日本語

3つのデータセンターでの10G DWDM伝送

Posted on 5月 31, 2022
45

背景

DWDM技術が、帯域幅の増加やファイバの最大利用率などの独自の利点のために、長距離伝送で使用される企業にとって最適なソリューションであることは否定できません。FSの長期的なパートナーとしてのNECは、3つのサイトでのネットワーク拡張を可能にする10Gデータ伝送を実現するDWDMソリューションを必要としていました。

課題

お客様は、3つのリンクを含むDWDMネットワークの展開を望んでいました。サイトAからサイトBへの16.8 km、サイトBからサイトCへの26.05 km、サイトAからサイトCへの42.85 kmです。実際のリンク損失に関する情報がなければ、ケーブル全体が現在および将来のニーズを満たします。さらに、サイトBには電力がなかったため、お客様はEDFAが配置されている場所を知りたいと考えています。

取り組み

2組の16チャンネル DWDM Mux/Demuxは、サイトAとサイトC間の42.85kmの長距離伝送に展開されます。将来のネットワーク拡張を考慮して、2つのサイト間で将来の伝送用に8チャネルが予約されます。

サイトBには電力がなく、伝送中に大きなファイバ損失があるため、EDFAはサイトAとサイトCの両方で利用されます。ファイバ端の送信側にプリアンプを導入することにより、光信号がブーストされます。

サイトBでは、光減衰器を配置して、サイトAからサイトCへの信号とスイッチを介して送信される信号を一致させ、EDFAゲインを平坦化します。さらに、OPAの背後で減衰器が使用されるため、10G DWDM光モジュールのTX値が適切な範囲に維持されます。

10G DWDM Transmission

結論

この場合、FSは、お客様のさらなる拡張の需要を満たすスケーラブルなDWDMネットワークソリューションを構築します。FSには、DWDMソリューションを使用して効率的なネットワークを構築するのに役立つ他の多くのケースがあります。FSの専門家は、特定の環境に基づいてデータセンターに最適なソリューションを提供することに専念しています。

0

あなたにおすすめの記事