日本語

デュアルファイバ上で100Gコヒーレント光を使用するポイントツーポイントDWDMアーキテクチャ

Posted on 5月 31, 2022
33

背景

DWDMシステムが長距離伝送ネットワークよりも望ましいソリューションであることは広く認められています。長距離リンクで発生する分散と減衰を克服し、システムパフォーマンスを向上させるには、適用可能なDWDMコンポーネントの選択と展開が不可欠です。最近、クライアントの1人が100G DWDMネットワークの展開でいくつかの問題に遭遇し、60kmデュアルファイバ伝送のソリューションを必要としていました。

課題

現在2ペアのファイバリンクがありますが、将来的にはトラフィック伝送用のチャネルがさらに必要になる可能性があります。

光パス全体の総損失は28dB未満でなければならないが、60kmリンクのリンク損失全体はほぼ24dBであり、クライアントはすでに1+1 OLPを取得しているため、必要な増幅器の数と増幅器の場所問題になるように配置されます。

さらに、クライアントは光学的モニタリングのために追加の機器を必要とします。

取り組み

FS OTN技術チームは、100G DWDM設計のポイントツーポイントモデルを提案します。

2つのトラフィックチャネルと将来的にはさらに多くのチャネルが正常に実行されるように、2つの16CH DWDM MUX/DEMUXが配備され、最大16x100Gトラフィック伝送をサポートできます

QSFP28モジュールの距離制限により、100Gトランスポンダを使用してQSFP28を100GコヒーレントCFPに変換し、より長い距離で100Gデータ伝送を実現します。

各リンクでは、ブースター増幅器(BA)がDWDM MUX/DEMUXの後ろにインストールされ、OLPのリンク損失と挿入損失を考慮して、プリアンプ(PA)がDWDM MUX/DEMUXの前に配置されます。

トランシーバーモジュールが-3dBmから-15dBmの範囲に制限された100G DWDMモジュールの出力パワーで適切に機能するように保つために、いくつかの光減衰器が装備されています。

2つのファイバ双方向リンクを監視する目的で、カスタマイズされたOTDRと1x4 OSW光スイッチを使用して、クライアントが手動で光パスを切り替えるか、自動で監視できるようにします。

Point-to-Point DWDM Architecture

結論

この場合、FSは、クライアントがFS FMTシリーズ製品とカスタマイズされたDWDMコンポーネントを使用してスケーラブルな100G DWDMソリューションを構築し、高性能の帯域幅とリンクセキュリティを保証するのに役立ちます。

0

あなたにおすすめの記事