キャンセル

FS S3900シリーズスイッチ

概要

S3900シリーズスイッチは、S3900-24T4S、S3900-24F4S、S3900-48T4Sの3つのモデルで構成されます。これらは、SMB、キャンパス、およびエンタープライズネットワーク向けに設計され、Broadcomチップを搭載し、10G SFP+アップリンクをサポートするフルマネージドスタッカブルギガビットスイッチです。

S3900-24T4S S3900-24F4S S3900-48T4S

製品ガイドライン

製品ガイドライン

ケーススタディ

ダウンロード

FAQ

基本情報
スイッチの概要
サポートされているモジュールとケーブル
Ixiaテストレポート
EOM、EOFS、EOSの日付
構成ガイド
LACP
DHCPスヌーピング
音声VLAN
ログインガイド
インターフェイスベースのVLAN
MACアドレスベースのVLAN
IPサブネットベースのVLAN
プロトコルベースのVLAN
SNMP
ポートミラーリング
トラフィックセグメンテーション
スイッチスタック
STP構成

FS S3900シリーズスイッチでのIPサブネットベースのVLAN構成

FS.COMより に投稿された

VLAN(仮想LAN)は、データネットワークレイヤーでコンピューターネットワークに分割および分離されているブロードキャストドメインであり、さまざまな物理LANのデバイスを単一の論理ネットワークにグループ化し、シンプルさ、セキュリティ、トラフィック管理、または経済性を向上させます。

VLAN設定には4つのタイプがあり、インターフェイスベースのVLAN、MACアドレスベースのVLAN、IPサブネットベースのVLAN、プロトコルベースのVLAN、およびポリシーベースのVLANで構成されます。これらの構成の中で、IPサブネットに基づくVLANの割り当ては、モビリティと簡素化された管理に対する高い要件があり、セキュリティに対する要件が低いシナリオに適用されます。この記事では、FS S3900シリーズL2 +スイッチのIPサブネットベースのVLAN機能について説明します。

FS S3900シリーズスイッチでのIPサブネットベースのVLANアプリケーション

データセンターには、さまざまなIPサブネットを使用する複数のサービスがあります。異なるサービスを異なるVLANに割り当て、VLAN IDに基づいて異なるリモートネットワークに分散する必要があります。たとえば、次の図は、3つのVLANのトラフィックを処理するように構成された3つのポートを持つFS S3900-24T4Sスイッチを示しています。IPサブネットベースのVLAN構成により、スイッチのインターフェイスイーサネット1/0/5-1/0/7がルーターから受信したデバイスに異なるVLAN IDのパケットを送信できるように、3つの異なるIPアドレスがVLAN 10、VLAN 20、VLAN 30に個別に割り当てられます。

IP subnet-based VLAN application.png

この例では、IPサブネットベースのVLAN割り当てによりトラフィックが減少し、ネットワークが高速化されます。さらに、通常、各サブネットはVLANに対応しています。IPサブネットベースのVLANで構成されたポートは、ポートが変更された場合でも、パケットの送信元アドレスに基づいてパケットをVLANに割り当てます。これにより、IPサブネットベースのVLAN機能の柔軟性が示されます。

IPサブネットベースのVLANのハードウェア接続ガイド

次の例では、FS S3900-24T4SスイッチがIPサブネットベースのVLAN用に構成されています。PC-1、PC-2、PC-3はそれぞれ異なるIPサブネットに属しています。スイッチのインターフェイスイーサネット1/1-3は、ハイブリッドポートとして構成されています。VLAN 10、VLAN 20、およびVLAN 30のタグなしパケットは、これらのポートで送受信されます。

IP subnet-based VLAN connection.png

ご注意:


  • IPサブネットベースのVLAN構成は、ハイブリッドポートにのみ適用できます。

  • IPサブネットベースのVLAN構成は、タグなしパケットにのみ適用されます。

IPサブネットベースのVLAN構成ロードマップ

FS S3900シリーズスイッチでIPサブネットベースのVLANを構成するには、次のガイドラインに従う必要があります。


  • スイッチにVLANを作成し、IPアドレスを構成します。

  • ハイブリッドインターフェイスを設定し、タグなしモードで対応するVLANに割り当てます。

  • 3台のPCでそれぞれpingゲートウェイテストを構成します。

  • スイッチのVLANインターフェイスをチェックして、PCがゲートウェイIPアドレスにpingできるかどうかを確認します。

CLIを介したFS S3900スイッチIPサブネットベースのVLAN構成

1. Create IP subnet-based VLANs on S3900-24T4S switch.

S3900-24T4S#configure terminal
S3900-24T4S(config)#subnet-vlan subnet 10.1.1.0 255.255.255.0 vlan 10
S3900-24T4S(config)#subnet-vlan subnet 10.1.2.0 255.255.255.0 vlan 20
S3900-24T4S(config)#subnet-vlan subnet 10.1.3.0 255.255.255.0 vlan 30
S3900-24T4S(config)#exit

