日本語

FS OADMソリューションはアクセスポイントをCWDMネットワークに追加

Posted on 5月 31, 2022
181

背景

増大する帯域幅と容量の需要により、ネットワークは柔軟で費用対効果の高いデータ光伝送ソリューションを探しています。イリノイ州のマーフィーズボロ政府は、地域内の公共インフラストラクチャの7つのサイトをサポートする柔軟性の高いネットワークを作成するために、ネットワーク容量を増やす必要がありました。

課題

政府は、既存のギガビットイーサネットスイッチにマルチモードファイバを介して接続された5つの建物を持ち、都市のLANにアクセスできる多数の建物をリンクするために町にシングルモードファイバを設置しました。 彼らはWDMテクノロジーに関する知識がほとんどなく、既存の波長を活用してリンクに新しいサイトを追加する方法を知りませんでした。 比較的長いデータ伝送を実現するためにマルチモードをシングルモードファイバに転送する方法は何ですか?

取り組み

OEOは、標準のSFP SX光モジュールを対応するCWDMモジュールに変換するために展開されました。そのため、マルチモードファイバをシングルモードファイバに変更して、リンク範囲を拡大します。

サイト3で波長を分離するには、8チャンネルCWDM Mux/Demuxの後に4チャンネルOADMを配置します。CWDM OADMは、ネットワーク内の任意のノードで選択した波長を追加/ドロップし、必要に応じてネットワークノードの容量をシームレスに変更する機能を提供します。この場合、サイト4、5、6、7の異なる場所にドロップされる4つの波長(1470、1490、1510、1530)があります。

OADM Solution

結論 

この設計により、リンク全体に新しいサイトを追加できるだけでなく、将来のファイバ拡張に備えた柔軟で透過的なソリューションが提供されます。FS CWDMおよびOADM機器は簡単にインストールでき、高速ネットワーク展開が可能で、低消費電力であり、これらすべてが魅力的なROIを実現しながらコストを大幅に削減します。

あなたにおすすめの記事