キャンセル

FS S3900シリーズスイッチ

概要

S3900シリーズスイッチは、S3900-24T4S、S3900-24F4S、S3900-48T4Sの3つのモデルで構成されます。これらは、SMB、キャンパス、およびエンタープライズネットワーク向けに設計され、Broadcomチップを搭載し、10G SFP+アップリンクをサポートするフルマネージドスタッカブルギガビットスイッチです。

S3900-24T4S S3900-24F4S S3900-48T4S

製品ガイドライン

製品ガイドライン

ケーススタディ

ダウンロード

FAQ

基本情報
スイッチの概要
サポートされているモジュールとケーブル
Ixiaテストレポート
EOM、EOFS、EOSの日付
構成ガイド
LACP
DHCPスヌーピング
音声VLAN
ログインガイド
インターフェイスベースのVLAN
MACアドレスベースのVLAN
IPサブネットベースのVLAN
プロトコルベースのVLAN
SNMP
ポートミラーリング
トラフィックセグメンテーション
スイッチスタック
STP構成

FS S3900シリーズスイッチでMACアドレスベースのVLANを構成する方法

FS.COMより に投稿された

MACアドレスベースのVLANは、タグなしの着信パケットを、パケットの送信元MACアドレスに基づいてVLANに割り当てることができる方法です。ユーザーが頻繁に物理的な場所を変更しても、ネットワーク管理者はVLANを再構成する必要がありません。ネットワーク上のセキュリティとアクセスの柔軟性を向上させます。MACアドレスベースのVLAN構成をサポートするFS S3900シリーズスイッチは、ラップトップなどのネットワークカードの交換頻度が低い一方で物理的な場所が頻繁に変更されるSMBに非常に適しています。

FS S3900シリーズスイッチでのMACアドレスベースのVLANアプリケーション

次の図は、FS S3900-24T4Sスイッチでの一般的なMACアドレスベースのVLANアプリケーションを示しています。2つのS3900-24T4Sスイッチが相互に接続され、S3900-24T4Sスイッチ2がPC1およびPC2に接続されています。次に、MACアドレスベースのS3900-24T4Sスイッチ1のVLANは、PC1またはPC2が会社のネットワークに簡単にアクセスできます。PC1またはPC2の物理的な場所が変わっても、会社のネットワークにアクセスできます。ただし、他のPCはこのネットワークにアクセスすると、ネットワークのセキュリティと柔軟性が大幅に向上します。

MAC Address-based VLAN Application.jpg

FS S3900シリーズスイッチにMACアドレスベースのVLANを実装する方法

FS S3900シリーズスイッチは、MACアドレスベースのVLAN構成をサポートするS3900-24T4S、S3900-24F4S、およびS3900-48T4Sスイッチで構成されます。静的MAC VLANを構成する場合、ネットワーク管理者はMACアドレスエントリを手動で構成してMACアドレスを有効にする必要がありますベースのVLAN機能:この方法は、数人のユーザーがいる小規模なネットワークに適しています。

ご注意:


  • 静的MACを手動で構成する場合、PCの正しいMACアドレスを入力する必要があります。

  • MACアドレスがMAC VLANに関連付けられている場合、そのMACアドレスを使用して他のMAC VLANを構成することはできません。

  • アクセスおよびトランクインターフェイスでは、MACアドレスベースのVLANがPVID(ポートVLAN ID)と同じである場合にのみ機能を正常に適用できるため、ハイブリッドインターフェイスでMACアドレスベースのVLANを設定する必要があります。

S3900シリーズスイッチのMACアドレスベースのVLAN構成ロードマップ

S3900シリーズスイッチのMACアドレスベースのVLAN構成は、CLIおよびWeb GUIインターフェースを介して実現できます。CLIインターフェースを介した構成プロセスは次のとおりです。


  • PCのMACアドレスを確認します。

  • スイッチにVLANを作成し、IPアドレスを設定します。

  • スイッチのポートをハイブリッドインターフェイスとして設定し、VLANタグを削除します。

  • PCのMACアドレスを設定し、対応するVLANに関連付けます。

  • pingコマンドを使用して、PC上のスイッチのVLAN IPアドレスを照会し、構成を確認します。

S3900シリーズスイッチCLI経由のMACアドレスベースのVLAN構成

1. Check the MAC addresses of the PC1/ PC2 (PC1: E4-54-E8-9D-AB-42; PC2: 8C-EC-4B-4F-77-E2).

2. Create VLAN 10 on the S3900-24T4S switch 1 and set the IP address.

S3900-24T4S#configure terminal
S3900-24T4S(config)#vlan database
S3900-24T4S(config-vlan)#vlan 10
S3900-24T4S(config-vlan)#exit
S3900-24T4S(config)#int vlan 10
S3900-24T4S(config-if)#ip add 192.168.20.1/24

3. Configure the eth1/1 of the S3900-24T4S switch 1 as hybrid port and remove the tags of VLAN 10.

S3900-24T4S(config)#int ethernet 1/1
S3900-24T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-24T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 10 untagged

4. Configure the MAC addresses of the PC1 and PC2 and associate them with VLAN 10 (support priority setting and generally the default VLAN is 0).

S3900-24T4S(config)# mac-vlan mac-address E4-54-E8-9D-AB-42 vlan 10
S3900-24T4S(config)# mac-vlan mac-address 8C-EC-4B-4F-77-E2 vlan 10

5. Verify the configuration. Use ping commands to inquiry the IP address of VLAN 10 on the PC1.

C:UsersDell>ping 192.168.20.1
Pinging 192.168.20.1 with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=11ms TTL=64
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=2ms TTL=64

Ping statistics for 192.168.20.1:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 2ms, Maximum = 11ms, Average = 4ms

Use ping commands to inquiry the IP address of VLAN 10 on the PC2.

C:UsersDell>ping 192.168.20.1
Pinging 192.168.20.1 with 32 bytes of data:
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=11ms TTL=64
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
Reply from 192.168.20.1: bytes=32 time=2ms TTL=64

Ping statistics for 192.168.20.1:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 2ms, Maximum = 11ms, Average = 4ms

Connect the PC2 with the S3900-24T4S switch 2 (the MAC address of the PC2 is not associated with VLAN 10) and use the ping commands to inquiry the IP address of VLAN 10 of S3900-24T4S switch 1.

C:UsersDell>ping 192.168.20.1
Pinging 192.168.20.1 with 32 bytes of data:
Request timed out
Request timed out
Request timed out
Request timed out

Ping statistics for 192.168.20.1:
Packets: Sent = 4, Received = 0, Lost = 4 (100% loss)

S3900シリーズスイッチWeb GUI経由のMACアドレスベースのVLAN構成

S3900シリーズスイッチのWeb GUIインターフェースにログインして、スイッチのMACアドレスベースのVLANを構成します。詳細なプロセスを以下に示します。

1. Switch Management > VLAN > Static VLAN >VLAN Management > New, create new VLAN on the switch.

2. Enter the VLAN-MAC-Based Vlan interface and associate the MAC address with VLAN 10 in PC1. At the same time, you can choose the priority setting and generally the default VLAN is 0 (the processes of the PC2 are same to the PC1).

関連記事:

FS S3900シリーズスイッチでのインターフェイスベースのVLAN構成
FS S3900シリーズスイッチの音声VLAN設定


お名前
すべての種類
日付
ファイル