日本語

Copaco N.V.:16G接続ソリューションが実現!素晴らしい体験でした

Updated on 6月 10, 2022
246

背景

 Copaco N.V.(下記はCopacoと呼ぶ)はベネルックス経済同盟とフランス情報通信技術(ICT)の販売店です。約400人の従業員を有するCopacoはユーザーにコンピューターハードウェア、プリンター、ネットワーク、データストレージ、携帯電話、ソフトウェア、産業用および家庭用電化製品などの製品を供給します。さらに、サーバー、ストレージ、モビリティ、物流、クラウドサービスなどの分野で高品質のITサービスを提供することに専念しています。企業事業の拡大につれて、3つの異なる距離の拠点に完全したリング型のネットワークアーキテクチャを構築することにしました。
 こうした状況に対して、FS.COMはFS 25G OEO光学信号再生コンバータを介して、一定の電力バジェット内で3つ拠点間のデータ伝送が完了することを確保し、社内で効率的な協調を促進することが可能です。

課題

 事業の拡大に伴い、Copacoはすでにデータセンターを3つ設立しました。また、3つの拠点間に相互接続を実現する必要があります。しかし、接続の際に、まず、電力損失によるネットワーク伝送への影響を考慮する必要があります。しかも、このような多拠点接続の問題は今、事業を拡大する企業にとっても課題となっています。
 Copacoはユーザーにより良いサービスを提供するために取り込んでいます。後のサービス拡大を容易に行うために、Copacoはリンク選択においてスケーラブルなネットワーク伝送リンクを優先しました。それにより、FS.COMデータセンターチームは拡張性があるデータ伝送ソリューションを設計および革新しました。

ソリューション

 Copacoが直面する課題に応じて、FS.COMはプロな分析とテストレポートに基づいて、サービスの拡大をサポートできる2つのソリューションを提供しました。Copaco NV

  • 多拠点のテストに基づき、AMSの拠点ではFS 25G OEO光学信号再生コンバータを用いてサービス信号の再生を行い、リンクの損失要件を満たすように光信号を増幅しています。これにより、16Gのサービス信号はCopacoのデータ伝送サービスに適している上に、隣接する拠点間の既存の100Gまた10Gのデータ伝送サービスにも影響を与えないようになります。

 このソリューションでは、AMS1、AMS4、AMS5間の接続を完成するために、6つのDWDMモジュールが必要です。FS OEOの機能構成は下図のとおりです。Copaco NV topology

  • ほかに、8Gのデータ伝送サービス2つは16Gのデータ伝送サービスに置き換えられることが可能です。80kmまで伝送できる8Gモジュールの電力バジェットは23dBのため、2組のMUX/DEMUXによる14dBの機器損失とAMS1、AMS4、AMS5の両端のリンクによる7dBのリンク損失を満足できます。また、後の設置やリンクによる8Gの電力バジェットが不足しても、AMS4拠点にOEOを設置することで解決できます。

 このソリューションでは、8Gデータ伝送サービスに対応した機器とMUX/DEMUXの上でそれをサポートできる十分なポート数が必要です。

効果

ケーブルコストの節約: Copacoはデュアルファイバ DWDM16チャンネルマルチプレクサを利用して、リンクリソースの統合とよりよいケーブルコストの節約を実現しています。
将来のネットワーク拡張の容易性: このソリューションでは、信号性能を増幅するOEOにより、電力損失の低減を実現できます。その結果、リンクの安定性を確保するだけでなく、将来の事業の拡大もサポートします。

0

あなたにおすすめの記事