日本語

ハイブリッドDWDMとCWDMネットワークの設計方法

Posted on 5月 31, 2022
32

背景

ハイブリッドDWDMおよびCWDMネットワークは、既存のインフラストラクチャを最大限に活用し、より多くの波長をサポートできます。あるITサービス会社は、FS技術チームにDWDMオーバーCWDMネットワークを構築して既存の48 km伝送を拡大し、同じWDMシステムに新しいリンクを追加するよう依頼しました。

課題

同社は、40CH DWDM MUXをネットワーク拡張のために1530nm波長の8CH CWDM MUXに接続したいと考えていました。しかし、下記のような難問があります。

1, 帯域幅の制限のため、40CH DWDM MUXはシステムに展開できません。

2, どうすればリンクに新しいサイトを追加できますか?

3, 光損失を減らし、リンク全体に十分なマージンを確保する方法は何ですか?

取り組み

FS技術チームは、40CH DWDM MUXの代わりに8CH C53-C60 DWDM MUXを1530nm波長の8CH CWDM MUXに展開して、ハイブリッドDWDMおよびCWDMネットワークを構築することを計画しました。新しいサイトから信号を追加およびドロップするために、2つのCWDM光アドドロップマルチプレクサー(OADM)が展開されます。

40CH DWDM MUXが8CH CWDM MUXの拡張ポートに直接接続されている場合、DWDM信号(C53-C60およびC27-C42)は、サイトAのCWDM MUXの1530nm/1550nm波長のポートによってダウンロードされることにご注意ください。これは、サイトAからの信号がサイトBに配信されないことを意味します。したがって、40CH DWDM MUXは展開できません。

8CH C53-C60 DWDM MUXをCWDM MUXの1530nmポートに接続します。CWDM MUXの1550nm波長のもう1つのポートは、1CH CWDM信号の送信に使用するか、実際の需要に基づいて16CH DWDM伝送用の16CH C27-C42 DWDM MUXに接続できます。

それぞれ12 kmと36 kmのノードに1つの1CH東および西OADMを追加します。OADMは、新しいサイトCおよびDから既存のWDMシステムに新しい波長チャネルを追加またはドロップできますが、これはリンク全体には影響を及ぼしません。この場合、サイトCおよびDで波長を追加/ドロップするために使用される2つの波長(1470nmおよび1490nm)があります。2つのサイトはそれぞれサイトAおよびBと通信します。

このソリューションでは、80km 10G SFP+モジュールが4つのサイトに配置されます。リンク全体の光損失は、すべての機器の挿入損失を除いて12.6dB以下であり、マージンには3dBがあります。

DWDM & CWDM Solution

結論

FS技術チームによって設計されたこのハイブリッドDWDMおよびCWDMネットワークソリューションは、お客様が現在のネットワーク容量を拡大するのに役立ち、リンク全体に影響を与えずに既存のリンクに新しいサイトを追加する柔軟性のある方法を提供します。これにより、ネットワークコストが削減され、ROIが最大化されます。FS DWDM/CWDMハイブリッドソリューションの詳細については、 ここをご覧ください。

0

あなたにおすすめの記事