日本語
2023年09月09日 FS Official より投稿
138
概要
ネットワーク需要が継続的に増加し、データスループットが急増しているため、米国の小規模データセンター企業は既存のネットワーク帯域幅を早急にアップグレードして拡張する必要があります。FS小規模データセンターのケーブル配線ソリューションは、自社開発のFHD®高密度スライドファイバエンクロージャ、光ファイバカセット、その他の製品を通じてその需要に応えます。このソリューションは、効率的な運用と保守管理を促進しながら、各エリアで完璧なケーブル配線を実現します。
  • チャレンジ1
    従来のデータセンターのケーブル配線密度は低く、分散しています。スペース、運用、メンテナンスのコストを節約するために、FSは高密度のケーブル配線機器を提供する必要があります。
  • チャレンジ2
    従来のデータセンターのケーブル製品は単機能であり、顧客はFSがさまざまな実際のニーズを満たす、柔軟でカスタマイズ可能なさまざまな製品を提供することを期待しています。
  • チャレンジ3
    従来のデータセンターは事前配線をサポートしておらず、顧客はFSのケーブルソリューションによって事前導入が可能になり、ネットワーク構築時間を節約できることを期待しています。
結果
  • 高密度製品によるスペースの節約とケーブル管理の簡素化
    FS光ファイバケーブルソリューションは、メイン配線エリアと水平配線エリアを統合してケーブル配線を合理化し、ケーブル管理を簡素化する戦略を採用しています。MTP®ファイバ製品による高密度ケーブル配線とスペース削減の要件を完全に満たし、ケーブル配線を増やすことで将来の運用とメンテナンスがより便利になります。
  • まざまなFHD®ファイバカセットによってサポートされる柔軟性と効率性
    FS FHD®シリーズ光ファイバカセットは、特定の要件に基づいてさまざまなコア数の製品を柔軟に選択できます。FS FHD®シリーズ光ファイバカセットを利用することで、小規模データセンターはケーブル配線ソリューションの選択肢が広がり、多用途性が高まります。これにより、さまざまな用途に対応し、より便利で効率的なケーブル配線を実現できます。
  • EORによる事前導入による時間とリソースの節約
    FS小規模データセンター配線ソリューションは、EOR(End Of Rack)配線方式を採用しており、プロジェクトの初期段階で各キャビネット内の配線ネットワークの事前展開と事前構築が可能です。したがって、展開時間が大幅に短縮されるだけでなく、技術エンジニアの貴重な時間とリソースも節約されます。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介