https://img-en.fs.com/images/solution/minimum-bend-radius-fiber-cable.jpg

低曲げ損失光ファイバケーブルを使用して曲げ半径を小さくしないのはなぜですか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-6-3.jpg

Irving

翻訳者 ともや
2019年9月26日 に投稿された
2020-09-20 23:10:02
2496

低曲げ損失光ファイバケーブルを使用して曲げ半径を小さくしないのはなぜですか?

光ファイバ市場では、光ファイバケーブルアセンブリの使用が増加しています。FTTxネットワークは、ファイバケーブルの採用の推進力です。これらのケーブルの設置時には、曲げ半径の影響と、指定されたケーブルの曲げ半径を維持する必要性にさらに注意が向けられます。これまでのところ、光ファイバケーブルを曲げることについてまだ心配していますか?低曲げ損失光ファイバケーブルは、この問題の解決に役立ちます。

光ファイバーケーブルの曲げ半径

光ファイバは応力に敏感なので、ファイバが曲がると光が漏れる場合があります。曲げがより鋭くなると、より多くの光が漏れます(下の写真を参照)。したがって、特に高密度のファイバパッチングエリアの狭いスペースにファイバパッチケーブルを取り付ける場合、曲げ半径を超えて曲げることは想定されていません。曲げ半径とは一体何ですか?

光ファイバケーブルの曲げ半径と最小曲げ半径とは何ですか?

曲げ半径は、ケーブルが損傷または減衰の増加を耐え、帯域幅のパフォーマンスを制限する前に発生する可能性がある曲げの量です。ファイバケーブルが過度に曲げられると、ケーブル内の光信号が屈折し、ファイバクラッドから漏れることがあります。曲げは、微小亀裂を引き起こすことにより、ファイバに永久的な損傷を与える可能性もあります。結果は、曲げ損失として知られています。データ伝送の整合性を損なう可能性のある信号強度の損失です。

注:過度の引っ張り張力と過度に堅いファスナーも、光ファイバケーブルの伝送の問題とマイクロベンドを引き起こす可能性があります。

最小曲げ半径は、所定の光ファイバケーブルが曲げられる最小許容半径です。新しい標準ANSI/TIA/EIA-568B.3は、50/125ミクロンおよび62.5/125ミクロンの光ファイバケーブルの性能仕様、最小曲げ半径標準、および最大引張張力を設定します。内部プラントケーブルの場合、ファイバケーブルの曲げ半径は、引張荷重がかかっていない場合のケーブルの外径の10倍であり、引張荷重がかかった場合のケーブルの外径の15倍です。

光ファイバケーブルの曲げ半径の計算方法は?

一般に、許容曲げ半径は、ケーブルの種類、外径(OD)、および設置時(引張荷重)と設置後のケーブルのリセット時(無負荷時)の両方の応力下のケーブルの状態によって異なります。曲げ半径の計算には、次の式が使用されます。

最小曲げ半径=ケーブル外径xケーブル乗数

ケーブルの乗数は、業界標準とケーブルの種類によって決まります。光ファイバケーブルの場合、ケーブル乗数は定格電圧が5000ボルト以下のケーブルでは6倍、定格電圧が5000ボルト以上のケーブルでは8倍です。

低曲げ損失光ファイバケーブルとは何ですか?

低曲げ損失光ファイバパッチケーブルは、曲げ半径を超えて曲げられた場合でも、最小限の損失で光を伝送するように設計されています。これらのBIF光ケーブルでは、低屈折率材料のリングである光学「トレンチ」がファイバに組み込まれ、基本的に失われた光をファイバのコアに反射し、データ損失を最小限に抑えます。低曲げ損失光ファイバケーブルは、要求の厳しい環境で従来のファイバケーブルよりも高い柔軟性を提供します。通常、データセンター、または厳しい曲げと柔軟性が必要なスペースの限られた領域で使用されます。低曲げ損失光ファイバには、50/125 MMF(OM3およびOM4)および9/125 SMFバージョンがあります。

低曲げ損失マルチモード光ファイバケーブル(BIMMF)

