キャンセル

ともや

2021年4月13日

ネットワーク拡張カード(NIC)とは?取り付ける方法とドライバーのインストレーションについて動画で説明

ネットワークインターフェスカード、通称NIC(Network Interface Card、下記NICと呼ぶ)です。拡張装置として、ネットワークの接続に必要とされます。接続するネットワークによって、NICの仕様や形状も異なります。例えば、PCIeカード、サーバー用イーサネットカードなど。

NICの定義に触れる前に、国家や地域によってNICの名称が異なるということをあらかじめご了承いただきたいです。ネットワークインターフェスコントローラーとか、イーサネットカードとか、LANカードとか、ネットワークアダプタあるいはネットワークアダプタカード(NAC)、様々な名前を持っています。 少し紛らわしいかもしれないですが、どちらもNICを指していることは間違いないです。NICはプリント基板として、ネットワーク関連機器とネットワーク間の通信を実現するための拡張装置です。現在では、内蔵型NICはコンピュータやネットワークサーバーに普及しています。それ以外、サーバー用イーサネットカードのようなデバイスの拡張スロットに挿入するタイプも存在します。

 詳しくは「NICとは?その定義、機能と種類について解説」をご覧ください。


390

おすすめのコンテンツ