キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/12/post35-post-1564051951-jsr1ovn2uy-wmuiddmlp6.jpg

LANケーブルCat5、Cat5e、Cat6、Cat6a、Cat7、Cat8の規格、仕様、特徴について解説

銅線ケーブルの時代が終わる?

Irving

翻訳者 ともや
2021年2月6日 に投稿された


急増しているニーズに応じた広帯域化を実現するには、高い通信速度・広い帯域幅をサポートできるファイバケーブルが理想的なソリューションになると予想されます。しかし、FTTD(Fiber to the desktop、光ファイバを特定の場所まで直接引き込む高速データ通信サービス)のようなネットワークを構築するために、構築コストとメンテナンス費用はかなりかかります。

 一本の銅線を電線と通信線の二役で利用することが可能なため、電話回線の音声通信や水平配線における活用が実現されました。防犯カメラ・システム、データセンターなどといったデータの高速伝送を求めるネットワークにおいて、2GHz帯域幅に対応する25G/40Gbase-T銅パッチコードやTIA-568.2-D規格に準拠した 28AWGパッチコードの活躍は続くだろう。

銅線ケーブルの種類

Cat5e、Cat6、Cat6a、Cat7、Cat8、規格により、ケーブルの機能・性能も異なります。状況に応じて、適切なLANケーブルを選ぶといいです。


カテゴリー
Cat 5
Cat 5e
Cat 6
Cat 6a
Cat 7
Cat 8
最大通信速度
100Mbps
1Gbps
1Gbps
10Gbps
10Gbps
40Gbps
コネクタ
RJ-45
RJ-45
RJ-45
RJ-45
GG45/TERA
RJ-45
シールド
UTP
UTP
UTP
UTP/STP
STP
STP
周波数帯域
100MHz
100MHz
250MHz
500MHz
600MHz
2000MHz
通信規格
100BASE-TX/1000BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-T
1000BASE-T
10GBASE-T
40GBASE-T
伝送距離
100m
100m
100m
100m
100m
30m以内40Gbps


Cat5e

カテゴリー5ケーブルの改良であり、そのTIA/EIA-568-B規格はカテゴリー5のTIA/EIA-568-Aを置き換え、2001年に新標準として定義されました。Cat5eケーブル最大100MHzの動作周波数に対して設計され、100mセグメント距離の最大1000Mbpsの伝送速度をサポートできます。Cat5eケーブルに2本の芯線ペアになった線が4ペア入り、屋内あるいは家庭内のLAN配線によく使われます。


Cat6

Cat6ケーブルは最大の動作周波数が250MHzであり、1000Mbpsの伝送速度をサポートできます。カテゴリー5と比べて、より厳しい耐ノイズ性・強い芯を有し、データ破損を防ぐ効果が期待できます。Cat6はカテゴリー3との上位互換性を持ち、カテゴリー5と同じ最長100mセグメント距離をサポートするのですが、10GBASE-Tではケーブル長が最大55mとなります。


Cat6a

Cat6aの周波数はカテゴリー6の2倍の500MHzとなり、100mセグメント距離の10BASE-Tデータ伝送をサポートできます。10GBASE-Tの性能を十分に発揮するものとして、ノイズ耐性も芯も優れています。しかし、爪折れ防止カバー付きCat6aケーブルの柔軟性は比較的に低いため、産業用LANケーブルとしてよく使用されます。


Cat7

Cat7規格は10ギガビット・イーサネットを銅線で100mの伝送が可能であり、600MHzまでの伝送を行うことができます。さらに、50m以内40Gbpsのデータ伝送、15m以内100Gbpsのデータ伝送も可能だと見られます。Cat7ケーブルはシールド処理が施されているため、オフィスや工場現場での電磁波による通信障害を防ぐことができます。


Cat8

 ANSI/TIA-568-C.2-1の新基準に基づくCat8は30m以内40Gbpsのデータ伝送が可能であり、最大周波数2000MHzの通信を行うことができます。下位互換性を有すCat8ケーブルはコネクタのRJ-45に対応し、中小企業の有線・無線LANやスイッチとサーバーの相互接続に使用されます。


1.4k

おすすめのコンテンツ