2. Verify IP subnet-based VLAN configuration.

S3900-24T4S#show subnet-vlan
IP subnet.png

3. Create VLAN 10, VLAN 20 and VLAN 30 on the switch.

S3900-24T4S#configure terminal
S3900-24T4S(config)#vlan database
S3900-24T4S(config-vlan)#vlan 10
S3900-24T4S(config-vlan)#vlan 20
S3900-24T4S(config-vlan)#vlan 30
S3900-24T4S(config-if)#exit

4. Configure IP address on the switch.

S3900-24T4S(config)#interface vlan 10
S3900-24T4S(config-if)#ip add 10.1.1.1/24
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-24T4S(config)#int vlan 20
S3900-24T4S(config-if)#ip add 10.1.2.1/24
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-24T4S(config)#interface vlan 30
S3900-24T4S(config-if)#ip add 10.1.3.1/24
S3900-24T4S(config-if)#exit

5. Configure Ethernet 1/1, Ethernet 1/2, and Ethernet 1/3 as hybrid interfaces and permit packets of VLAN 10, 20, and 30 to pass through in an untagged mode.

S3900-48T4S(config)#interface ethernet 1/1
S3900-48T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 10 untagged
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 20 untagged
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 30 untagged
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-48T4S(config)#int ethernet 1/2
S3900-48T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 30 untagged
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 20 untagged
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 10 untagged
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-48T4S(config)#int ethernet 1/3
S3900-48T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 10 untagged
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 20 untagged
S3900-48T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 30 untagged
S3900-24T4S(config-if)#exit

6. Configure pinging gateway test on PC-1, PC-2 and PC-3 respectively.

C:UsersDell>ping 10.1.1.1
Pinging 10.1.1.1 with 32 bytes of data:
Reply from 10.1.1.1: bytes=32 timeReply from 10.1.1.1: bytes=32 timeReply from 10.1.1.1: bytes=32 timeReply from 10.1.1.1: bytes=32 timePing statistics for 10.1.1.1:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
C:UsersDell>ping 10.1.2.1 Pinging 10.1.2.1 with 32 bytes of data:
Reply from 10.1.2.1: bytes=32 timeReply from 10.1.2.1: bytes=32 timeReply from 10.1.2.1: bytes=32 timeReply from 10.1.2.1: bytes=32 timePing statistics for 10.1.2.1:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
C:UsersDell>ping 10.1.3.1
Pinging 10.1.3.1 with 32 bytes of data:
Reply from 10.1.3.1: bytes=32 timeReply from 10.1.3.1: bytes=32 timeReply from 10.1.3.1: bytes=32 timeReply from 10.1.3.1: bytes=32 timePing statistics for 10.1.3.1:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms

7. Check the VLAN interface on S3900-24T4S switch.

S3900-24T4S#show vlan all
VLAN ID : 1
Name : DefaultVlan
Type : Static
Members : Eth1/ 1(S) Eth1/ 2(S)Eth1/ 3(S) Eth1/ 4(S) Eth1/ 5(S)
Eth1/ 6(S) Eth1/ 7(S) Eth1/ 8(S) Eth1/ 9(S) Eth1/10(S)
Eth1/11(S)Eth1/12(S)Eth1/13(S) Eth1/14(S) Eth1/15(S)
Eth1/16(S) Eth1/17(S) Eth1/18(S) Eth1/19(S) Eth1/20(S)
Eth1/21(S) Eth1/22(S) Eth1/23(S) Eth1/24(S) Eth1/25(S)
Eth1/26(S) Eth1/27(S) Eth1/28(S) Eth1/29(S) Eth1/30(S)
Eth1/31(S) Eth1/32(S) Eth1/33(S) Eth1/34(S) Eth1/35(S)
Eth1/36(S) Eth1/37(S) Eth1/38(S) Eth1/39(S) Eth1/40(S)
Eth1/41(S) Eth1/42(S) Eth1/43(S) Eth1/44(S) Eth1/45(S)
Eth1/46(S) Eth1/47(S) Eth1/48(S) Eth1/49(S) Eth1/50(S)
Eth1/51(S) Eth1/52(S)
VLAN ID : 10
Name :
Type : Static
Members : Eth1/ 1(S) Eth1/ 2(S) Eth1/ 3(S)
VLAN ID : 20
Name :
Type : Static
Members : Eth1/ 1(S) Eth1/ 2(S) Eth1/ 3(S)
VLAN ID : 30
Name :
Type : Static
Members : Eth1/ 1(S) Eth1/ 2(S) Eth1/ 3(S)

関連記事:

FS S3900シリーズスイッチでのインターフェイスベースのVLAN構成
FS S3900シリーズスイッチの音声VLAN設定


お名前
すべての種類
日付
ファイル