日本語

400GBASE-LR8 モジュールと400GBASE-LR4 モジュールとの比較について

Updated on 6月 7, 2022
221

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト より広い帯域幅、大容量、低遅延に対する要求の高まりに伴い、クラウド型データセンターでは、より高速なネットワーク速度への移行が進んでいます。過去数年間、データセンター全体のリンク速度は25G/100Gから100G/400Gへと上昇しています。400Gの光トランシーバは、特にOSFP、QSFP-DD、CFP8が注目されています。

 

400GBASE-LR8と400GBASE-LR4:仕様

  FS 400G QSFP-DD LR4とFS 400G QSFP-DD LR8は、高速光伝送だけでなく、長距離伝送にも対応した独自の設計になっています。
  400G QSFP-DD LR4 400G QSFP-DD LR8
最大通信速度 400Gbps 425Gbps
最大到達距離 10km 10km
メディア SMF SMF
コネクター デュプレックスLC デュプレックスLC
変調方式 100G PAM4 50G PAM4
消費電力 ≤12W ≤14W
通信プロトコル 100Glambda MSA IEEE 802.3bs
 

400GBASE-LR8と400GBASE-LR4:比較


  400G QSFP-DD LR4 400G QSFP-DD LR8
メリット ①ビットコストと消費電力に優れる②製造のコストがより低価 ①リンクバジェットが改善される ②デジタル信号のシグナル・インテグリティを確保できる
デメリット BERで通信を行うため、シグナルインテグリティを確保するため、強力なFECメカニズムが必要 高いレーザートータルコストと高度な光学パッケージングによる生産量の低下と生産コストの上昇

 

ボーレート

 ボーレート(単位:baud)とは、デジタルデータを1秒に何回だけ変復調できるはを示す値のことです。ボーレートの値が大きければ大きいほど、同じ時間内、より多くのデータを伝送することができます。PAM4は1シンボルあたり2ビットを伝送するため、「50G PAM4」はボーレートが25ギガbaudに対して、「100G PAM4」はボーレートが50ギガbaudということになります。 パッケージ、光部品、ASIC/DSP、アナログエレクトロニクスが同じ場合、より高い波長容量を持つトランシーバーやより多くのビット/秒を持つトランシーバーは、ビットあたりのコスト、消費電力、フットプリントを削減することができます。したがって,「100G PAM4」の400G QSFP-DD LR4は,「50G PAM4」の400G QSFP-DD LR8よりも、ビットコストと消費電力という性能に優れています。

 

パラレルオプティック

 400G光トランシーバー(QSFP-DDとOSFP)は、電気側は常に50Gbps PAM4の8レーンです。光側は、400G QSFP-DD LR8が50Gbps PAM4のレーザーを8本、400G QSFP-DD LR4が100Gbps PAM4のレーザーを4本持っており、8×50Gbps PAM4から4×100Gbps PAM4への電気変換(Gearbox)が必要です。400G LR8モジュールでは、レーザーの数が比較的多いため、製造コストが高くなります。Parallel Optic
0

あなたにおすすめの記事