キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202001/06/32-封面5-6.jpg

メディアコンバーターは市場から撤退しますか?

Migelle

翻訳者 ともや
2020年1月6日 に投稿された

メディアコンバーターは、ここ数年で光ファイバ通信で人気が高まっています。しかし、一部の人々は、ファイバがより広く展開されるにつれて、ファイバメディアコンバーターが徐々に陳腐化する可能性があるという意見を持っています。メディアコンバーターは市場を終了しますか?間違いなく答えは「いいえ」です。代わりに、グローバルメディアコンバーター市場は強力な成長の勢いを見せており、メディアコンバーターは現在、積極的な最適化と開発中です。

メディアコンバーター市場:ブームが続く理由

メディアコンバーター市場の繁栄の原動力は、多くの側面から来ています。

まず、既存のイーサネットスイッチでメディアコンバーターを使用すると、光モジュールを備えたネットワークスイッチにアップグレードするよりもコストが大幅に安くなります。これは、小規模なネットワーク環境では経済的な選択です。

第二に、彼らのパフォーマンスとテクノロジーは比較的成熟し、多様化しており、増え続けるネットワーク需要の変化に適応することができます。次の表は、マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターの機能を示しています。

タイプ 機能
アンマネージドメディアコンバーター 1. フル/ハーフデュプレックスの自動ネゴシエーション。
2. オートMDI/MDI-X。
3. IEEE802.3x(フルデュプレックスフロー制御)とバックプレッシャー(ハーフデュプレックスバックプレッシャーフロー制御)。
4. DIPスイッチ(LFP、ストアアンドフォワード、強制100Mbps)。
マネージドメディアコンバーター 1. フル/ハーフデュプレックスの自動ネゴシエーション。
2. オートMDI/MDI-X.
3. IEEE802.3x(フルデュプレックスフロー制御)とバックプレッシャー(ハーフデュプレックスバックプレッシャーフロー制御)。
4. SNMP/Web。
5. VLAN。

表1:マネージドおよびアンマネージドメディアコンバーターの機能。

第三に、新しいデバイスを元のケーブルインフラストラクチャに追加できるようにすることでネットワークの柔軟性を高め、ネットワークのほぼどこにでも挿入できるため、将来のネットワーク要件に十分に対応できます。

第四に、メディアコンバーターは、通信、教育、電気、医療、インターネットなどのさまざまな分野で広く使用されています。イーサネットを個々の家庭に持ち込み、IPカメラやアクセスポイントなどの一部のリモートデバイスに電力を供給し、 鉱山や工場などの厳しい環境では特に重要です。

したがって、たとえファイバの普遍的な展開が達成されたとしても、メディアコンバーターが必要になります。そして、ユーザーの新しい要件に基づいて、さらなる開発と改善が行われます。

メディアコンバーター市場:開発動向は?

メディアコンバーターの現在の開発に基づいて、ネットワーク設計者とエンジニアは、テクノロジーと機能の両方で努力しています。

コストの削減:消費電力の削減は、特に大規模なデータセンターのユーザーにとって非常に重要です。消費電力の削減は、設計コストと電力コストの削減を意味するため、エンジニアはこれまで取り組んできました。さらに、メディアコンバーターのポート番号を追加する必要があります。これにより、大量のデバイスを扱う大規模ネットワークのコストを節約できます。さらに、光ファイバ技術の継続的な開発により、メディアコンバーターのコストもある程度削減されます。

より高いデータレート: 現在のファイバメディアコンバーターのほとんどは10/100/1000Mbpsであり、一部のベンダーは10Gコンバーターを提供しています。10Gメディアコンバーター はSFP+/XFPポートを備えているため、長距離での高速ネットワークアクセスが可能になり、デバイスとユーザーをネットワークに接続する可能性が広がります。これは現在、主に大規模なデータセンターで使用されていますが、将来のネットワークアップグレードには、より多くのユーザーがより高いデータレートを必要とすることもあります。

よりスマートな機能: 現在のマネージドメディアコンバーターは、ネットワーク管理プラットフォームを介したネットワーク監視、障害警告が可能ですが、アンマネージドメディアコンバーターは十分にインテリジェントではなく、DIPスイッチで制御されます。したがって、この点でブレークスルーを行う必要があります。さらに、トラブルシューティングと自動ネゴシエーションを改善する必要があります。多くのメディアコンバーターはネットワークに対して透過的であるか、多くの場合リモートサイトに配置されるため、ケーブル配線で問題が発生すると、ネットワーク管理者にとってトラブルシューティングが困難になる可能性があります。さらに、ネットワーク管理者は、ネットワークの将来性を保証するために、一部の機器をアップグレードしたり、より高いデータレートのハードウェアを展開したりすることがよくあります。したがって、より良い自動ネゴシエーションは、互換性の問題を解決するのに役立ちます。

結論

メディアコンバーターは市場を終了しません。将来のメディアコンバーター市場は、その幅広いアプリケーションとファイバネットワークの大きな需要のために有望です。特定のネットワーク環境のより高い要件によると、メディアコンバーター市場の開発動向は、低コスト、高データレート、よりスマートな機能になる可能性があります。

620

おすすめのコンテンツ