日本語

GIG Tech:革新的な「スパイン・リーフ」で高性能データセンターを実現!

Updated on 6月 10, 2022
169

背景

 豊富な経験を持つエッジクラウドサービス企業として、GIG Technology(下記GIG Techと呼ぶ)はパブリッククラウドの使いやすさとプライベートクラウドの専用クラウドコントローラーを統合させることに専念しています。本記事では、GIG Techはスイスのパートナーにクラウドサービスを提供しようとしており、「スパイン・リーフ」アーキテクチャで新しいデータセンターの構築を計画しました。これは近代的な中小・中堅企業、クラウドサービスプロバイダーまた大規模データセンターにとっては共通の選択肢でもあります。 FS.COMは低遅延、大容量、拡張性、経済性といったGIG Techのニーズを完全に満たすために、革新的な「スパイン・リーフ」アーキテクチャによるデータセンターの設計を支援しました。

課題

 顧客の現在および潜在的なサービスニーズを満足させる複数のラック列と設備が必要なため、GIG Techがスイスのパートナーに新しいデータセンターを建設する計画は非常に重要です。既存の傾向では、従来の3層アーキテクチャはすでにニーズを満たさないことで、革新的な「スパイン・リーフ」アーキテクチャが必要でした。
 GIG Techはネットワークインフラへの期待を具体的に伝えてくれる非常にプロなお客様であります。例えば、各ラックごとにデュアル10GSFP+、IPMIポート、管理ポートを備えた8ノードを搭載することに加えて、合計で約6PBのHDDストレージと約1PBのSSDストレージが搭載され、このストレージのほとんどは、インターネットから対応することができます。では、どのように「スパイン・リーフ」アーキテクチャを使って、GIG Techに高性能なネットワークえお導入できるのでしょうか。

ソリューション

 GIG Techのコスト効率、信頼性、キャパシティー、性能などへの要件を考慮し、FS データセンターチームは40G/100Gスパインスイッチと10G/40Gリーフスイッチを使用する「スパイン・リーフ」アーキテクチャを設計および革新しました。GIG topologyGIG 3D  このソリューションでは、バックボーンとして機能するFS 40G/100Gスパインスイッチは豊富なインタフェースオプション、高いポート密度、高速転送通信を提供し、最適かつ高信頼性の伝達構造を形成します。FSはリーフスイッチには10GS5850シリーズを採用し、アクセス層の機器からの全トラフィックの処理を行い、スパインへのアップリンクを提供します。エンドユーザーがインタネットに接続するために使用される1GToRスイッチについては、交付の前に FS データセンターチームはトポロジーと設備に厳重なテストを行い、顧客のコンピューティングとストレージのニーズを満たすために、すべてのスイッチが高密度かつ高性能な接続を提供できることを確保しました。

 FS「スパイン・リーフ」データセンターアーキテクチャの利点

  • Netconf、OpenFlow、Python、zero-configuration、Ansibleなどの自動化ソフトウェアツールにより、繰り返したネットワーク設定を簡素化し、データセンター全体をPOD(Point of Delivery)単位で構築できるようにします。
  • 拡張性がよいだけでなく、次世代ネットワークのアップグレードにも備えます。
  • スイッチの機能内でPODを追加・削除をしても、ネットワークアーキテクチャは変更されません。また、高品質かつ計画的に展開できるため、後のメンテナンスにも便利です。

 

効果

優れた拡張性:FS データセンターチームが作成した一連の「スパイン・リーフ」アーキテクチャソリューションにより、GIG Techはデータ伝送の強安定性を実現しました。このソリューションでは、拡張性に優れたことによる事業の拡大も便利です。また、ネットワークスイッチへの要求が高い大規模データセンターのアーキテクチャにも適しています。
費用対効果:「スパイン・リーフ」アーキテクチャにおいて、FS.COMはリーフスイッチとしてS5850シリーズスイッチを選択しました。このスイッチは、高性能、高信頼性、低遅延、そして有利な価格な利点を持っています。お客様がデータセンターのネットワーク構築を完了するのに役立つだけでなく、エンドユーザーに喜びの体験をもたらすことができました。 

0

あなたにおすすめの記事