日本語

光回線保護を備えた長距離DWDM伝送

Posted on 5月 31, 2022
34

背景

DWDMネットワークは、既存のファイバーの使用を最大化し、ネットワーク投資を最適化するのに役立ちます。コソボのIT企業であるクライアントKujtesaは、光伝送リンクの容量を79 kmに拡張することを決定し、将来のスケーラビリティのために120 kmのバックアップパスを計画しました。

課題

顧客はネットワークインフラストラクチャを改善する必要があり、より信頼性が高くスケーラブルなネットワークの構築を望んでいました。直面した問題は次のとおりです:

  • 1、将来の容量拡張を達成しながらリンク保護を確立する方法は?

  • 2、光損失を低減し、長距離伝送で信頼性が高く安定した伝送のために十分な予備予算を確保する方法は?

取り組み

FSのエンジニアは、光回線保護を備えた40CH DWDMシステムを展開して、現在および将来のネットワーク容量の増加に対応することを計画しています。

OEOは、1Gおよび10G光信号を対応するDWDM波長に変換するために使用されます。また、1+1光回線保護スイッチ(OLP)を展開して、代替パスを作成します。メインファイバに障害が発生した場合、保護回線は信号を送信し続けます。したがって、伝送全体の信頼性が高まります。

プライマリパスの光損失を減らすために、ブースターアンプ(OBA)を使用して、透過光のパワーを増加させます。プリアンプ(OPA)は、弱い光信号を増幅するために適用されます。さらに、いくつかの光減衰器を使用して、安定した望ましいレベルで光パワーを確保します。このソリューションでは、プライマリリンクの光損失は21dBであり、リザーブバジェット用に5dBありますが、バックアップパスの光損失は34dBで、4dBのリザーブバジェットがあります。

Long-haul DWDM Transmission

結論

光ファイバ伝送の分散補償のために、分散補償モジュール(DCM)を両側で使用する必要があることに注意してください。現在の伝送には、40kmのDCMが必要ですが、将来のリンクには80kmのDCMを使用する必要があります。

0

あなたにおすすめの記事