日本語

生物学研究所の100G高密度MTPケーブル

Posted on 5月 31, 2022
142

背景

信頼性と高性能により、MTP/MPOテクノロジーは高密度データセンターの重要な要素となっています。MTP/MPOシステムでのデータ送信を保証するには、全体にわたって正しい極性を維持することが最重要です。研究所であるMRC分子生物学研究所は、MTPとLCの両方のケーブルを使用して3つの部屋をリンクすることを望んでいました。

課題

弊社のお客様の要件は次のとおり:ルームAからルームBまでの距離は67メートル、ルームAからルームCまでの距離は195メートルです。

取り組み

各部屋のラック内には、MTPケーブルを取り付けてMTP上下パネルをスイッチに接続した100G PSM4モジュールに接続し、LCケーブルを使用してMTP-LCカセットをCWDM4モジュールに接続します。

ルームAからBとルームAからC間の接続に関しては、タイプAカセットとタイプAFカセットがリンクの両側に配置され、ラックスペースを効率的に利用してケーブル管理を簡素化します。次に、適切な極性を維持するために2つのカセットを接続するために、24本のファイバー(2×MTP-12)タイプA MTPトランクが選択されます。同様に、72本のファイバー(6×MTP-12)タイプA MTPトランクは、MTP上下パネルのリンクに使用されます。これは、8つのMTP-12コネクタで96本のファイバを終端するというお客様のごニーズに応えます。

High-Density MTP Cabling

結論

MTP/MPOシステムで正しい極性を維持することは簡単ではありません。FSは、お客様が極性の問題を解決し、高度にスケーラブルなMTPケーブルネットワークを構築するのに役立ちます。このソリューションにより、3つの部屋間の相互接続が簡単かつ体系的な方法で可能になります。

0

あなたにおすすめの記事