効率と操作の俊敏性の可能性を維持しながら、すべてを手頃な価格で利用可能になります。消費者主導のデータおよびクラウドベースのサービスが急増しているため、すぐにレガシーネットワークが限界に追い込まれるでしょう。FSのNシリーズデータセンタースイッチは、回復力、スケーラビリティ、運用効率を向上させるベンダーに依存しないアプローチを提供し、絶えず進化するネットワークニーズを証明するための最良の選択です。


392

おすすめのコンテンツ