日本語

FS FHDモジュラーケーブルシステムによるネットワーク拡張

Posted on 5月 31, 2022
207

背景

視覚効果と制作に携わる有名なメディア企業は、FSの長期的なパートナーです。彼らは多くの著名な監督や映画会社と協力していますので、信頼できる安定したネットワークを構築することがビジネスに不可欠です。この会社は、データセンターのストレージ容量を拡大し、16のキャビネットとパッチベイ間で40Gおよび10Gの伝送を実現したいと考えていました。事業拡大のためにベイ16に新しいファイバーケーブルを追加することを計画し、効率的なケーブル管理のために組織的なケーブルを必要としました。 明確な高密度ケーブルインフラストラクチャを維持しながら、ベイ1とベイ16の間に極性クリア40G MTPケーブル、およびパッチベイの40-10G伝送を展開することが課題となっています。

課題

FSは、MTPトランクケーブルとモジュラー設計のプラグアンドプレイFHDカセットおよびアダプタパネルを使用して、顧客が容易な管理で復元力のある安全なネットワークを構築できるようにします。

取り組み 

FSは、MTPトランクケーブルとモジュラー設計のプラグアンドプレイFHDカセットおよびアダプターパネルを使用して、顧客が容易な管理で復元力のある安全なネットワークを構築できるようにします。

ベイ8、メスMTP-12では、タイプBトランクケーブルを使用して、40G伝送用にNASストレージデバイスを直接接続します。

ベイ1では、40G信号が、1U FHDファイバエンクロージャに接続されたタイプBトランクケーブルのメスMTP-12によってネットワークスイッチに配信されます。

ベイ1とベイ16は144本のファイバMTPトランクケーブルで接続されており、両端のFHDファイバエンクロージャーのMTPアダプタパネルに終端されています。その後、NASストレージデバイスによって40G拡張ストレージが実装されます。

ベイ16とパッチベイ間の40Gリンクは、MTP-LCタイプAカセット、MTP-12、タイプAトランクケーブル、およびMTP-LCタイプAFカセットによって実現されます。また、この接続により、正しい極性のケーブル接続を確保できます。

パッチベイでは、これらの40GリンクはMTP-LCカセットを介して4つの10Gリンクに分割され、10GリンクはLC OM4ケーブルでサーバーに接続されます。

Network Expansion

結論

このFHDモジュラーケーブルソリューションは、お客様が迅速なインストールでネットワーク容量を拡大するのに役立ちます。また、高密度環境のケーブル接続を簡素化し、管理性やパフォーマンスを犠牲にすることなくデータセンターのスペースを節約します。

あなたにおすすめの記事