日本語

2つのサイト間の25G DWDMネットワークによるテラバイトのデータ伝送

Posted on 5月 31, 2022
46

背景

私たちの顧客は、最大1 TBのデータトラフィックを処理するために2つのサイト間に光ファイバーリンクを構築したいインターネットデータセンターサービスプロバイダーとして働いています。2つのサイトは互いに22km離れています。

課題

お客様は、2つのサイト間のファイバーリンクでテラバイトのデータを流す必要があります。

取り組み

25Gリンクは、10Gリンクよりも大きな容量を運びます。40CH DWDM MUXと一緒に、1000Gボリュームのデータを同時に送信できます。

2つの光回線保護スイッチ(OLP)が追加され、プライマリリンクで大きなリンク損失または故障が発生した場合にバックアップパスが提供されます。このようにして、彼らはネットワークのスムーズな実行を保証することができます。

FS 40CH DWDM MUX/DEMUXには、監視用の特定のビジネス信号を脇に置くための光スプリッターとして機能できるモニターポートが装備されています。データ送信には影響しません。

ブースター増幅器は、リンクの送信側で動作し、リーチ拡張のために集約された光入力パワーを増幅します。OPAは、受信前にDWDMチャネルの光パワーレベルを上げるためにDEMUXの前に配置されます。TDCMモジュールは、特に、分散補償の精度を確保するために必要な25G DWDM伝送システムに配置されます。これらを配置すると、リンク損失が12dBに達した場合でも、3dBの余剰が生じる可能性があります。

25G DWDM Network

結論

このケースでは、お客様がテラバイトレベルのビジネスデータ量を伝送するためにデュアルファイバーを使用する25G DWDMネットワークの構築を支援しました。コスト効率の高いソリューションは、長距離データ伝送をカバーするだけでなく、100GコヒーレントDWDMプログラムと比較してコストを節約します。

0

あなたにおすすめの記事