日本語
2023年07月14日 FS Official より投稿
379
背景
この建物は19世紀に建てられた二階建ての西洋の邸宅です。オーナーは建物の構造や美観を損なわずに屋内の信号カバレッジ範囲を改善したいと考えていました。FSのワイヤレスブリッジ接続ソリューションにより、異なる場所にある建物間の信号伝送が可能になりました。
  • 課題1
    遺産保護のために、ヴィラとスタジオ間のケーブル地中埋設工事が不可能
  • 課題2
    スタイルの一貫性を保つため、APを建物の外壁に設置する必要がある
  • 課題3
    Wi-Fiの調子が悪い時、サービスプロバイダーに連絡するしか解決できないため、時間がかかり、コストも高くなる
結論
  • P-P接続(ポイントツーポイント)ワイヤレスブリッジングによるカバレッジ範囲の拡大
    歴史的遺産である建物を保護するため、ケーブルの敷設は禁止されています。FSは、屋上や外壁に設置されたアクセスポイントを介してユーザーを接続し、ネットワークカバレッジを拡大するワイヤレスブリッジ接続ソリューションを提案しました。この費用対効果の高いソリューションにより、元の建築様式は維持されています。
  • 透過性の高い屋外APで無線信号の死角エリアをなくす
    ヴィラの外壁に無線アクセスポイントを設置すると、厚い砂岩の構造により信号が壁を通過できない可能性があります。FSは、100メートル以上の長距離カバレッジに適した高信号強度の屋外用AP-T567の使用を推奨し、チャンネル干渉を軽減し、より優れたネットワーク品質を提供します。これにより、元のインテリアスタイルを維持しながら、ユーザー体験を最適化できます。
  • Airwareクラウド管理プラットフォームが運用コストを効果的に削減
    ホームWi-Fiネットワークは管理されていない状態にあることが多いです。Wi-Fiの調子が悪い時、問題解決に時間とコストがかかります。FSは、シンプルなインターフェイス、リアルタイムのモニタリング、診断情報を備え、デバイスの管理を簡単にするAirwareクラウド管理プラットフォームを導入しました。Airboxのモバイルアプリにより、お客様はネットワークの状態と通信速度を確認でき、メンテナンスコストを削減できます。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介