キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/14/post35-20191029103455-854-ylvgchznqs.jpg

Wi-Fiが遅い?ネットワーク混雑を解消する方法を紹介

注目製品:FS Wi-fi6デュアルバンド・アクセスポイント

ともや

翻訳者 ともや
2021年1月21日 に投稿された


「混雑」という単語を見た瞬間、何を思い浮かびますか。検索エンジンを使えば、「ネットワーク混雑」、「Wi-fiが遅い」などのキーワードが出てくるはずでしょう。日常で使っている無線・有線LANがたまに遅くなったり、繋がりにくくなったり、切れたりするという状況に合った場合、あなた何をしますか?その解決策とは?

Wi-Fiの速度が遅い理由

電波の周波数帯の違いによって、Wi-Fiの通信速度が異なります。現在普及している電波規格は「IEEE 802.11ac」と「IEEE 802.11n」の2種類で、使用されている周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯です。5GHz帯には25個の互いに電波干渉を起こさないチャネルがあり、その数は2.4GHz帯の8倍以上です。2.4GHz帯は通信速度が遅く、電波干渉を受けやすい一方で、障害物に比較的強いです

Typical AP-W6T6817C Application Scenario

過去数十年の間に、2.4GHz帯の無線LANは幅広く普及してきました。レンジ、ベビーモニター、Wi-Fi型電子錠、ブルートゥース関連製品などが2.4GHz帯の実用を促しました。しかし、複数台の端末が2.4GHz帯の電波を同時に利用すると、ネット回線は混雑になり、Wi-Fiの通信速度も遅くなるわけです。特に人口密度の高いマンションやアパートでは、他人と同じネットワーク回線を共有しなければなりません。

2.4GHzに比べて、5GHzは複数台の同時接続に適合すると考えられます。しかし、5GHz帯は障害物に弱いため、安定した通信速度を提供できないことがあります。

 また、必ずすべての機器が5GHzに対応するわけではないがゆえに、購入する前に機器全体を把握する必要もあります。5GHzの対応機器が見つからない場合、2.4GHz帯の同じ機能を備えた製品を使用せざるを得ないかもしれません。状況に応じて、違うWi-Fi規格の製品を使い分けたほうが最適なソリューションだと考えられます。

おすすめ商品:FS Wi-Fi6 デュアルバンド・アクセスポイント

デュアルバンド同時接続は5GHz帯と2.4GHz帯の両方に対応しています。それに対して、シングルバンドは2.4GHzのみです。

 従って、デュアルバンド・アクセスポイントでは5GHz帯と2.4GHz帯の両方を同時に中継することができます。5GHz/2.4GHz帯が自由に切り替えられるWi-Fi6アクセスポイントとして、当製品はネット回線混雑の解消と多人数・高密度環境に対応できます。

 ネットワークの安全性・安定性を確保するために、FS Wi-Fi6 アクセスポイントはハイブリッド管理をサポートします。FATモードとFITモードを自動的に検測し、管理システムを適させることが、業務効率の向上に繋がります。

最適なWi-Fi6ソリューションを選ぶ

現状に合わせて最適な製品・ソリューションを選択することをおすすめします。FS Wi-Fi6 アクセスポイントは、OFDMA(直行周波数分割多元接続)、マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)、BSSカラーリングなどの機能を連携させることで、多様なニーズを満たすソリューションとしての活用が期待できます。

FS AP-W6D2400C 製品ハイライト & 活用事例

FS AP-W6T6817C製品ハイライト&活用事例

 5GHzと2.4GHzを自由に切り替えられることによって、FS Wi-Fi6対応アクセスポイントは干渉の少ないチャネルを利用し、より高パフォーマンスを提供することができます。VoIPやビデオに対する強いニーズを抱く顧客に向けて、ネットワークの遅延・ジッタ問題が解消できるトライバンド・アクセスポイントも用意しています。

633

おすすめのコンテンツ