日本語

FS 200G/400G CFPーDCO モジュールの概要

Updated on 4月 28, 2022
83

FS 200G/400G CFP2-DCO transceivers

 ネットワークトラフィック量の急増に伴い、データセンター間接続(DCI)、メトロ、長距離通信など様々なアプリケーショシナリオにおいて、より大容量、高密度、低複雑さを持つ光伝送への新たな要求が高まっています。高度な機能と設計により、新規な機能と設計により、FS 200G/400G CFP2-DCO コヒーレント・トランシーバは、柔軟性、性能、信頼性を魅力的に組み合わせ、データセンター間接続(DCI)やメトロ通信アプリケーションに最適な製品を提供することが可能です。

FS 200G/400G CFPーDCO モジュールの仕様

 FS 200G/400G CFP2-DCOモジュールは幅広いアプリケーショのニーズに応えるために、様々な変調方式を持ち、異なる伝送レートと距離に対応します。以下の図表には、FS 200G/400G CFP2-DCOモジュールの特徴と仕様を示しています。

DWDM-200CFP2-DCO DWDM-400CFP2-DCO
最大伝送レート 100/200Gbps 100/200/400Gbps
グリッド間隔 50GHz 50GHz/75GHz (200G) 75GHz (400G)
チャネル 96 80/96/(200G) 80 (400G)
最大ケーブル距離 1000km (100G) w/ EDFA 800km (200G) w/ EDFA 距離80km 1000km (200G) w/ EDFA 200km (400G) w/ EDFA
コネクタ LC デュプレックス LC デュプレックス
回線変調 PM-QPSK (100G) PM-16QAM (200G) PM-16QAM (400G/200G) PM-16QAM PS (200G) PM-QPSK (200G)
消費電力 ≤ 24W ≤ 28W

FS 200G/400G CFPーDCO モジュールの特徴

 FS 200G/400G CFP2-DCOモジュールは、先端的かつ革新的な設計により、光通信に強力な性能と柔軟性を提供し、厳格なテストにより現場で証明された信頼性を提供することができます。

超大容量光通信

 QPSKや16QAMなど、最先端の高効率なデジタル変調方式を用いたコヒーレント光トランシーバは、同じ周波数帯域で比較すると2倍、4倍の伝送容量を持ち、無線通信において周波数利用効率の向上に貢献していると言えます。そのため、FS CFP2-DCOモジュールは超大容量情報伝送を可能にし、100/200/400Gbpsの超高速光ネットワークの構築を支援します。

超長距離伝送

 デジタル信号処理(デジタルシグナルプロセッサ、DSP)チップと電子式分散補(EDC)を内蔵したFS CFP2-DCOモジュールは、分散補償機能を持つため、分散補償ファイバ(DCF)や分散補償モジュール(DCM)などの分散補償デバイスが必要なく、光ファイバーリンクの品質を向上させることができます。FS 200G/400G CFP2-DCOは、EDFAと組み合わせて最大2000kmの超長距離伝送を可能にします。

柔軟性の向上

 FS 200G/400G CFP2-DCOモジュールは、ホットプラグ可能なCFP2フォームファクターを採用しており、複雑なキャリブレーションが不要となり、運用の柔軟性を向上させます。プラガブルオプティクスの採用により、1つのモジュールに障害が発生しても、ラインカード全体ではなく、そのモジュールのポートにのみ影響が及ぶ。さらに、異なる変調方式によるFS CFP2-DCOモジュールは、データ伝送の柔軟性を向上させることが可能です。

性能テストによる高信頼性

 FS 200G/400G CFP2-DCOモジュールは、高度な分析装置を備えたFS Assured Programにおいて、フィールドで実証された信頼性を確保するために十分なテストが行われています。以下は、あらゆる面で最適な性能を保証するために、光トランシーバーに対して行われる様々なテストです。

 ◉TX/RX信号品質試験

 ◉信頼性・安定性試験

 ◉転送速度とプロトコル試験

 ◉光スペクトラム測定

応用シーン

 上記の優れた特徴とハイライトに基づき、FS 200G/400G CFP2-DCOモジュールは、最大到達距離とデータレートのための高性能と高信頼性を提供し、メトロポリタン エリア ネットワーク(MAN)や長距離ネットワーク、データセンターの相互接続などの複数のネットワークシナリオに対して効果的かつ経済的なソリューションとなっています。

 例えば、データセンタ相互接続 (DCI) アプリケーションにおいては、FS 400G CFP2-DCOモジュールは、400Gイーサネット用に75GHzのチャネル間隔を使用し、ファイバーの総伝送容量を強化させます。さらに、FS CFP2-DCOモジュールは、プラガブルフォームファクター内で性能を最適化したコヒーレント技術を採用しており、距離の制約を克服してより大容量の接続を実現できます。

 以下は、データセンター相互接続用の200G/400G CFP2-DCOモジュールの接続図です。mux/demuxとEDFAにより、コヒーレント光技術に対応したソリューションは柔軟性と拡張性をさらに向上させることができます。



CFP2-DCO transceivers for DCI Application

0

あなたにおすすめの記事