日本語
2023年10月09日 FS Official より投稿
366
背景
お客様は日本でチェーン展開する化粧品ブランドで、主な事業は幅広くブランド化された化粧品の小売・卸売、美容・フィットネスサービスの提供です。ビジネスの急速な発展とともに、店舗の規模や数量が増加し、そのため、増大するビジネスニーズを満たすことができず、断片的な設備管理、セキュリティの低さ、信頼性の低さなど、一連のビジネス上の課題に直面してしまいます。
  • 課題1
    店舗数が多く、無線アクセスポイントの数も多いため、設置やメンテナンスが困難
  • 課題2
    重要なデータが多く、店舗と本社間のトラフィックに対するセキュリティ保護が必要
  • 課題3
    単一リンクに障害が発生した場合、迅速な切り替えができず、業務の継続不可につながる
取り組み
結論
  • クラウド管理プラットフォームによる簡素化されたネットワーク構成・管理
    クラウド管理プラットフォームのAirwareを通じて、お客様は視覚的に機器の設置環境をプランニング(APモデル、数量、設置ポイントなど)してからAPを配置し、ネットワーク信号をシミュレーションし、ネットワーク計画レポートを作成することができます。また、ネットワークの最適化と診断を行い、メンテナンスコストを削減し、全体的な安定性を向上させ、故障率を下げることができます。
  • セキュアトンネルの確立による安全なリソース共有
    本社のデータセンターと各店舗間でのパブリックネットワークを介した通信をベースに、FSは既存のブロードバンドネットワーク上でIPSecVPN機器を設定し、本社のゲートウェイと各店舗のゲートウェイでIPSecVPNトンネルを確立し、高いセキュリティを確保しました。
  • 安定したネットワークによる優れた顧客体験の保証
    EBGP/ECMP技術を使って顧客のデータセンターのスパイン・リーフ層間のネットワーク冗長性を実現し、リーフ層ではM-LAG技術を使ってネットワークの冗長性を確保することで、データセンターが十分なバックアップ対策と耐障害性を持ち、データの継続性と安定性を確保でき、全体として信頼性が向上し、優れた顧客体験と運用効率が保証されます。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介