マルチモードファイバは、データセンターおよび建物内のバックボーンで一般的です。接続性が向上する時代には、リンクコンポーネントの品質とパフォーマンスに対する要求がますます重要になります。新しい低曲げ損失マルチモードファイバは、曲げによる減衰を最小限に抑え、システムの信頼性を最大化し、ダウンタイムを最小限に抑えます。これらのBIMMFケーブルは、レーザーに最適化されたすべてのグレード、OM2、OM3、およびOM4で利用でき、厳しい曲げシナリオで信号損失が10倍少なくなります。このファイバは、半径7.5mmのループに設置でき、850nmでの曲げ損失は0.2dB未満、1300nmでの損失は0.5dBです。

低曲げ損失シングルモード光ファイバケーブル(BISMF)

2007年に、新しいタイプの「低曲げ損失」シングルモードファイバが導入されました。大幅なパフォーマンスの低下を招くことなく、曲げ、ねじれ、または伸張によるストレスに耐えることができます。ITU勧告G.657では、2つのクラスのシングルモード低曲げ損失ファイバパッチケーブルが指定されています:G.657AおよびG.657B。G.657の最小曲げ半径です。A1ファイバはG.657の10mmです。A2およびG.657.B1ファイバは7.5mmで、G.657.B2ファイバは5mmです。通常は30 mmである標準シングルモードG652ファイバの最小曲げ半径と比較して、G.657シングルモード低曲げ損失ファイバパッチケーブルははるかに柔軟です。したがって、BISMFケーブルは、さまざまな設置方法で、今日のデータセンターのますます高密度のアプリケーションスペースに自信を持って設置できます。

低曲げ損失光ファイバケーブルの利点

柔軟なインストール

低曲げ損失光ファイバケーブルは、屋内のファイバケーブルの設置に非常に役立ちます。これは、ファイバの過度の曲げを心配することなく、建物内の壁、柱、天井、ダクト、および他の不均一な表面に巻き取ることができるためです。

ハイパフォーマンス

ファイバが偶発的に過度に曲げられてもパフォーマンスが大幅に低下することはないため、低曲げ損失光ファイバを使用して、より高い帯域幅のアプリケーションを自信を持って展開できます。

優れた復元力

低曲げ損失光ファイバは、クランプ、タイラップ、またはステープル留めを使用してファイバが表面に固定されている状況でも、非常に高い弾力性を示します。

わずかな増分コスト

低曲げ損失光ファイバの製造コストは、通常のファイバケーブルの製造コストと比較するとそれほど高くありません。

同じスプライシング方法

低曲げ損失光ファイバケーブルは、通常のケーブルと同じ方法で接続できます。

低曲げ損失光ファイバケーブルの互換性

低曲げ損失光ファイバケーブルには多くの利点があります。疑問が生じる場合があります。これらのBIF光ケーブルは通常のファイバと互換性がありますか?答えはすべてのSMFケーブルで「はい」のようです。コアでは1つのモードのみがガイドされるため、トレンチがシステムのパフォーマンスと測定に与える影響は最小限です。しかし、MMFケーブルの場合は、それほど明確ではありません。コアサイズ、差動モード遅延(DMD)、および帯域幅の測定は、BIMMF設計の導入前に開発されました。これらの測定値は評価および更新の過程にあるため、測定結果はBIMMFのメーカーによって異なる場合があります。

FS.COM低曲げ損失光ファイバケーブルソリューション

FS.COMの低曲げ損失光ファイバパッチケーブルは、曲げに関連する損傷に対して高い耐性を備えています。それらは小さなケーブル曲げ半径を持ち、革新的なコア設計と強化された低マクロ曲げ感度による追加の曲げ損失を防ぎます。これらの光ファイバケーブルは、UPCおよびAPCオプションを備えたSCおよびLC光ファイバケーブルコネクタの組み合わせで、シンプレックスおよびデュプレックススタイルで利用できます。次の表に、FS.COMの低曲げ損失光ファイバケーブルのソリューションの一部を示します。

製品ID 長さ ファイバコネクタ ファイバモード ファイバタイプ ファイバジャケット 価格
59578 1m LC UPC - LC UPC SMF 9/125μm デュプレックス 2.0mm, PVC 460円
60449 2m LC UPC - LC UPC MMF 50/125μm デュプレックス 2.0mm, PVC 480円
59650 1m LC UPC - SC UPC SMF 9/125μm デュプレックス 2.0mm, PVC 460円