キャンセル

FS S3900シリーズスイッチ

概要

S3900シリーズスイッチは、S3900-24T4S、S3900-24F4S、S3900-48T4Sの3つのモデルで構成されます。これらは、SMB、キャンパス、およびエンタープライズネットワーク向けに設計され、Broadcomチップを搭載し、10G SFP+アップリンクをサポートするフルマネージドスタッカブルギガビットスイッチです。

S3900-24T4S S3900-24F4S S3900-48T4S

製品ガイドライン

製品ガイドライン

ケーススタディ

ダウンロード

FAQ

基本情報
スイッチの概要
サポートされているモジュールとケーブル
Ixiaテストレポート
EOM、EOFS、EOSの日付
構成ガイド
LACP
DHCPスヌーピング
音声VLAN
ログインガイド
インターフェイスベースのVLAN
MACアドレスベースのVLAN
IPサブネットベースのVLAN
プロトコルベースのVLAN
SNMP
ポートミラーリング
トラフィックセグメンテーション
スイッチスタック
STP構成

FS S3900シリーズスイッチのSTP構成

FS.COMより に投稿された

STP(スパニングツリープロトコル)は、ネットワークスイッチで実行されるレイヤー2プロトコルです。STPの主な目的は、冗長パスによって引き起こされるループを防ぎ、ブロードキャストストームとMACアドレステーブルが不安定になるのを防ぐことです。FS S3900シリーズの高性能ギガビットイーサネットL2/L3 Liteマネージドスイッチは、家庭用、SMB、エンタープライズおよびキャンパスネットワークに適しています。それらはSTPをサポートし、リンクの冗長性とバックアップを提供すると同時に、望ましくないループを防止します。

S3900シリーズスイッチのSTPアプリケーション

図1は、S3900シリーズスイッチの一般的なSTPアプリケーションです。スイッチA、スイッチB、およびスイッチCはすべてSTPを実行しています。STPは、冗長リンクをブロックすることにより、ネットワークに存在する可能性のあるループを排除し、ループのないネットワークを確保できます。図1では、スイッチBがスパニングツリーのルートとして選択されています。パケットはPC 1-スイッチB-スイッチC-PC 2(リンク1)を経由します。STPアルゴリズムは、ループフリーの最適な伝送経路を計算できるため、スイッチAに接続されたスイッチCのポートはブロックされます。PC 1を表すリンク2-スイッチB-スイッチA-スイッチC-PC 2は使用できません。リンク1が故障すると、STPはスイッチCのブロックされたポートをアクティブ化できます。その後、パケットはリンク2を通過し、ついにパケットはPC 2に正常に到着します。

STP application.jpg

STP、RSTP(Rapid Spanning Tree Protocol)、MSTP(Multiple Spanning Tree Protocol)があることに注意してください。

RSTPはSTPの改良版です。STPネットワークの収束速度は遅いため、IEEEはRSTPを導入し、ネットワークの変更または障害に対応して大幅な回復を実現しました。RSTPは、標準のSTPと下位互換性があります。MSTPを使用すると、ループを作成することなく、複数のVLANインスタンスを同じスパニングツリーにマッピングできます。異なるVLANにトラフィックを配信するために個別に使用される複数のスパニングツリーを生成できます。

FS S3900シリーズスイッチは、S3900-24F4S、S3900-24T4S、およびS3900-48T4Sで構成されています。すべてのスイッチはSTP、RSTP、MSTPをサポートしています。CiscoやJuniperなどのベンダーのスイッチでSTPを構成するために使用できます。MSTPは通常、大規模なエンタープライズ環境で使用されますが、RSTPはSTPのデフォルトオプションです。

S3900シリーズスイッチのSTP構成ロードマップ

S3900シリーズスイッチで実行中のSTP、RSTP、MSTPの構成を成功させるには、CLIコマンドを使用します。S3900シリーズスイッチでSTPおよびRSTPを設定するには、4つの主な手順があります。


  • STPを有効にします。

  • STPモードを設定します。

  • ルートブリッジを設定します。

  • 構成を確認します。

S3900シリーズスイッチCLI経由のSTP/RSTP構成


図2は、S3900シリーズスイッチのSTP/RSTP構成のネットワーク図です。

STP connection.jpg

STP構成コマンド

1. Configure S3900-24F4S-A first. Enable STP in a global schema, and set STP mode and priority, configuring it as the root bridge.

