キャンセル

FS S3900シリーズスイッチ

概要

S3900シリーズスイッチは、S3900-24T4S、S3900-24F4S、S3900-48T4Sの3つのモデルで構成されます。これらは、SMB、キャンパス、およびエンタープライズネットワーク向けに設計され、Broadcomチップを搭載し、10G SFP+アップリンクをサポートするフルマネージドスタッカブルギガビットスイッチです。

S3900-24T4S S3900-24F4S S3900-48T4S

製品ガイドライン

製品ガイドライン

ケーススタディ

ダウンロード

FAQ

基本情報
スイッチの概要
サポートされているモジュールとケーブル
Ixiaテストレポート
EOM、EOFS、EOSの日付
構成ガイド
LACP
DHCPスヌーピング
音声VLAN
ログインガイド
インターフェイスベースのVLAN
MACアドレスベースのVLAN
IPサブネットベースのVLAN
プロトコルベースのVLAN
SNMP
ポートミラーリング
トラフィックセグメンテーション
スイッチスタック
STP構成

FS S3900シリーズスイッチでのプロトコルベースのVLAN構成

FS.COMより に投稿された

通常、LANネットワークには、IPTV、VoIP、インターネットアクセスなど、さまざまなプロトコルを使用した複数のサービスがあります。ネットワーク管理を容易にするために、同じプロトコルを使用するサービスは、管理のために同じVLANに分類されます。したがって、1つのネットワークに複数のプロトコルベースのVLANが存在します。IP、IPX、ATなどのプロトコルに基づいてデータフレームを処理するプロトコルベースのVLANは、タグなしパケットのフィルタリング基準を定義するためにハイブリッドインターフェイスでのみ構成できるVLANです。この記事では、キャンパスネットワーク、SMB、およびホームネットワーク用に設計されたFS S3900シリーズスイッチ のプロトコルベースのVLAN構成に焦点を当てます。

FS S3900シリーズスイッチでのプロトコルベースのVLANアプリケーション

次の図は、S3900-24T4S管理対象スイッチの典型的なプロトコルベースのVLANネットワークアプリケーションを示しています。ネットワークでは、インターネットサービスはそれぞれIPv4およびIPv6プロトコルを介して提供されます。FS S3900-24T4Sスイッチでプロトコルベース のVLANを構成することにより、インターネットサービスは2つの異なるVLAN(VLAN 10とVLAN 20)に分割されます。VLAN10では、エンドユーザーはIPv4プロトコルを介してインターネットサーバーと通信しますが、VLAN 20、ユーザーは通信にIPv6を使用します。

Protocol-bsed VLAN Application.jpg

ご注意:


  • ポートからタグなしフレームを受信すると、スイッチはフレームのプロトコルプロファイルを識別し、そのフレームが属するVLANを決定します。

  • インターフェイスにプロトコルベースのVLANが設定されており、フレームのプロトコルプロファイルがプロトコルベースのVLANと一致する場合、スイッチはVLANタグをフレームに追加します。

  • プロトコルベースのVLANがインターフェイスに設定されており、フレームのプロトコルプロファイルがプロトコルベースのVLANと一致しない場合、スイッチはインターフェイスのPVID(ポートVLAN ID)をフレームに追加します。

S3900シリーズスイッチのプロトコルベースのVLAN構成ロードマップ

S3900シリーズスイッチのプロトコルベースのVLAN構成は、CLIインターフェイスを介して実現できます。また、設定プロセスはS3900シリーズスイッチのすべてのモードに適しています。ここでは例としてS3900-24T4Sを取り上げます。


