日本語
2023年08月16日 より投稿
207
背景
生物科学の最先端研究を推進する研究機関であるMRC分子生物学研究所は、データセンター内で高密度のデータ伝送を実現するために、MTPとMPOケーブルを使用して3つの部屋を相互接続するという課題に直面しています。MTP/MPOシステムのデータ伝送には、プロセス全体にわたって正しい極性を維持することが最重要です。FSは、MRCラボのニーズに最適なソリューションを提供しました。
  • 課題1
    MTPケーブルを使用して、3つの部屋にわたるネットワークを接続します。
  • 課題2
    ルームAからルームBまでの距離は67メートル、ルームAからルームCまでの距離は195メートルです。
  • 課題3
    複雑なケーブル管理と限られたネットワークスペースにより、拡張が妨げられます。
取り組み
結論
  • 高速・高密度のファイバ接続
    FSの技術チームは、各部屋のラックにMTPケーブルを敷設し、100G PSM4モジュールをスイッチに接続しました。MTP-LCカセットはCWDM4モジュールに使用され、高速、高密度、簡素化されたファイバ接続ソリューションの性能要件を満たしています。
  • 高密度ソリューション向けのケーブル配線の合理化
    FSチームは、ルームAとルームB、ルームAとルームC間の接続の両側にタイプAとタイプAFのカセットを配置することで、ケーブル管理を簡素化しました。正しい極性とMTPトップダウンパネル接続のために、24芯と72芯のタイプA MTPトランクケーブルを使用しました。この高密度MTP配線ソリューションは、96本のファイバを8個のMTP-12コネクタで終端し、お客様のニーズを完全に満たしています。
  • FS最先端MTPケーブルネットワークで拡張性を広げる
    MTP/MPOシステムで正しい極性を維持することは容易ではありません。FSは、高密度配線ソリューションを使用して、極性の問題を解決し、拡張性の高いMTPケーブルネットワークを構築しました。このソリューションにより、シンプルかつ組織的な方法で3つの部屋間の相互接続が可能になりました。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介
最新ニュースメール配信を登録する
ビデオ
【FS 豆知識】SFPトランシーバとは?種類・規格・用途について解説(日本語字幕)
02:53
2022年06月10日
168
【FS 豆知識】SFPトランシーバとは?種類・規格・用途について解説(日本語字幕)