S3900-24F4S-A-2(config)#spanning-tree
S3900-24F4S-A-2(config)#spanning-tree mode stp
S3900-24F4S-A-2(config)#spanning-tree priority 0

2. Configure S3900-24F4S-B. Enable STP in a global schema, and set STP mode.

S3900-24F4S-B(config)#spanning-tree
S3900-24F4S(config)#interface vlan 1

3. Configure S3900-48T4S. Enable STP in a global schema, and set STP mode.

S3900-48T4S-3(config)#spanning-tree
S3900-48T4S-3(config)#spanning-tree mode stp

4. Check information about STP state on each switch and verify whether STP configuration is successful.

Check S3900-24F4S-A state.

S3900-24F4S-A-2#show spanning-tree brief
Spanning Tree Mode: STP
Spanning Tree Enabled/Disabled: Enabled
Designated Root: 0.ECD68A369C78
Current Root Port: 0
Current Root Cost: 0

stp 1.png

Check S3900-24F4S-B state.

S3900-24F4S-B#show spanning-tree brief
Spanning Tree Mode: STP
Spanning Tree Enabled/Disabled: Enabled
Designated Root: 0.ECD68A369C78
Current Root Port (Eth): 1/21
Current Root Cost: 20000

stp 2.png

Check S3900-48T4S state.

S3900-48T4S-A-3#show spanning-tree brief
Spanning Tree Mode: STP
Spanning Tree Enabled/Disabled: Enabled
Designated Root: 0.ECD68A369C78
Current Root Port (Eth): 1/1
Current Root Cost: 20000

stp 3.png


Result: S3900-24F4S-A is set as the root bridge because of its highest priority. Eth 1/22 port of S3900-24F4S-B switch is blocked. Thus, a loop-free network is achieved.

RSTP構成コマンド

1. Configure S3900-24F4S-A first. Enable STP in a global schema, and set STP mode and priority, configuring it as the root bridge.

S3900-24F4S-A-2(config)#spanning-tree
S3900-24F4S-A-2(config)#spanning-tree priority 0
S3900-24F4S-A-2(config)#spanning-tree mode rstp

2. Configure S3900-24F4S-B. Enable STP in a global schema, and set STP mode.

S3900-24F4S-B(config)#spanning-tree
S3900-24F4S-B(config)#spanning-tree mode rstp

3. Configure S3900-48T4S. Enable STP in a global schema, and set STP mode.

S3900-48T4S-1(config)#spanning-tree
S3900-48T4S-1(config)#spanning-tree mode rstp

4. Check information about RSTP state on each switch and verify whether RSTP configuration is successful.

Check S3900-24F4S-A state.

S3900-24F4S-A-2#show spanning-tree brief
Spanning Tree Mode: RSTP
Spanning Tree Enabled/Disabled: Enabled
Designated Root: 0.ECD68A369C78
Current Root Port: 0
Current Root Cost: 0

rstp 1.png

Check S3900-24F4S-B state.

S3900-24F4S-B#show spanning-tree brief
Spanning Tree Mode: RSTP
Spanning Tree Enabled/Disabled: Enabled
Designated Root: 0.ECD68A369C78
Current Root Port (Eth): 1/21
Current Root Cost: 20000

rstp 2.png

Check S3900-48T4S state.

S3900-48T4S-1#show spanning-tree brief
Spanning Tree Mode: RSTP
Spanning Tree Enabled/Disabled: Enabled
Designated Root: 0.ECD68A369C78
Current Root Port (Eth): 1/1
Current Root Cost: 20000

rstp 3.png


Result: S3900-24F4S-A is set as the root bridge because of its highest priority. Eth 1/22 port of S3900-24F4S-B switch is blocked. Thus, a loop-free network is achieved.

関連記事:

FS S3900シリーズスイッチでのインターフェイスベースのVLAN構成
FS S3900シリーズスイッチの音声VLAN設定


お名前
すべての種類
日付
ファイル