  • PCのIPアドレスを設定します。

  • スイッチの各ネットワーク層プロトコルに関連付けられたVLANを作成します。

  • スイッチのポートタイプを設定し、対応するプロトコルVLANが通過できるようにします。

  • 構成を確認します。

S3900シリーズスイッチCLI経由のプロトコルベースのVLAN構成

1. Configure the IPv4 address for the PC1 and PC3; configure the IPv6 address for the PC2 and PC4.

IP: 192.168.10.2
IP:192.168.10.3
IP: 2001::1:2
IP: 2001::1:3

2. Create VLAN 10 and VLAN 20 on the S3900-24T4S switch.

S3900-24T4S(config)#vlan database
S3900-24T4S(config-vlan)#vlan 10
S3900-24T4S(config-vlan)#vlan 20
S3900-24T4S(config-vlan)#exit

3. Configure the network protocol to associate with the corresponding VLAN.

S3900-24T4S(config)#protocol-vlan protocol-group 1 add frame-type ethernet protocol-type ip
S3900-24T4S(config)#protocol-vlan protocol-group 2 add frame-type ethernet protocol-type ipv6
S3900-24T4S(config)#protocol-vlan protocol-group 3 add frame-type ethernet protocol-type arp
S3900-24T4S(config)#interface ethernet 1/2
S3900-24T4S(config-if)#protocol-vlan protocol-group 1 vlan 10
S3900-24T4S(config-if)#protocol-vlan protocol-group 3 vlan 10
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-24T4S(config)#interface ethernet 1/3
S3900-24T4S(config-if)#protocol-vlan protocol-group 2 vlan 20
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-24T4S(config)#interface ethernet 1/4
S3900-24T4S(config-if)#protocol-vlan protocol-group 1 vlan 10
S3900-24T4S(config-if)#exit
S3900-24T4S(config)#interface ethernet 1/5
S3900-24T4S(config-if)#protocol-vlan protocol-group 2 vlan 20
S3900-24T4S(config-if)#exit

4. Configure the eth1/2-5 port of S3900-24T4S switch as the hybrid interface and remove the corresponding VLAN tags.

S3900-24T4S(config)#int ethernet 1/2
S3900-24T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-24T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 10 untagged
S3900-24T4S(config)#int ethernet 1/3
S3900-24T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-24T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 20 untagged
S3900-24T4S(config)#int ethernet 1/4
S3900-24T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-24T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 10 untagged
S3900-24T4S(config)#int ethernet 1/5
S3900-24T4S(config-if)#switchport mode hybrid
S3900-24T4S(config-if)#switchport hybrid allowed vlan add 20 untagged

5. Configure the eth1/1 port of S3900-24T4S switch as the trunk interface and allow all VLANs to get through.

S3900-24T4S(config)#int ethernet 1/1
S3900-24T4S(config-if)#switchport mode trunk
S3900-24T4S(config-if)#switchport trunk allowed vlan all

6. Create VLAN 10 and VLAN 20 on the S5800-8TF12S switch; configure the eth1/1 port as the trunk interface and allow all VLANs to get through.

S5800-8TF12S(config)#vlan database
S5800-8TF12S(config-vlan)#vlan 10
S5800-8TF12S(config-vlan)#vlan 20
S5800-8TF12S(config-vlan)#exit
S5800-8TF12S(config)#int ethernet 1/1
S5800-8TF12S(config-if)#switchport mode trunk
S5800-8TF12S(config-if)#switchport trunk allowed vlan all

7. Configure the eth2/3 port of the S5800-8TF12S switch as the trunk port and allow the corresponding VLANs to get through.

S5800-8TF12S(config)#int ethernet 1/2
S5800-8TF12S(config-if)#switchport mode trunk
S5800-8TF12S(config-if)#switchport trunk allowed vlan add 10
S5800-8TF12S(config)#int ethernet 1/3
S5800-8TF12S(config-if)#switchport mode trunk
S5800-8TF12S(config-if)#switchport trunk allowed vlan add 20

8. Verify your configuration.

S3900-24T4S# show protocol-vlan protocol-group
Protocal-based vlan 1.png

S3900-24T4S# show int protocol-vlan protocol-group
Protocal-based vlan 2.png

関連記事:

FS S3900シリーズスイッチでのインターフェイスベースのVLAN構成
FS S3900シリーズスイッチの音声VLAN設定


お名前
すべての種類
日付
ファイル